ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

〜眠くならない、花粉症に効く漢方とのみ方を研究♪〜麻黄附子細辛湯〜

花粉症患者となった今、患者サイドとして、花粉症は何で、どういう漢方薬を、どういう飲み方をすれば花粉症に効くのか書いてみました。

 

花粉症でお悩みの方、長めの文章ですが読み物感覚でお読みいただければと思います。 

 

 

富山に住んでいた時に初めて花粉症になりました。

 

都会では、天気予報で真っ赤な時でも、全く問題なかったのにもかかわらずです。

 

近所の里山の杉の木は真っ黄色。毎日、車にたまった花粉をウインドウォッシャーで拭き取ることから1日が始まります。

 

f:id:dreamtraveler31:20190610155549j:plain

今はもう乗っていない、かつての愛車。この黄色いの、全部杉の花粉です。

 

花粉のついた、その辺に落ちていた杉の枝。

 

f:id:dreamtraveler31:20190610161109j:plain

振ると、わっさわっさと粉が舞って、くしゃみが止まらなくなります・・・

 

花粉症患者となった今、漢方好きな薬剤師として、鼻水ドバドバとどう戦っていくかを日々研究しています。

 

まずは、鼻水ドバドバ系花粉症によく効く麻黄附子細辛湯を解説してみたいと思います。

 

はじめに断っておきますと、

 

麻黄剤(葛根湯、小青竜湯、五虎湯、防風通聖散=ナイシトールやコッコアポなど)、妊婦さんダメとなっています。

 

理由は、いろいろありますが今回は割愛します。

 

妊婦さんは、麻黄の入ったものを飲まないようにしてください。

 

☆麻黄附子細辛湯と花粉症の関係

 

花粉症、こと鼻水の滝は1型アレルギーと呼ばれるアレルギー反応です

 

有名なのが蜂に刺されたり、特定の食べ物を食べたときの

 

アナフィラキシーショックです。

 

花粉レベルでは、みまかることはないですが

 

1型アレルギーは、ヒスタミンが関連していて、ヒスタミンは

 

血管拡張、それ以外を収縮

 

という作用を持っています。

 

血管拡張で血圧が急激に下がってチアノーゼになります

 

それ以外、例えば気管支を収縮して窒息してしまうのです。

 

ドラッグストアにある、抗ヒスタミン剤のヒスタミンです。

 

鼻水の分泌を促したり、鼻の粘膜の血管が拡張して鼻づまりが起きます

 

血管は、穴のあいたホースみたいなものですが、赤血球は抜けれません

 

逆に言うと、免疫細胞や水成分は血管を自由に抜けて、行き来できます

 

鼻水は、元は血液です

 

この1型アレルギーを抑えているのではないか

 

と言われるのがこの麻黄附子細辛湯です。

 

昔、有名な漢方のお医者さんが、アレルギー性鼻炎で来た患者さんに片っ端から

 

片っ端から、ですよ・・・

 

麻黄附子細辛湯を目の前で飲んでもらったところ、8割がたによく効いたと。

 

そこで、どうにも麻黄附子細辛湯はアレルギー性の鼻炎に効くようで、

 

アレルギー性鼻炎は、1型アレルギーですから

 

麻黄 附子 細辛

 

この組み合わせに、そういったアレルギー反応を抑制する作用があるのではないかと考えて

 

既に麻黄、細辛の入っている小青竜湯に

 

附子の粉である、附子末を混ぜてもやはりよく効いたといいます。

 

生薬を英単語に例えると、イディオムのように組み合わせで作用が変わることを以前から解説していますが

 

その1つです。

 

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

麻黄附子細辛湯、まおうぶしさいしんとう、とそのままの読み方ですが

 

その名のとおり、麻黄、附子、細辛しか入っていません。

 

基本的に、構成生薬のシンプルなものは、効きが鋭いです。

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

僕自身、麻黄附子細辛湯をのんでみて、iphoneのストップウォッチで測った結果

 

15分程度で鼻水の滝が止まりました。

 

小青竜湯に附子末を混ぜる方法も試していて、同じように効いています

 

漢方薬局にいたとき、生薬の中でも

 

乾姜(かんきょう)

 

が特に刺激が強くて、アレルギー性鼻炎を起こすので、マスクを着けるのですが

 

このマスクさえ貫いて、アレルギー性鼻炎を引き起こします

 

漢方薬局に勤めているアレルギー性鼻炎の人が難儀する関門の1つが、この乾姜。

 

もちろん、乾姜が入っている粉薬、例えば

 

五積散(ごしゃくさん)

 

大建中湯(だいけんちゅうとう)

 

を調剤するときは、重さを量るときに粉が舞って襲ってきますので、地獄です。

 

これを抑えるために、僕は、社割で自腹購入した小青竜湯に附子末を自分で調合してのんで乗り切っていました。

 

まあ、代金は仕事後に払っていましたが(笑)

 

それはともかく、鼻水の滝には

 

麻黄、附子、細辛を配合した漢方が効きます

 

そして、重要なのはその飲み方

 

必ず、お湯で飲みます

 

お風呂程度の温度でいいです。熱いとヤケドしますから。

 

漢方では、鼻水の滝は冷え(寒証)で起きると言われていて

 

小青竜湯も麻黄附子細辛湯も、温める方向に働きます

 

温めてやるのに、水で飲んでは意味がないです

 

少しでも、温める力を増してやるために、お湯で飲むと一層効果的です

 

 

☆麻黄附子細辛湯や小青竜湯が合わない花粉症もあります

 

僕自身、

 

朝には鼻水の滝

 

夜には、粘膜が腫れ上がって鼻が詰まるという

 

二重苦を経験しました。

 

これは、朝の冷えが原因に対して

 

夜のものは、熱を持って腫れています(熱証)

 

これは、麻黄と石膏や辛夷清肺湯(チクナイン)など冷やす系のものが効きます

 

理想は、麻黄と石膏の組み合わせの麻杏甘石湯や五虎湯なんですが

 

麻黄の副作用の1つに、寝れなくなるというのがあります。

 

ちなみに、この寝れなくなる副作用は、逆に言えば

 

麻黄附子細辛湯は飲んでも眠くならない、花粉症の薬であるとも言えます。

 

ともかく、

 

効くといえど寝る前に、麻黄と石膏が入った麻杏甘石湯や五虎湯はオススメできません。

 

やはり、辛夷清肺湯をオススメしておきます。

 

 

このように、熱を持って腫れる系の花粉症に小青竜湯や麻黄附子細辛湯を使うと、当然ですが、悪化します。

 

熱持って腫れてるものを、温めたらそりゃ・・・

 

なので、花粉症には小青竜湯とは限らないわけです。

 

ちなみに、麻黄附子細辛湯はもう1つ変わった使われ方をする場合があります

 

 

それは

 

 

帯状疱疹の痛み止め。

 

 

あれは、ロキソニンも何も効かないということで、西洋医学ではお手上げですが

 

 

細辛、附子に鎮痛効果があり

 

 

この手の神経系の痛み止めに出される場合もあります

 

 

帯状疱疹 麻黄附子細辛湯で検索すれば、いくらでも文献が出てきます

 

 

構成生薬はたった3つ

 

 

麻黄、附子、細辛のみ。

 

 

それでも、多彩に働く面白い漢方であると思います。

 

 

自分が患者サイドになると、漢方を色々自分で飲んで研究できますね

 

 

鼻水の滝はキツイけど・・・。

 

 

その他の花粉症系の記事はこちらから。

 

 

☆麻黄を使わずに、鼻水の滝を止めた話 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

☆花粉症こばなし、その1

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

☆花粉症の対策

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

☆今回と似た内容ですが、大事なので。

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun