ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

尿路結石の痛みにドラッグストアの漢方がよく効く話 〜芍薬甘草湯〜

知り合いが、尿路結石になりまして

 

それはそれは、もう悶絶するような相当な痛みであったと言います。

 

痛みの原因がわからない以上、病院で確定診断をもらってくる必要がありますが

 

一旦、わかれば漢方も出番がありそうです。

 

各種診断の結果、痛みの原因は尿路結石でした。

 

この手の痛みには、芍薬と甘草

 

このコンビネーションが抜群に効きます。

 

 

尿路結石に、ドラッグストアの漢方でどう対処していったか、書いていきたいと思います

 

 

冷えもないので、ドラッグストアの芍薬甘草湯を満量で一回分のんでもらったら

 

15分もしないうちに、あれ痛みが消えたぞとなりました。

 

その前に、ボルタレン®の成分の座薬を入れていたけど、まだ痛くて、それがすっきり消えたと言っていました。

 

こむらがえりなど、骨格筋の痙攣を5分程度で緩めることで有名な芍薬甘草湯に代表される芍薬と甘草のコンビネーションですが

 

中空臓器(平滑筋;自分の意志で動かせない筋肉)の痙攣・痛み止め

 

としても有名で、この手の痛みにも、胃炎や潰瘍のような酷い痛みにもなぜか効きます。

 

5分で効くこの速さは、もはや消化管吸収の観点では説明がつかず、メカニズムもよくわかっていません。

 

もっとも、胃炎の酷い痛みであれば四逆散を使って僕自身も痛みを止めていましたし、

 

芍薬と甘草のコンビネーションの痛みを止める効果は凄いです。

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 ↑大正漢方胃腸薬の中でも、「爽和」には四逆散が含まれています。

 

今回は、冷えがなかったので芍薬甘草湯にしましたが

 

冷えがあるようだと、芍薬は冷やす方向に働くので芍薬甘草湯は使いません。代わりに、同じく痙攣を緩める作用を持つ蜀椒(しょくしょう≒山椒)の入った大建中湯を使います。

 

大建中湯は、以前、共同開催のワークショップでもやったことがあるんですが

 

構成生薬すべて、食品という面白い漢方です。

 

 

 

あとは、尿検査で潜血陽性(+)であれば

 

 

止血の効果のあるアキョウ

 

炎症を抑える効果のある滑石

 

薄いオシッコを増やして尿道の刺激を減らすために、水分をたくさん摂ります。

 

そのため、上記に加えて利水の効果のある生薬が含まれた「猪苓湯」(ちょれいとう)

 

これを基本として飲みます。

 

 

オシッコの色を毎回、確認する必要があります。薄くなってきたら大丈夫かと思います。

 

 

出したものの色で健康状態の変化がわかるので、例えばトイレの水が青くなるようなものは、普段から入れないことを勧めます。

 

 

ドラッグストアには、クラシエの半量シリーズがありますが薄いので、自己責任で加減することも必要でしょう。

 

痛みには、冷えがなければ、頓服(痛みが出たときだけ;不定期)で芍薬甘草湯をのみます。

 

長期で飲むわけでもなく、利水の漢方が猪苓湯に含まれているので偽アルドステロン症の心配は非常に少ないと思います。

 

 

というより甘草の副作用予防の観点からも、例えば尿路結石のときに、芍薬甘草湯をのんでいる期間は、利水の効果のある生薬の含まれる猪苓湯(なければ五苓散)もセットで飲むべきです。

 

 

 

今回もそうですが、芍薬と甘草の痛みを取る力の強さには目を見張るものがありますね。

f:id:dreamtraveler31:20190724163500j:image

↑芍薬の花。イージーな見分け方は、牡丹は木、芍薬は草。

 

f:id:dreamtraveler31:20190723225150j:image

↑今回使用のセット。

 

 

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方猪苓湯エキス錠 72錠

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方猪苓湯エキス錠 72錠

 

 

 

【第2類医薬品】コムレケアa 24錠

【第2類医薬品】コムレケアa 24錠

 

 

 

P.S.

 

また記事にしたいと思いますが、世の中、偽アルドステロン症と騒ぎすぎです。

 

芍薬甘草湯を1日3回毎日、長期間のむといった、本来そうあるべきではない、間違った使い方をしているから出るわけで、長期で使う漢方には、利水の効果のある生薬である「白朮や蒼朮」を入れるなど、その対策がされています。

 

性質を見る限り、偽アルドステロン症は甘草の主な作用が強く出すぎた結果であるとも言えます。