ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

寝る前と朝起きてからの、コップ一杯の水

学生時代に、バングラデシュに行ったときに

 

強烈な下痢をしていたことも相まって、脱水で死にかけたことがあります。

 

あっという間に視界が紫色になり、指が反り返ってピーンってなる

 

遠のく意識

 

ああ、これはヤバいわってわかるレベル

 

たまたま、ボッロボロのバスの中で知り合った

 

東大に留学していた、カナダにポスドクに行く予定のバングラデシュ人の方と日本語で話していて、その人が側にいてくれたおかげでなんとか一命を取り留めましたが

 

それでも、あ〜気持ちいいわ〜とみるみる意識が遠のいていって・・・カクンと一回落ちた記憶があります。

 

一回死んだのか、寝ただけなのかそれはわかりませんが

 

以来、10年近く実践しているのが

 

寝る前と、朝起きてからのコップ一杯の水

 

です。

 

以前、有名なお医者さんが書かれた本で

 

朝起きてからのコップ一杯の水は危険?

 

みたいな内容の目次があって、え!?と思って読んでみたら

 

朝起きて、顔がむくんでいる人はダメ

 

ということでした。

 

釣りか! まぎらわしいわ!

 

というか、そういう方は

 

ステロイドの副作用であったり、漢方でも例えば、本来は頓服の芍薬甘草湯を、間違った飲み方として、満量で1日3回を毎日飲んでいる人もそういうことが起きやすくなります。

 

これはもはやコップの水云々の問題ではなく、病院直行です。

 

他にも腎臓に重い障害があるとか、そういう例外を除いて

 

コップ一杯の水を飲む習慣をつけると

 

体の乾きに非常に敏感になります。

 

朝、起きてからカラッカラになっているのがわかるのが、不思議なことにこのコップ一杯の水習慣が身についてからなのです。

 

むやみに水を飲むのは勧めませんが、冬はお風呂に入って汗が出てわりと脱水になりやすくなるので

 

むしろこれからの季節こそ

 

コップ一杯の水を寝る前と朝起きてから飲む

 

冷たければ、20秒でもレンチンすればOKです。

 

☆今回も最後までお読みいただきましてありがとうございます^^

 

 

↓民族衣装のルンギを履いて。

 

以来、写真のお得醤油サイズの2Lのペットボトルと塩の小瓶を持ち歩く始末。コップはあっても衛生上、絶対に入れてはいけません(笑) 

 

途上国の下痢をナメてかかると、えらい目にあいます。強烈です。

 

この時履いていたクロックス(もどき)、今でも使っています。

 

この後ろの廊下は停電すると真っ暗に。夜中になるとウシガエルよりもでかいカエルがドッスンドッスンはねていたことがあります。

f:id:dreamtraveler31:20191111172107j:plain