ココロの漢方

風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた少し変わった薬剤師が、健康を保つために漢方を自分で使えるようになるための考え方や、ドラッグストアレベルの漢方を使っての日々の健康管理、価値観を独自の視点からつづるブログです。

明石焼きのお店発掘♪〜十三味(とみあじ)さん@西明石〜

明石焼きのお店で、美味しいお店を発見しました♪

 

十三味(とみあじ)

 

西明石駅の東側(新幹線ではない方)で、南側のダイエー側(新幹線の高架が見えない方)の出口から歩いて数分という好立地

 

f:id:dreamtraveler31:20190406155801j:image

 

初めに断っておくと、コスパは悪いです(笑)

 

だいたい、15個くらいで600円前後が多い中

 

8個で600円ですから。

 

こだわりの卵を使った、上になると100円増しですので、8個700円になります。

 

写真はこだわりの卵を使った上(じょう)です。

 

まず、違うのは、お出汁の美味さ。

 

甘みが強く、ぐぐっと旨味が凝縮された濃いめのお出汁で、明らかに他とは一線を画しており、ハマる人は確実にハマる味

 

加えて、生地が面白いのです

 

カスタードクリームのように舌触りの滑らかな、けれども出し汁の中で、ドロドロのバラバラにならない、しっかりと形を保っている

 

タコの味もしっかり感じられる

f:id:dreamtraveler31:20190406160453j:image

 

明石焼きはこんな感じで、熱伝導の良い銅板で焼くのが特徴です

f:id:dreamtraveler31:20190406160437j:image

 

基本的に、ここで焼いてもらえます

 

座席はカウンターと、最大2名の対面のテーブルのみ。

 

奥の厨房では、忙しそうにしてましたから通販用に焼いているのでしょうか。

 

新幹線と日本最速の通勤電車「新快速」の停車駅の西明石駅からすぐですし、出張がてら、または休みの日に新快速でパーっと乗り付けるもよし

 

コスパ重視ではない、高級路線と言いますか、他と一線を画する明石焼きを堪能したい方は、ぜひお試しあれ♪

 

これは、わかる方にはわかると思いますが

 

生まれ故郷に観光スポットがあるとき

 

よく行きそうで、実際あんまり行かない(笑)

 

やっぱり、たまには行った方が発見があって楽しいですね(^^)