ココロの漢方

風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた少し変わった薬剤師が、健康を保つために漢方を自分で使えるようになるための考え方や、ドラッグストアレベルの漢方を使っての日々の健康管理、価値観を独自の視点からつづるブログです。

医王湯こと補中益気湯シリーズ

扁桃腺腫れ王の僕が、扁桃腺が腫れたときの漢方での対策法を書いてみました

僕は、かつて一貫堂という漢方の流派がありまして、そこでいうところの解毒証体質と呼ばれるものです 江戸や明治の頃なら結核で早死していてもおかしくない、小さい頃から対策しないと厄介なのがこの解毒証体質。 外界からの刺激に敏感な体質で、その1つに…

漢方の強みで知っておきたい(と勝手に思っている)たった1つのこととは、、、

※人は千差万別、様々な意見があると思いますので、それは違うというのは、なしでお願いします なぜ、こういう話をするかというと 価値観、考え方の存在を知っているだけで選択肢が増えるから です。 中島みゆきさんの、結婚式で定番の有名な曲の歌詞に 縦の…

【後編】補中益気湯の5つのこばなし

さて、前回の記事はこちら。 前編の3つのこばなしは まず、補中益気湯の構成生薬をおさらいがてら書いておきます。 4つ目。朮は、白朮を使ってるものが正統派。 〜朮(じゅつ)という生薬があります。 気力体力を補うもの=補気剤といいます。 四君子湯の…

疲れた時にはこれ1包、補中益気湯エキス♪の5つのこばなし【前編】

タイトル、どこかで聞いたような、、、 においも汚れもこれ一本、トイレマジッ◯リンスプレー♪ いや、気のせい、、、 僕の漢方系の記事も、かれこれ50本近くになりますが (漢方系の記事を)全部読んだら、健康寿命がワンチャンス10年は伸びるかも!?と思…