ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

漢方 de 常備薬

また腸炎になったので、漢方とゲンノショウコを試してみたら、やっぱりめっちゃ効いた話

とりあえず、時系列。 18時頃、異常に気づく。お腹の痛み、トイレかけこみ、お腹冷たい、ゆるい、寒気 この時点で、19時くらいですが、だいぶマシにはなっていますが 猛暑のときに買っておいた清暑益気湯が活躍! 夜中の1時ころ、目が覚めてもう、ほと…

【必読】葛根湯のカゼのときの正しい使い方の話 〜葛根湯がなければ、厚着して熱いうどんをすするべし!?〜

※書くのに、1年以上迷った内容です 知っておくと、一生使えます。 ※書くのに、1年以上迷った内容です 知っておくと、一生使えます。 ☆妊婦さん、高齢者の方、子供さんなど箱の裏に使用しないでくださいと書かれている方はやらないでください。 非常に難易…

過敏性腸症候群(IBS)になったので、桂枝加芍薬湯を使ってみた話

一時期、髪の毛が異様に抜けまくるくらいストレスが溜まってた時期がありまして ご多分に漏れず 過敏性腸症候群になっていました。 オカリナ吹き始めたら、だいぶ治ったんですが(笑) いちおう、書いときます。 これも、色んなタイプがありますが 僕の場合…

新年会で、五苓散をマスターしよう♪

五苓散(ごれいさん)は、過去にさんざん記事にしてますが 大事なので、何回でも載せますよ〜(^^)/ 二日酔いなど、お酒の友には 五苓散をオススメします ドラッグストアで1000円近く出して、高級なんとかの力なんか買うくらいなら 断然、五苓散です。 肝…

感染性の下痢を胃苓湯+ゲンノショウコ煎じで数時間で治したった話

※感染性の胃腸炎が多くなる季節になったので、夏の記事を再掲です。 とりあえず、ドラッグストアで ゲンノショウコ 胃苓湯(いれいとう) 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう) は揃えておきましょう♪ 熱が出るなど、ひどいときは迷わず病院で抗生物質もらって…

二日酔いに五苓散は常識ではなかった!?

以前、富山市のお店で金沢のKOKONの靴を作ってもらいにいったときに そこのお店のオーナーと、たまたま、お店にいらっしゃった富山市内の高級クリーニング専門のお店の方とで 二日酔いの話になり スポーツドリンクは、お酒のんでるときはNG お酒をのむ前と、…

スキーウェア編〜漢方好きな薬剤師の携帯漢方セット③

さて、3回シリーズの最終回 ①はカバンに入るような携帯用のものを blog.omoshiro-yakuzaishi.fun ②はクルマ用 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun そして、③はこれからのシーズンで活躍、スキーウェア用です(^^)/ あと、スキー場住み込みで初めて気づいた、多く…

クルマ編〜漢方好きな薬剤師の携帯漢方セット②

さて、前回はカバンに入るような「携帯編」でしたが 今回は、クルマ編。 ※かつての愛車と、テントと朝日。本来はクルマ侵入禁止なんですが お客さんが僕だけ(笑)だったので、管理人さんが特別に許可してくれました。 誰もいない真夜中は、静けさが怖さに変…

携帯漢方セット公開〜漢方好きな薬剤師の携帯漢方セット:①携帯編〜

冬も間近、インフルやカゼの本格的な季節に突入します そこで、今回は僕が普段携帯している、漢方セットの中身をご紹介します 思いつく限りの 出先で困る症状に対応できるように、かつ最小サイズになるように詰め込み。 1.駆風解毒散トローチ:4タブレッ…

常備薬を漢方でそろえるならコレ。漢方好きな薬剤師の選ぶ7つの漢方を紹介

☆かなりの長編になりますが、ここまで詳細に解説した記事も他にないと思っています 僕自身が、これらを全て自分でのんだ上で、実際に常備薬にしている上で記事を書いています。 体調を崩しやすいものの、かといってわざわざ病院に行きたくない じぶんの普段…

〜眠くならない、花粉症に効く漢方とのみ方を研究♪〜麻黄附子細辛湯〜

花粉症患者となった今、患者サイドとして、花粉症は何で、どういう漢方薬を、どういう飲み方をすれば花粉症に効くのか書いてみました。 花粉症でお悩みの方、長めの文章ですが読み物感覚でお読みいただければと思います。 花粉症患者となった今、漢方好きな…

【必読】五苓散(ごれいさん)。あまり知られてないけど、家庭の常備薬にすべき漢方①

※少々、文は長いですが永久保存版の価値がありますので、お付き合いいただければと思います。 漢方系の記事は基本的に僕自身が実際に飲んでみて、その経験に基づき執筆しています。 今回の記事では、僕はお酒を飲めないので、二日酔いに関しては知人がのんで…