ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

趣味に漢方は最適!?

TEDx札幌のスピーチで一躍有名になった、北海道赤平市の植松電機の

 

植松努さんのブログで、趣味について書かれています。

ameblo.jp

 

話も面白いけど、この方の文章の面白さは一級品です。

 

最後の文で

 

ただし、金を払ってサービスを受けるだけ、というのはちょっと違うかも。
伸ばすべき趣味は、「読む(調べる)」「書く(描く)」「作る」が
くっついているのがいいと思います。

 

ん!?

 

これは!?

 

 

 

漢方の書籍を読んで、調べて

 

こういう組み合わせや用量ならどういう効果が出るだろうかと、自分で考えて自分で試し

 

結果をブログなどで綴る

 

 

 

 

漢方ですやん♪

 

 

 

※僕は根っからの関西人ですが、

 

〜ですやん

 

と言う人と 

 

〜でんがな

 

という人に、未だに会ったことがありません。

 

 

もう一度。

 

 

 

ただし、金を払ってサービスを受けるだけ、というのはちょっと違うかも。
伸ばすべき趣味は、「読む(調べる)」「書く(描く)」「作る」が
くっついているのがいいと思います。

 

 

う〜ん、、、

 

 

 

漢方でんがな♪

 

 

 

趣味は共通言語で、その業界で活躍する人ほど仕事の話をしないと僕は以前お会いしたことのある人を見ていて感じます。

 

 

富山でお世話になった方も、大好きな趣味の庭づくりのために仕事して稼いだんだとおっしゃっていました。

 

 

池で泳ぐ鯉を指差して、あれ、大正三色ですねと言って

 

 

お! 鯉がわかるのか! 好奇心が旺盛なのはいいことだ。今度買いに行くから、一緒に行くか?

 

 

と言われて、そうやっていくうちに気づくとカラオケに呼んでいただいたりしてよくしていただきました。

 

 

 

多趣味は、広くて浅いとバカにされますが、多趣味の人を見ていると、また僕も多趣味ですがあれは嘘だと思います。

 

 

趣味は

 

 

ないか、深いか

 

 

ただ、それだけだと感じています。

 

 

ない人は、とにかく色んなジャンルの、何を話しても全く当たらず、ふ〜んで終わります。

 

 

その趣味の原動力は、好奇心だと思っています。

 

 

鯉の大正三色も、漫画「こち亀」の両津勘吉が擬宝珠家の鯉を育てており、大原部長も品評会に出せるような鯉を育てていたエピソードがあって、見たそのすぐ後に訪れた滋賀県高島市の、江戸時代の教育者の中江藤樹先生の記念館近くの水路で泳いでいた鯉の中に、偶然そういうのがいて、さすがに気になって調べ上げたので、たまたま知っていただけです。

 

 

いや、ほんまに何がきっかけになるかわかりません。

 

 

いつまでも、好奇心旺盛でありたいものです。

 

 

☆今回も最後までお読み頂きありがとうございました^^

 

 

P.S.

 

植松努氏のスピーチはこちら


Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo