ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

セルフメディケーション

新型肺炎について思うこと

僕の記憶の中で一番新しい、この手の新型ウイルス出現で世間が目に見えて騒がしくなったのは、10年くらい前の学生時代の豚インフルエンザでした。 衛生担当の教授が、世間は騒ぎすぎだと言っていたこと 友達が一人、また一人と欠席して教室が歯抜けになっ…

薬局トリアージ。これから、薬剤師はどうあるべきなのか・・・

今月、わりと自分の中で考えさせられることが立て続けに起きています。 今回の文章は、漢方にあまり関係なく、また少し重めです。 薬剤師としてそこまで、経験は深くはないのですが、こればっかりはどうしても書いてみたいと思い、書くことにしました。 また…

こういう時は、身体の「水」の流れが悪いですよ〜というお話

漢方には、気血水(き・けつ・すい)という概念があります。 これは、西洋医学にない概念でして 何が大きな特徴かと言いますと 西洋医学では、気血水の異常に基づく症状はすべて 原因不明 とされてしまうことです。 あなたはね、そういう体質なんだよ〜で終…

漢方薬の「適量」とは・・・

最後の更新から気づくと1週間以上も経っていて、光陰矢の如しをつくづく実感します。 漢方薬の適量って、どれくらいの量なのか 漢方やってれば、1日3回、朝昼夕食前 7.5g で効くこともあれば、効かないこともあれば、副作用が出ることもあり 非常に悩…

喉が痛いときに、自分が使う漢方をまとめてみました♪

冬の太平洋側は、富山在住時代の 室温2℃、湿度96%という日本海側とはうってかわって 湿度が低くて乾燥していて、喉を頻繁にやられることを実感します。 喉が痛むときに、薬剤師の僕が使う漢方を経験則からまとめてみました。 今までの記事のダイジェスト…

一生使える!? 咳と痰と漢方の使い分け

この時期、風邪やらインフルやらウイルス軍団が猛威を奮っておりますが 咳にも痰にもいろいろあって、漢方も一概にどれがいいとは言い切れないところです。 自分が風邪を引いたりしたときに、その咳や痰の質を見極めて 配合生薬を考えて咳の症状を抑えていく…

インフルエンザ対策と、知っておきたい5つのこと

インフルの季節、知っておきたいことを独断と偏見で5つ紹介します 1.熱があっても、なぜか寒気がするときは温めるべし(寒気する時に、解熱剤を飲まない!) これは、服薬指導で解熱剤が出てれば、必ず僕が言うことです。 七不思議かというくらい、熱がある…

冬に備えて、銀翹散の買いだめを♪

僕は、この数年ずっと雪国住まいでしたので 冬は湿度が高くて、ジメジメでした。 太平洋側の乾いた冬は、久々なのですが まあ、乾燥で喉をやらますね^^:; 喉に、ミジンコレベルでも違和感があれば、 銀翹散(ぎんぎょうさん) をオススメしています。 痛いと…

薬と相性悪いこともあるのに、意外と見落としがちなもの

漢方相談専門の薬局と保険調剤の薬局の両方で働いたことになり、両方を経験することで色々見えてくるのですが 保険調剤の薬局では、 「いま、のんでいる薬」 を書く欄が、新患さん用の紙にあります。 これ、落とし穴やな〜と思います。 薬と相性が悪くなるこ…

薬石次之 調摂修養 〜漢方より何より大切なこと〜

先日、韓国の昔のお医者さんのドラマである ホジュン ↓プライムのリメイク版はこっち 第1話 「屈辱の日々」 発売日: 2017/04/24 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る ホジュン 宮廷医官への道 COMPLETE DVD-BOX 出版社/メーカー: SHOCHIKU Co…

オカリナで健康に♪ カラオケもうまくなる!?

オカリナは、健康増進に良い手軽な楽器であると思っています。 なによりも、クラシックギターやピアノなどと違って、1曲をそれなりに吹けるようになるまで、始めて30分くらいで出来る場合もあり、音が出るまでは非常に入りやすい楽器と言えます。 ギターって…

寝る前と朝起きてからの、コップ一杯の水

学生時代に、バングラデシュに行ったときに 強烈な下痢をしていたことも相まって、脱水で死にかけたことがあります。 あっという間に視界が紫色になり、指が反り返ってピーンってなる 遠のく意識 ああ、これはヤバいわってわかるレベル たまたま、ボッロボロ…

体力に関係なく侮れない、感染性胃腸炎の辛さ

ここ2日間、お腹を壊してへばっていましたが これが足腰が立たないわ、喋れないわで辛さがハンパないものでした。 1日で治した(治った?)ものの、やはり次の日はヘロヘロです。 経験上、本来は5日くらいは苦しむものですが、その5日分の苦しみがまとめ…

乾いた空気から身を守る 〜瓊玉膏とスキー場の寮〜

昔、放浪してたときに福島県の某スキー場にいたんですが この寮というのは、4人一部屋で二段ベッドが2つと、強制給排気式のFF石油ファンヒーターが一台という どこの軍隊の兵舎ですかという設備になっています。 揚げ物ばっかりの不味い飯に、幽霊騒動があ…

はたらく細胞がAmazonプライムについに登場(してました)♪

そうそう、紹介が遅れましたが、免疫学を楽しく学べる まんが日本の歴史のような存在である はたらく細胞 がついに、Amazonプライムに来てました♪ 免疫学は、学生時代はよりによって外部講師の手抜きオールスライド授業で 教室を一時間半の間ずっと暗くする…

フクロウ型には朝、良質なドリップコーヒーを♪

フクロウ型体質とヒバリ型体質 こういう分類をされた漢方の有名な先生が昔、いらっしゃいました。 フクロウとヒバリの特徴をもろに、人間に当てはめたもので ヒバリは、ピーチクパーチク鳴くという言葉がありますが、あれはヒバリのために作られたような言葉…

台風と漢方と、山の上のポテチの袋の話

前回に続き、わけわからんタイトル第二版。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 空前の大型の台風ということで、連日メディアでも大騒ぎの台風です。 大雨と電車の運行ばかり気になりますが、忘れられてるけど、一番怖いのは僕は 吹っ飛んでくるもの だと思います…

風邪と漢方と、のたうち回るヘビの話

う〜ん、我ながら 言語明瞭意味不明なタイトルです でも意味不明でもないのです。 最近、空気が乾燥しています 過ごしやすい季節になりましたが、風邪も急増しています。 学歴社会のたとえ話で 石投げれば東大か京大卒に当たる会社 なんて、いうのが今でもあ…

葛根湯加川芎辛夷と辛夷清肺湯の使い分け

どちらも、副鼻腔炎の方向けにと書かれて、ドラッグストアに置いてあります。 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)は、チクナインとして有名ですね。 どちらも、箱には 副鼻腔炎 の文字。 う〜ん、どっち使えばいいの? ってなったときの基準があります。 それ…

かゆみは○○

かゆみは、、、 痛み に近い感覚であるということ^^ 激痛ではなく、軽〜〜〜〜い痛みに近いニュアンスです。 たまに、耳の奥に指突っ込んで掻きたくなるのは、喉の軽い腫れ 皮膚のかゆみも、痛みの一種の軽いものと考えてもいいと思います。 そこで漢方では…

秋はギックリ腰の季節です

昨日、尊敬する漢方薬局の先生の講座に参加してきまして 最近の相談で多いのは ギックリ腰 とのことでした。 1年の中でも、この8月から9月ほど季節の変化を大きく感じられる月はないでしょう。 秋の昼の炎天下は暑いのに、朝晩は半袖では震えるほど冷えま…

オカリナのちょっと深イイ話

オカリナ演奏の第一人者の方がいらっしゃって 小学生くらいの人が、 オカリナを上手に吹けるようにするには、どうすればいいですか? と質問したら その方は、 「歌いなさい」 こう返したそうです。 毎日練習しましょう 440HzのA音の音叉を聞いてから、一発…

○○を引っ張ると、不調が取れる!?

漢方ではないのですが 最近は、新しく始めた仕事の関係もあり、環境が変わって体調を崩しやすい時期には来ているのですが 耳栓というか、耳栓型イヤホンをすると、ブルブル・・・と一定リズムで妙な振動が来て鬱陶しいことこの上なかったり 前述の記事のよう…

渋沢栄一氏のブームと漢方と

妙なタイトルになってしまいましたが、渋沢栄一氏が漢方に理解が深かったという話は聞いたことがないですし、そんな話ではなく 一万円札のモデルになることが決定した時から、一躍ブームになっている、 氏の有名な著書というか、講演録というべきか 「論語と…

柴胡加竜骨牡蛎湯と神経症のはなし

僕は、そこまで頑強というわけではありません。 漢方でいう、フクロウ型。生まれつきの低血圧です。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun だからこそ、体力錬成と称して定期的に走っています。 ある日のこと。 なんか、胸が締め付けられるわけではないのですが ど…

プチうつ予防には、どうすればいいのか考えてみました^^

なぜか、突然ネガティブ嵐になるプチうつ 以前、記事にもしました。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 僕もなることがありますが、その度ごとに原因を考えていて これかな〜と思うことを書いてみます。 1.睡眠不足 ダントツ1位だと思います。 睡眠不足では、…

喉の痛みには桔梗のはなし

桔梗の花は独特で、人の目を惹くものがあります 国内では、残念ながら野生のものは数が非常に少なくなっており 下の写真も含めて、よくその辺で見かける桔梗は野生種ではありません。 富山は砺波市の有名なお蕎麦屋さんの店先に咲いていたもの(笑) その桔…

蕁麻疹と加味逍遥散のはなし

蕁麻疹(じんましん)は、本当にいろんなパターンがあってややこしいです 冷えによるもの(寒証)なのか、熱を持っている(熱証)なのか その原因は何なのか こういったものを考えていって、試みていくしかありません。 今回は、その蕁麻疹の中でも 加味逍遥…

アウトドアと漢方 〜ブヨなどの虫刺されにも漢方を〜

昔、北海道にいたとき自然の豊かさゆえか、内地(本州)とは桁違いに 大量の虫がいたのには驚きました。 クルマで走れば、フロント部は虫だらけです。 ↓摩周湖の伏流水と言われる、神の子池。魚が二匹(オショロコマ)泳いでいます。浅いようで、深さは5m…

僕が漢方を学ぶ上で大切にしていること Part2「なぜ、そうなるのか?という原理原則を押さえる」

以前、漢方を学ぶ上で一番大事なのは 自分で飲む と紹介しました。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 僕が、漢方でもオカリナでも何事も、学ぶ上で大切にしているのは 「なぜ、そうなるのか?」という原理原則を押さえることです。 その上で、自分で試す。 この…