ココロの漢方

風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた少し変わった薬剤師が、健康を保つために漢方を自分で使えるようになるための考え方や、ドラッグストアレベルの漢方を使っての日々の健康管理、価値観を独自の視点からつづるブログです。

一風変わった餃子のお店を発見♪「笑来」@氷見市

僕のいる氷見市で、ずっと気になってたけど

 

行けてなかったお店がありました

 

餃子テイクアウト専門店「笑来;しょうらい」

f:id:dreamtraveler31:20190302130321j:plain


 マックスバリューの道路向かいのマクドやauショップ、ココスなどが居並ぶ敷地内のお店。

 

中国出身の方が焼かれているみたいです。片言でしたので。

 

ほんと、こじんまりした小さなお店です。

 

メニューは2つのみ。

 

玉ねぎベースの笑来(しょうらい)

 

キャベツベースのキャベツ

 

です。

 

1人前8個で500円。

 

もちろん、お肉も入っています。

 

何が嬉しいかって、ニンニク入ってないんですよ!!

 

美味しんぼで知りましたが、中国では餃子にニンニクは入れないそうです。

 

次に人に会う用事があれば、キャベツ一択ですね^^

 

僕は、両方食べたかったので、両方を4個ずつ焼いてもらいました。

 

他に先客が一人、派手な原色系お座布団の椅子に座って待ちます。

 

f:id:dreamtraveler31:20190302130359j:plain

お店のマスターは明るい女性の方。

 

笑来というお店の名前、そのもの。

 

待っている間に、コーヒーを出していただきました。

 

f:id:dreamtraveler31:20190302130446j:plain

ありがたい✨

 

15分位待って焼き上がり、お会計を済ませて帰宅。

 

酢醤油のような少し甘みのあるタレと、自家製っぽいラー油付き。

f:id:dreamtraveler31:20190302130617j:plain

 

さて、お味の方は、、、

 

 

 

美味い!

 

 

 

どこか、懐かしい・・・

 

 

あれ、何やったけ・・・

 

 

そうや!

 

 

 

神戸元町の南京町の肉まんの感覚や!

 

 

 

学生時代、神戸は三ノ宮の次の元町で降りて、駅前の四興樓とかよく行ったもんです。

 

 

真冬に、六甲おろしの吹きすさぶ中、食べた肉まんの味は忘れられません。

 

 

特に、玉ねぎ入りの笑来。

 

 

食べ方をミスると、ピャーっと餃子からジューシーな肉汁が飛び散ります(笑)

 

 

一応、片面はパリッとしてますが、前面に出てくるのは厚手の生地のもちっとした食感

 

 

そして、中の餡はしっかり固まっていて旨味が閉じ込められており、南京町で食べた肉まんの技術そのものでした。

 

 

王将系の餃子もいいですが

 

 

僕は、にんにく無しのこっちの餃子のほうが好きかな^^

 

 

熊無のタイ料理のまんがい家に続き、リピ確定(笑)

 

 

いや〜灯台下暗しとは言うけど

 

 

もっと、はよ行っとけばよかった(T_T)