ココロの漢方

風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた少し変わった薬剤師が、健康を保つために漢方を自分で使えるようになるための考え方や、ドラッグストアレベルの漢方を使っての日々の健康管理、価値観を独自の視点からつづるブログです。

分子模型で遊ぶ♪〜構造からイメージする楽しさ〜

さて、分子模型といえば

f:id:dreamtraveler31:20190225042129j:plain


 

聞いただけで、じんましんが出るわい〜

 

という方もいらっしゃいそうですが、これはこれで結構面白いのです\(^o^)/

 

僕は学生時代「も」不真面目の帝王で(今も。。。)、ほとんど勉強なんてしてませんでしたが、社会人になってから学問の面白さに目覚めたタチで、ピーク時は図書館で借りまくって勉強していました。

 

本質を押さえにいったので学生時代は気づかなかった基礎学問の面白さに気づけたし、そのおかげで2回記念受験落ちの国家試験も余裕で受かれたし、分子模型で遊べるようになりもしました。

 

遊んで作った分子模型を、何度イベントに使用したことでしょう。

 

↓紫雲膏作りのワークショップにて。チベット医の小川先生のワークショップで、僕が少し担当させていただいた箇所にて。

 

紫根のシコニン、当帰のリグスチリドですね。共役系と紫色の関係などを資料にまとめていました。

 

構造を見れば、一目瞭然であるからです。

f:id:dreamtraveler31:20190225040353j:plain

 

↓2年位前、住んでいたシェアハウスで、同じく小川先生をお呼びして開催したときのものです。しっかし、富山の家は広い。。。

f:id:dreamtraveler31:20190225040431j:plain

 

分子模型といえど、模型は模型です。

 

僕は鉄道模型やプラモが好きです。

 

分子模型は、見た目や写真だけではわからない三次元的な面白さがあります。

 

例えば、以下の写真。

 

☆この祭りのお神輿みたいなのは、いったい何の構造でしょうか??

(ヒント;猛毒)

f:id:dreamtraveler31:20190225042129j:plain

 ↑本来、イオンのところは、分子にしてます。NHのところとかですね。

 

 

 

 

答えは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

テトロドトキシンです。

 

 

 

 

そう、ふぐの体内にある有名な猛毒です。

 

 

小学生のとき、サビキでエサ取りのミニふぐが釣れたときは、膨らんだヤツを海に投げ返してましたね(笑)

 

 

刺し身も鍋もあの、味と食感がたまらん×1000\(^o^)/

 

 

ふぐが作ったものではなく、エサのプランクトン由来の毒で身を守っています。

 

 

さながらヒキガエルの毒を取り込んだ、ヤマカガシ(日本最強の毒を持つ蛇)といったところでしょうか。

 

 

ヒキガエルの毒は、人間でも失明や窒息死する可能性がある猛毒です。

 

 

漢方ではセンソといって、喉に当たらないように丸薬の表面を加工して、胃に直接送り込めば強心剤になります。

 

 

昔の人は、長旅のともにと、印籠に入れていたらしいですよ。

 

 

ヒキガエルの毒が薬になるなんて、誰が思いついたんでしょうね、、、

 

 

センソは現在では、あのテレビでおなじみ、救心♪ 救心♪ の主成分です。

 

【第2類医薬品】救心 30粒

【第2類医薬品】救心 30粒

 

 

 

ヒキガエルのヘビ界の唯一の天敵は、ヤマカガシです。

 

 

牙からの毒ではなく、首のところの毒です。なんとヤマカガシは2箇所に毒があります。

 

 

人間みたら基本的に逃げていきますが、触らないようにしましょう♪

 

 

トリビアはさておき、このテトロドトキシンは加熱しても安定で、加熱で毒は消えないことは、多くの人の知るところですが、

 

果たしてこの構造を見る限り、加熱したらバラバラになりそうでしょうか??

f:id:dreamtraveler31:20190225042129j:plain

 

 

どう見ても、鍋の加熱程度ではバラバラにならなさそうですね(笑)

 

 

頑丈に見事に立体的に組まれています。

 

 

見た目も、なんか芸術的です。

 

 

人も死ぬ可能性のある毒なので美しいというと不謹慎なのですが、その形は芸術的に感じいるものがあります。

 

 

半世紀以上前に、うちのひーじー様が釣り好きで、ふぐを釣ってきまして

 

 

何を血迷ったのか、ふぐ捌きの免許もない一般人なのに自分で捌いたそうです。

 

 

何を血迷ったのか、家族にも振る舞いまして

 

 

うちのおばーちゃん(=娘)曰く

 

 

「口の周りが痺れた」

 

 

そうです。

 

 

痺れたちゃうで、ほんまに・・・

 

 

ヲイヲイ、一族郎党根絶やしにする気かよ^^;

 

 

と昔びっくりした記憶があります。

 

 

Amazonで安く売ってる分で組めます。

 

 

テトロドトキシンは一箱でいけました。

 

 

↓類似品多数なのと、安い中国製なのでまあ、軽い気持ちでいけばキレずに済むかと思います。

 

遊びがてら、勉強もできるので気になる方はぜひ♪

 

 

遊びが学びにつながるのだ〜✨

 

 

↑遊ぶことの自己正当化。