ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

台風と漢方と、山の上のポテチの袋の話

前回に続き、わけわからんタイトル第二版。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 空前の大型の台風ということで、連日メディアでも大騒ぎの台風です。 大雨と電車の運行ばかり気になりますが、忘れられてるけど、一番怖いのは僕は 吹っ飛んでくるもの だと思います…

風邪と漢方と、のたうち回るヘビの話

う〜ん、我ながら 言語明瞭意味不明なタイトルです でも意味不明でもないのです。 最近、空気が乾燥しています 過ごしやすい季節になりましたが、風邪も急増しています。 学歴社会のたとえ話で 石投げれば東大か京大卒に当たる会社 なんて、いうのが今でもあ…

葛根湯加川芎辛夷と辛夷清肺湯の使い分け

どちらも、副鼻腔炎の方向けにと書かれて、ドラッグストアに置いてあります。 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)は、チクナインとして有名ですね。 どちらも、箱には 副鼻腔炎 の文字。 う〜ん、どっち使えばいいの? ってなったときの基準があります。 それ…

かゆみは○○

かゆみは、、、 痛み に近い感覚であるということ^^ 激痛ではなく、軽〜〜〜〜い痛みに近いニュアンスです。 たまに、耳の奥に指突っ込んで掻きたくなるのは、喉の軽い腫れ 皮膚のかゆみも、痛みの一種の軽いものと考えてもいいと思います。 そこで漢方では…

彼岸花と認知症と

この季節、毎年必ず狂うことなく咲く秋を、高い空のうろこ雲とともに目から感じられるのが 彼岸花 この彼岸花、ウチの、故ひいばぁ様は 手腐れ と言っていたそうで、 文字通り毒草です。 なぜかアゲハチョウは花の上をヒラヒラと舞っていますが 毒のため、動…

秋はギックリ腰の季節です

昨日、尊敬する漢方薬局の先生の講座に参加してきまして 最近の相談で多いのは ギックリ腰 とのことでした。 1年の中でも、この8月から9月ほど季節の変化を大きく感じられる月はないでしょう。 秋の昼の炎天下は暑いのに、朝晩は半袖では震えるほど冷えま…

自分で考えて、自分で試す

「自分で考えて、自分で試す」 大切なことだよと。 最初に勤めた会社で、経営者の方がよくおっしゃっていた言葉です。 あのときは、20代の世間知らずで純粋な大馬鹿野郎でしたが(今もか、、、) 今となっては あのとき言われた色んな言葉が身に沁みてよく…

1は全、全は1

鋼の錬金術師 再び、プライムに来てますね。 やっぱり、面白いな〜 15年近く前、僕が高校生のときくらいの漫画ですが、原作に沿う版のアニメ化は大学生の頃でした。 古さを全く感じさせないのは、携帯電話など現代ツールが出てきていないのもありますが 3…

ヨモギと花粉症と漢方と

前回、継続のチカラなんぞというタイソウな記事を書いたわりには、 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 一週間経ってしまった・・・ 最近、走っていると、鼻水が出てくるのです(T_T) 夜には、雨漏りで屋根裏が腐って垂れた古民家の天井のように喉の粘膜が厚ぼった…

継続のチカラ

僕は、学生の頃の持久走が大嫌いでした。 そのイメージをずっと引きずって、わざわざ走るヤツはアホだと思っていました。 大学生まで。 ある日、大学の友達の一人が、 その頃から始まった大阪マラソンにグループで応募する〜?と聞いてきて あ、おもしろそう…

オカリナのちょっと深イイ話

オカリナ演奏の第一人者の方がいらっしゃって 小学生くらいの人が、 オカリナを上手に吹けるようにするには、どうすればいいですか? と質問したら その方は、 「歌いなさい」 こう返したそうです。 毎日練習しましょう 440HzのA音の音叉を聞いてから、一発…

○○を引っ張ると、不調が取れる!?

漢方ではないのですが 最近は、新しく始めた仕事の関係もあり、環境が変わって体調を崩しやすい時期には来ているのですが 耳栓というか、耳栓型イヤホンをすると、ブルブル・・・と一定リズムで妙な振動が来て鬱陶しいことこの上なかったり 前述の記事のよう…

渋沢栄一氏のブームと漢方と

妙なタイトルになってしまいましたが、渋沢栄一氏が漢方に理解が深かったという話は聞いたことがないですし、そんな話ではなく 一万円札のモデルになることが決定した時から、一躍ブームになっている、 氏の有名な著書というか、講演録というべきか 「論語と…

柴胡加竜骨牡蛎湯と神経症のはなし

僕は、そこまで頑強というわけではありません。 漢方でいう、フクロウ型。生まれつきの低血圧です。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun だからこそ、体力錬成と称して定期的に走っています。 ある日のこと。 なんか、胸が締め付けられるわけではないのですが ど…

プチうつ予防には、どうすればいいのか考えてみました^^

なぜか、突然ネガティブ嵐になるプチうつ 以前、記事にもしました。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 僕もなることがありますが、その度ごとに原因を考えていて これかな〜と思うことを書いてみます。 1.睡眠不足 ダントツ1位だと思います。 睡眠不足では、…

喉の痛みには桔梗のはなし

桔梗の花は独特で、人の目を惹くものがあります 国内では、残念ながら野生のものは数が非常に少なくなっており 下の写真も含めて、よくその辺で見かける桔梗は野生種ではありません。 富山は砺波市の有名なお蕎麦屋さんの店先に咲いていたもの(笑) その桔…

蕁麻疹と加味逍遥散のはなし

蕁麻疹(じんましん)は、本当にいろんなパターンがあってややこしいです 冷えによるもの(寒証)なのか、熱を持っている(熱証)なのか その原因は何なのか こういったものを考えていって、試みていくしかありません。 今回は、その蕁麻疹の中でも 加味逍遥…

自己啓発本、いらんけど買うならこれ一冊にしておいた方がいいという一冊

自己啓発・・・ 僕もさんざんやって、まあオススメしません(笑) 冗談抜きで、まとめて古紙リサイクルに出したほうが世のため人のためやと思っています。 そんな中でも、それでも読みたいならこれ一冊という本を紹介します それは 「嫌われる勇気」 嫌われ…

効果を高めるために、エキス剤に足したほうがいい生薬を考えてみました♪

エキス剤は、インスタントコーヒー 煎じ薬は、ドリップコーヒー と言われるほどに効果に差がある場合があることを例えた話です。 ただ、僕の印象では エキス剤でも、医療用の濃さであればそれなりに効きます。 煎じ薬でも、生薬の質が悪いと効きはイマイチで…

アウトドアと漢方 〜ブヨなどの虫刺されにも漢方を〜

昔、北海道にいたとき自然の豊かさゆえか、内地(本州)とは桁違いに 大量の虫がいたのには驚きました。 クルマで走れば、フロント部は虫だらけです。 ↓摩周湖の伏流水と言われる、神の子池。魚が二匹(オショロコマ)泳いでいます。浅いようで、深さは5m…

忙しくとも、心配りができるということ

漢方ばっかりなんで、そろそろ閑話休題。 以前、記事にしたんですが blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 以前これは富山にいたとき、地方部は通販だけが頼りですから(笑)、 よくアマゾンを利用していましたが、 あるとき、箱を開けようとしてテープを見て あっ…

僕が漢方を学ぶ上で大切にしていること Part2「なぜ、そうなるのか?という原理原則を押さえる」

以前、漢方を学ぶ上で一番大事なのは 自分で飲む と紹介しました。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 僕が、漢方でもオカリナでも何事も、学ぶ上で大切にしているのは 「なぜ、そうなるのか?」という原理原則を押さえることです。 その上で、自分で試す。 この…

小柴胡湯のもう一つの使い方 〜プチうつ(鬱)っぽいときに使える!?〜

小柴胡湯(しょうさいことう) 特に子供さんのカゼで、もう吐いて吐いてかなわんとき、もしくはベースとして 大人でも、何なら最初から抗炎症と咳止め 兼 葛根湯や麻杏甘石湯など麻黄剤や、抗生剤が胃にこたえたりする時の胃薬代わりにも使える非常に便利な…

日本一わかりやすい!? 偽アルドステロン症のはなし♪

※あくまで、僕個人の意見です。意見は十人十色、それは違うと言われても困りますのでご了承ください。 甘草の副作用は偽アルドステロン症 これは、薬学部で念仏のように唱えて覚えさせられる項目の1つです じゃあ、偽アルドステロン症って何? と聞かれたら…

不眠の第一選択「抑肝散(陳皮半夏)」の思わぬ効果、、、なのか^^

仕事で忙しい日の夜など、布団の中でも神経の興奮が続いていて寝付けないときもあります 布団に入って目を閉じてもいつまでも、頭は冴えている 翌日、寝不足で疲労困ぱい(T_T) さあて、どうしたもんかなと考えた時に 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴ…

Part5 ; 脂肪燃焼と心拍数 〜走るのが苦手な状態から、8年間ランニングを継続するまで〜

前回までに、簡単なメンタル面の話と、 弘法は筆を選ぶべし! 怪我予防と運動の継続、脂肪燃焼を意識するために必要ということで、自身の経験から必要と感じる道具の紹介をしてきましたが blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 今回は、脂肪燃焼と心拍数について書…

Part4;道具編②脂肪燃焼とランニング継続に絶対必要な道具 〜走るのが苦手な状態から、8年間ランニングを継続するまで〜

さて、前回は道具編①として、足に近いもの3つを、専門店で計測して選んでもらうことをオススメしていました。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 今回は、脂肪燃焼とランニング継続に必要不可欠なあるモノを紹介します。 それは、、、 今回は、脂肪燃焼とランニ…

Part3;道具編①弘法は筆を選ぶべし 〜走るのが苦手な状態から、8年間ランニングを継続するまで〜

前々回は、意外と大事なランニングをやる前の、メンタルの整理 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 前回は、外堀を埋めるという例えから、いきなり走らず歩くことから始めること blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 走りたい願望が高まってきたところで そして、今回は…

Part2 ; 大坂の陣作戦〜走るのが苦手な状態から、8年間ランニングを継続するまで〜

前回は、走るのが苦手というのは 事実なのか、思い込みなのかというのをはっきりさせるというお話でした。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 僕が思うに、運動神経が密接に関係してくるのは球技です。 それ以外の、たとえば水泳やランニングや自転車、スキーな…

走るのが苦手な状態から、8年間ランニングを継続するまで 〜その1;それは事実なのか!?〜

先日記事に書いたんですが blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 漢方「だけ」では無理です・・・ ですが、運動や食事を見直せば、可能であるとも考えています。 この辺は、おいおい書いていくとして 五体満足で走れる状態にあるとして 有酸素運動ペースでの、一定…