ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

鼻笛の演奏で、朝から感動(^^)/

鼻笛(はなぶえ)

 

僕が持ってるのは、アメリカ製のおもちゃで

 

以前参加したイベントで、300円で買ったやつ。

 

 

鼻息を笛を通して、口に送り込んで共鳴させる楽器で

 

ギターやオカリナのように、決められた運指はありませんので

 

口笛のように、イメージで音を出せます

 

僕は、スッカスカの、野良猫も逃げる怪しい音しか出せないですが

 

プロが、しっかりした鼻笛で吹くとこんなのに。


見上げてごらん夜の星を by NoseFlute(鼻笛)演奏 モスリン

 

思わず、聞き惚れてしまいました

 

連日ブリ起こしの雷がドッカンドッカンと鳴って家が揺れ、そのたびに土砂降りの北陸

 

星空は2ヶ月以上、臨めそうにないですが

 

イメージを静かに膨らませます

 

芸術は、いいっすね^^

 

とか言いながら、僕も20代半ばまでは

 

芸術は、精神の軟弱な人間がやること

 

という、謎のアホ丸出しのことを公言していましたが

 

ひょんなことがきっかけで、芸術にはまり込んでいきました

 

何がきっかけになるかわからないので、それ以来

 

心の針が、プラスでもマイナスでも触れたものには、飛び込んでみることにしています

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございます。