ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

新コロ対策には、趣味に興じること肝要なりと。〜こういう時こそ、楽しいと思うことをする〜

新型コロナウイルス、略して「新コロ」

 

国内がまるで戦時下のような同調圧力ムード

 

そしてテレビ漬け家庭は恐怖の連鎖に

 

この2週間ほどで、ずいぶんときな臭い。

 

 

う〜ん。。。

 

 

新コロ対策には、趣味に興じること

 

 

大人も子供もこれがいいと思います。

 

 

僕は、満を持してオカリナのAb管を購入。

f:id:dreamtraveler31:20200316233822j:plain

 

金沢のコンサートで宗次郎さんが、オカリナの中でも特にこのAb管は人の心に響く波長を持っているとおっしゃっていたことがずっと心に引っかかっていました。

 

癒やしのハープもAbですし。

 

さすがTNG製品、品質安定の台湾オカリナです。音は、めちゃくちゃいいです。コロコロと優しく響くあの、宗次郎さんの演奏されているものに近い音が出ます。

 

Ab管は宗次郎さんの公式サイトでしか販売されていない上に、オカリナ演奏の第一人者、宗次郎さん御自ら検品とのこと。価格も良心的です。何なら国産より価格は抑えめかもしれません。

 

ギターでも何でも楽器屋さんがプロに卸す時は変なものは渡しません。怒られますから(笑)

 

楽器は教室の先生を通して買うと間違いはないと思います。

 

マグネット付きの立派な化粧箱入り。基準ピッチは441Hzと付属の紙にあります。

 

https://sojiro.base.shop/items/23054021

 

これに、オカリナのサイレンサーを付けます。これで室内でも安心して吹けます。

 

オカリナはそのまま吹くと、もの凄い音量が出ます。戸建てでも日本に多い壁が隣近所とめっちゃ近い場合は、確実に近所迷惑&騒音トラブルになりますのでご注意ください。

 

 

設定表にはないですが、僕がイジりまくった結果

 

吹口は標準セットのピンク

 

内部のピースは、同じく標準セットの黄緑

 

※これで、TNGオカリナSG管と同じ設定。

 

目盛りだけは1.0(左から2つ目)

 

これで出ます。アダプターを根本までしっかり差し込まないと音が出ません。

 

 

宗次郎さんのAbの曲は、

 

 

森のトロール(試聴可能)

 

 

森のトロール

森のトロール

  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

白夜の森で(試聴可能)

 

 

白夜の森で

白夜の森で

  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

楽譜はコレ(※一例として、白夜の森で)

www.print-gakufu.com

 

僕は薬局勤めで新コロに限りなく近い(みんな同じかな)環境にいますが、久々に時を忘れて吹き込んでいる自分がいました。 

 

 

 

楽しいと思うことをする

 

 

 

これが、今の時期にこそ必要なのではないかと強く思います。

 

 

出会う人、出会う人・・・もう家族も友達も関係なく、咳一つしようものなら否応なしに疑ってしまいそうになる虚しさが漂う今日。

 

先日、僕が以前住んでいた北陸で震度5強の地震がありましたが、あっという間に報道は終了。

 

テレビもネットのニュースもずっと、コロナ一色です。

 

震度5強の大地の揺れさえ陰に潜めてしまう新コロより怖いのが、

 

「恐怖の連鎖」

 

ではないかと思うのです。

 

昔、高校生かそれくらいの時に、トータルフィアーズという映画を、よくあるテレビの金曜ロードショーみたいなもので見たことがありますが

 

米露両国がホットラインで言い争いになり、あわや核戦争になるというところ。核戦争を抑えるべく必死なアメリカ人の主人公。

 

恐怖の連鎖が・・・

 

という言葉を何とかロシア側のモニターに表示させるなり主人公は行動を抑えられて、

 

しばしの沈黙の後、ロシアの大統領が核による報復を考え直す

 

というような内容があったことを覚えています。(なんせ20年くらい前です、多少内容が違ってたらゴメンナサイ)

 

今の日本で再放映できるか怪しいほどに(確実に非難が来ますね)、核爆弾を市中で炸裂させる映画でしたが

 

この、「恐怖の連鎖が・・・」という言葉は特に鮮明に覚えています。

 

新コロの恐怖の連鎖や、自粛の同調圧力を肌に感じて戦時下を想像した人も少なくないと思います。

 

幸い、僕らの住む日本は豊かで比較的自由な国です。

 

20代前半のとき、当時世界最貧国と言われたバングラデシュに行って衝撃を受けた僕にはよくわかります。

 

政策がやたらと批判されますが、いざというときは公費で検査を受けられるのです。入院も自費はそこまで求められないでしょう。検査を受けさせてくれない問題こそあれども、です。

 

お隣の国だったら某神戸大学の教授など、瞬時に当局に拘束されていることでしょうし。

 

手洗いやマスク(※マスクは新コロはともかく、インフルの予防になります。インフルと同時感染だって考えられなくないのですから)などによる、やれるだけの予防を行うこと。

 

 

そして、趣味に興じること。楽しいと思うことをすること。

 

 

下手な漢方飲むよりずっと健康的で効果的ですよ(笑)

 

 

TVでは、休校になった子どもたちが

 

「何をしていいかわからない」

 

「勉強がどうのこうの・・・」

 

いやいや、外で遊ばんかいと(笑) カラオケじゃなくて、ガチの外(笑)

 

ランニングをしていると、何組もの親子が楽しそうにキャッチボールをしている光景が目に入ってきます。

 

微笑ましく、なんと素晴らしい光景かと感心しました。

 

親のテレワークと子供の休校で、普段は忙しくてあまり取れていなかった親子のコミュニケーションが増えた家庭も多いのではないかと思うのです。

 

 

恐怖の連鎖に目を向ければ、恐怖の連鎖の日々に

 

趣味に興じれば、趣味に

 

 

人の心はそういう、いわば磁石のような働きをしているのではないかとふと感じます。

 

 

 

さて、オカリナ吹きすぎて腹筋がピクピクと「笑っている」のはいつ以来やろか、と。

 

 

 

☆今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます^^