ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

ぶりぶりざえもんと宝がもらえる山の話〜映画クレヨンしんちゃん 電撃 ブタのヒヅメ大作戦〜

クレヨンしんちゃんの映画は、大人向きのものが多く

 

僕は、おまたのおじさんの出てくる戦国時代のものがダントツで好きなんですが

 

こちらも、20年以上前で古いものですが名作です

 以前は、プライムでクレヨンしんちゃん映画は見れなかったんですが、最近になって見れるようになったみたいです

 

最後の最後で、すごくいい話が出てきます

 

 

ある日、宝がもらえる山があると知ったぶりぶりざえもんは、早速山を登ります

 

すると、女の人が泣いていて、宝のために急いでいるからシカトしようとしたら呼び止められて・・・

 

さらに、似たようなことが続いていき頂上にたどりつくも、せっかく手に入れたお宝は手元には一切残っていない

 

しかし、、、

 

登りきった山の頂上で、富士山の御来光のような朝日か夕日を見ながら、

 

 

ぶりぶりざえもんは、あることを悟ります

 

 

その悟った内容とは、、、

 

 

う〜ん、これは大人しか意味がわからんやろうな〜

 

 

観てからのお楽しみです。

 

 

 

 

P.S.

 

名作 おまたのおじさんの出てくる戦国時代のはこちら