ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

僕が漢方を学ぶ上で大切にしていること Part2「なぜ、そうなるのか?という原理原則を押さえる」

以前、漢方を学ぶ上で一番大事なのは

 

自分で飲む

 

と紹介しました。

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

僕が、漢方でもオカリナでも何事も、学ぶ上で大切にしているのは

 

 

「なぜ、そうなるのか?」という原理原則を押さえることです。

 

 

その上で、自分で試す。

 

 

このためには、〜には、〜湯!では全く応用が効かないと以前、記事にしました。

 

 

そのために、毎度おなじみの英単語&イディオム方式で、漢方薬の構成生薬を分析して、

 

 

つまり、

 

 

真っ先にこの漢方薬にどういう生薬が入っているのかを考えるということです。

 

 

それぞれ生薬単独もしくは、組み合わせの薬効を押さえて、はじめて応用を効かせていくことができます。

 

応用が効かないのは

 

〜には〜湯がいいらしい

 

といったことや

  

〜には、ツムラの○番がいい

 

など、漢方薬ではなく番号読みで、構成されている生薬など考えずに又聞きでやってしまう

 

これでは見当違いや、余計な副作用を起こしてしまう可能性も高くなりますし、応用も効きません。

 

 

 

あと、これは僕が国家試験で使った勉強法でもあります。

 

 

捨てるつもりでいたけど、やっぱり受験することにしたものの

 

11月やし、残り3ヶ月で決め込まなあかん、過去問さえ満足にできないという状況で思いついたのは

 

 

「原理原則を徹底的に押さえる」

 

 

でした。

 

 

これの元ネタは、司馬遼太郎氏の小説「坂の上の雲」の主人公の一人の海軍参謀である

 

 

秋山真之氏が、米海軍のマハン氏と関わるときに、こういう内容が出ていた(はず・・・)と思います。

 

 

得た知識から、自分なりの原理原則を打ち立てよという内容だったと思います。

 

 

しばらく読んでないから、記憶が薄れてきた^^;

 

 

漢方の場合、構成生薬を押さえて、実際にのんで試すというのが、この自分なりの原理原則を打ち立てることにつながると考えています。

 

 

ともかく、3ヶ月という追い込まれた期間のおかげで表面的な丸暗記ではなく、この原理原則を押さえる勉強法を今でも行う癖がつきましたし

 

 

かつ、過去問再出題ゼロ、前代未聞の低合格率だった第100回で、過去2回落ちからの上位成績で逆転合格できたと思います。

 

 

↓当時の参考書の一部。映画「Xメン」のウルヴァリンの爪みたいに、指にペンを何種類も挟んで、ゴロ以上に、なぜそうなるかを徹底的に押さえて勉強していました。

f:id:dreamtraveler31:20190820030212j:plain

 

 

☆今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました^^