ココロの漢方

風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた少し変わった薬剤師が、健康を保つために漢方を自分で使えるようになるための考え方や、ドラッグストアレベルの漢方を使っての日々の健康管理、価値観を独自の視点からつづるブログです。

黄連と黄芩とドラッグストアの漢方のはなし〜生薬を英単語やイディオムみたいに見ていこうシリーズ〜

前回、魚ではなく釣り方を覚えないと応用が効かないという記事を書きました。

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

ということで、今回は

 

 

黄連(おうれん)と黄芩(おうごん)

 

 

の話を書いていこうと思います。

ドラッグストアレベルでの漢方で応用を効かせるために、英単語やイディオムのように覚えていく感覚ということで

 

黄連単独の効果は

 

1.炎症を抑える

2.鎮静

3.若年性高血圧の降圧

4,止血

5.抗菌(主に主成分のベルベリンによる)

 

とさまざまな、面白い効果があります

 

 

これに、同じように抗炎症作用のある黄芩を組み合わせることで、主に

 

 

炎症を抑えていく

 

 

作用を使います。

 

↓かつて、一級品と呼ばれて海外輸出もされていたキクバオウレン

f:id:dreamtraveler31:20180820083327j:plain

 

その根っこの、ひげ根を取った、節々とした太い根っこを使います。

 

成長に、5年、10年とかかかります。山で群生していた野生のものを採取したものですが、山の神さま、ありがたく頂戴します、有効活用しますと一声かけてます(笑)

f:id:dreamtraveler31:20180820084146j:plain


 

この黄連と黄芩の組み合わせで、ドラッグストアの漢方で有名なのは

 

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

 

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

 

です。

 

いずれも、黄連と黄芩の炎症を抑える作用を利用するものです。

 

黄連と黄芩の入ったものを、瀉心湯といいます。

 

黄連には、注意すべき副作用がありまして

 

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

胃を強力に冷やす

 

というものです。

 

お腹が冷えたら、下痢してしまう人は要注意です

 

黄芩はコガネバナの根っこを使います。

f:id:dreamtraveler31:20190503141003j:plain

 

ここで、いつものように構成生薬の分析をしてみます

 

☆黄連解毒湯

 

黄連

 

黄芩

 

黄柏

 

山梔子

 

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方黄連解毒湯エキス顆粒A 20包

【第2類医薬品】ツムラ漢方黄連解毒湯エキス顆粒A 20包

 

 

 

 

☆半夏瀉心湯

 

黄連

 

黄芩

 

半夏

 

生姜(ショウキョウ)

 

大棗

 

人参

 

甘草

 

です。

 

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方半夏瀉心湯エキス顆粒 10包

【第2類医薬品】ツムラ漢方半夏瀉心湯エキス顆粒 10包

 

 

 

半夏瀉心湯には、人参(朝鮮)や生姜など

 

胃を温める生薬が配合されていますので

 

黄連による胃が冷える副作用の対策がなされていると言えます。

 

よく、口内炎には半夏瀉心湯と言いますが

 

 

口内炎に半夏瀉心湯が効くのではなく

 

 

半夏瀉心湯の中の、黄連と黄芩の炎症を抑える作用を使って口内炎の炎症を抑える

 

生姜などによって、黄連の副作用を抑える対策がなされている

 

 

こういう観点を持ちたいものですし、持てるようにならないと応用が効きません。

 

 

おまけですが、口内炎には黄連が良いと言われています。

 

 

もちろん、口内炎には黄連解毒湯でもいいのですが、冷たい飲み物で飲めばお腹が冷えすぎて下痢してしまう可能性があり、黄連解毒湯にはその対策がなされていないので、注意が必要ということです。

 

 

黄連が単独で使われているものドラッグストアの漢方に、竹茹温胆湯(ちくじょ うんたんとう)がありますが

 

 

これは、炎症を抑える以上に、鎮静の効果を期待しています。

 

 

ちなみに、ひどい口内炎には黄連解毒湯も半夏瀉心湯もあまり効かないと感じています。

 

 

せいぜい、痛み止め程度と言いましょうか。

 

 

こういう涙が出るほど痛いものには、アフタッチなどの貼り付けステロイド剤の併用をオススメします。

 

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

余談ですが、半夏瀉心湯の半夏の生薬は、薄く切った小さなお餅のような形ですが、

 

半夏は絶対に舐めるなよと言われます。

 

f:id:dreamtraveler31:20190502113650j:plain

半夏はこのカラスビシャクの、地下にあるイモのような部位を利用します。


 舌が痺れるからです。

 

これを抑えるために、生姜(この世界では、ショウキョウと読みます)

 

と組み合わせることによって、これを抑えたり、吐き気を止める効果をもたせたりします。

 

ちなみに、この半夏ですが

 

大元の生薬のスライス前の芋のような部分は、凹んだおへそのような形をしています。

 

つわりの特効薬ということ、田んぼの畦道にふとぅーに生えていることから、農家の娘さんがこれを採って売ってこづかい稼ぎをしていたこと

 

形が栗っぽいということで

 

ヘソクリ

 

の語源になっているそうです。

 

 

こういうの、中々におもしろい^^

 

 

 雑学王に一歩近づいたこの辺で、今回は終わりたいと思います^^