ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

継続のチカラ

僕は、学生の頃の持久走が大嫌いでした。

 

そのイメージをずっと引きずって、わざわざ走るヤツはアホだと思っていました。

 

大学生まで。

 

ある日、大学の友達の一人が、

 

その頃から始まった大阪マラソンにグループで応募する〜?と聞いてきて

 

あ、おもしろそうやん、頼むわ〜となって

 

応募したからには、さすがに練習せなあかんな〜

 

でも、持久走嫌いやったな〜

 

どうしようかな〜

 

となります。

 

そのうち大阪マラソンの応募の結果が来て、結果は「ハズレ」

 

でも、せっかくやし、この機に走ろうと思って色々やってるうちに

 

気づけば、クォーターやハーフを完走していました。

 

ハーフはしんどすぎて、二回目やろうと思いませんが(笑)

 

最初は、歩くことから始めました。

 

最寄り駅まで、適当な運動靴で歩くと、自転車とは違って想像以上に遠くて何回も遅刻しかけました。

 

靴も今はアシックス使ってますが、初代はミズノでした。

 

淀屋橋の直営ショップで足型から計測して、選んでもらって買った靴は高かったんですが、膝を傷めることもなく、むしろ靴底の強烈な反発力で走りをサポートしてくれました。

 

あれから、8年。

 

昨年まで富山にいて、クルマ社会にどっぷり。おまけに、足の謎の故障。

 

運動不足で、えらいことになっていましたが、漢方で足の故障を自分で治して、心拍数計を胸に巻いて、2日に一回くらい走っていましたが

 

最初は、すぐにへばってしまってあの頃の勢いや何処の状態でしたが、

 

それでも同じコースを四半期ほど走っていて、

 

気づくと、ペースがより早くなってるのに、心拍数が10以上も下がっています。

 

お、戻ってきたようです。しかし、クルマ社会と引きこもりは怖いな〜。

 

へばったときに、やめないで良かったな〜と思います。

 

最初が本当に一番つらい。

 

僕は20代は色んなことを経験したいと思って、色んな仕事にチャレンジしてきました。

 

今、間違いないと思うのは、

 

継続の尊さ

 

です。継続してみないとわからないことのほうが多い。

 

でも、これは色々とやってきた人間だからこそ身に沁みてよくわかるものでもあります。

 

とにかく、続けてみる

 

 

続けること。

 

 

これは、どの業界でも活躍されてる方が一番大切だとおっしゃっていたことです。

 

 ☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

↓愛用の二代目の心拍数計。当初はスマホがなく、ポラールの専用の腕時計とセットのもので心拍数を把握していましたが、

 

今はスマホが出てきてアプリと連携できて、データが一元化されるので管理がずいぶん楽になりました。

 

全過程で心拍数の変動がグラフでわかるし、1キロごとの速さや平均心拍数も出るので便利です。

f:id:dreamtraveler31:20190807023717j:plain