ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

忙しくとも、心配りができるということ

漢方ばっかりなんで、そろそろ閑話休題。

 

以前、記事にしたんですが

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

以前これは富山にいたとき、地方部は通販だけが頼りですから(笑)、

 

よくアマゾンを利用していましたが、

 

あるとき、箱を開けようとしてテープを見て

 

あっ!?

 

となりました。

 

f:id:dreamtraveler31:20181012175805j:plain

 

そう、剥がしやすいように、端が折られてるんですよね〜^^

 

Amazonのテープってぴっちりくっついてて、めちゃくちゃ剥がしにくいのでまあ、爪を切ったばかりで爪がなければ本当に難儀します。

 

こういうことができる人って、絶対に成功すると思うんですが

 

Amazonの倉庫ってめっちゃ忙しいと思うんですよね

 

まあ、どこでも忙しいと思いますが、普通はやろうとはなかなか思えないものです。

 

そういう中でも、こういうことができる人って、なおのこと凄いと思います。

 

このテープを貼ってくれた人、活躍してるかな〜^^

 

 

この写真を見て、ふと感慨深くなりました。

f:id:dreamtraveler31:20181012175805j:plain

 

勝手に感動してましたが

 

単に、貼る人がテープの始まりがわかりやすいように、作業効率のためにテープの端を途中で止めておいただけやったらどうしよう(笑)

 

☆今回も最後まで、お読みいただきありがとうございました^^