ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

やっぱり、座右の書といえばこの本でしょう^^

漢方・医療系から離れて、閑話休題。 座右の書といえば、、、 ドストエフスキー チェーホフ ニーチェ ヘミングウェイ 魯迅 漱石さん トルストイ マキャベリの君主論 葉隠(誰が書いたか失念) 新渡戸稲造氏の武士道 適当に思いついた人や本の名前を挙げてみ…

あるとないでは全然違う!? 生薬の王さま「大黄さま」のはなし

その昔、漢方の名医の先生に対してある人が質問をしました。 「先生、数ある(数百種類)生薬の中で1つ、生薬を選ぶとしたら何ですか?」と。 質問力が人生を変えるという人もいますが、本当だと思います。 先生答えて曰く、、、 その昔、漢方の名医の先生…

元気の秘訣はやっぱり・・・

医王湯の補中益気湯を飲むよりも効果があると思っているのは 走って、食って、よく寝る(笑) 最近、食べないことが良いような風潮になってますが それで身体がもつのは、単純に身体を動かしていないからではないかと思います。 身体を動かさない→食欲↓→だる…

新型肺炎について思うこと

僕の記憶の中で一番新しい、この手の新型ウイルス出現で世間が目に見えて騒がしくなったのは、10年くらい前の学生時代の豚インフルエンザでした。 衛生担当の教授が、世間は騒ぎすぎだと言っていたこと 友達が一人、また一人と欠席して教室が歯抜けになっ…

薬局トリアージ。これから、薬剤師はどうあるべきなのか・・・

今月、わりと自分の中で考えさせられることが立て続けに起きています。 今回の文章は、漢方にあまり関係なく、また少し重めです。 薬剤師としてそこまで、経験は深くはないのですが、こればっかりはどうしても書いてみたいと思い、書くことにしました。 また…

「なぜ、そうなるのか」を追求すれば、本当の意味での勉強の楽しさがわかる!?

センター試験の季節ですね^^ 僕のセンター試験の思い出といえば、マークが1つずつズレていて、ミスター・ビーンのワンシーンみたいに鉛筆を置きなさいと怒られる寸前まで、耳まで真っ赤にして汗だくで書き直していた思い出が蘇ってきます・・・ う〜ん、ロ…

その時は辛いけど・・・

漢方ばっかりなので、閑話休題。 この写真、針状の結晶が美しいですが、正体は何でしょう?? 答えは、、、 窓の「内」側の、結露が凍ったもの です。 窓枠は木なので隙間だらけ、おまけに鍵は青銅製のねじ込み式です。 外気温がマイナス6℃を下回って、かつ…

こういう時は、身体の「水」の流れが悪いですよ〜というお話

漢方には、気血水(き・けつ・すい)という概念があります。 これは、西洋医学にない概念でして 何が大きな特徴かと言いますと 西洋医学では、気血水の異常に基づく症状はすべて 原因不明 とされてしまうことです。 あなたはね、そういう体質なんだよ〜で終…

新年あけまして、おめでとうございます^^

新年、あけましておめでとうございます^^ 昨年は、多くの方にブログをお読みいただいたこと、深く感謝しております。 時に直接応援していただいたこともあり、励みにさせていただいたからこそ、お陰様でここまでやってこれることができたと確信しています。 …

漢方薬の「適量」とは・・・

最後の更新から気づくと1週間以上も経っていて、光陰矢の如しをつくづく実感します。 漢方薬の適量って、どれくらいの量なのか 漢方やってれば、1日3回、朝昼夕食前 7.5g で効くこともあれば、効かないこともあれば、副作用が出ることもあり 非常に悩…

喉が痛いときに、自分が使う漢方をまとめてみました♪

冬の太平洋側は、富山在住時代の 室温2℃、湿度96%という日本海側とはうってかわって 湿度が低くて乾燥していて、喉を頻繁にやられることを実感します。 喉が痛むときに、薬剤師の僕が使う漢方を経験則からまとめてみました。 今までの記事のダイジェスト…

一生使える!? 咳と痰と漢方の使い分け

この時期、風邪やらインフルやらウイルス軍団が猛威を奮っておりますが 咳にも痰にもいろいろあって、漢方も一概にどれがいいとは言い切れないところです。 自分が風邪を引いたりしたときに、その咳や痰の質を見極めて 配合生薬を考えて咳の症状を抑えていく…

インフルエンザ対策と、知っておきたい5つのこと

インフルの季節、知っておきたいことを独断と偏見で5つ紹介します 1.熱があっても、なぜか寒気がするときは温めるべし(寒気する時に、解熱剤を飲まない!) これは、服薬指導で解熱剤が出てれば、必ず僕が言うことです。 七不思議かというくらい、熱がある…

冬に備えて、銀翹散の買いだめを♪

僕は、この数年ずっと雪国住まいでしたので 冬は湿度が高くて、ジメジメでした。 太平洋側の乾いた冬は、久々なのですが まあ、乾燥で喉をやらますね^^:; 喉に、ミジンコレベルでも違和感があれば、 銀翹散(ぎんぎょうさん) をオススメしています。 痛いと…

薬と相性悪いこともあるのに、意外と見落としがちなもの

漢方相談専門の薬局と保険調剤の薬局の両方で働いたことになり、両方を経験することで色々見えてくるのですが 保険調剤の薬局では、 「いま、のんでいる薬」 を書く欄が、新患さん用の紙にあります。 これ、落とし穴やな〜と思います。 薬と相性が悪くなるこ…

薬石次之 調摂修養 〜漢方より何より大切なこと〜

先日、韓国の昔のお医者さんのドラマである ホジュン ↓プライムのリメイク版はこっち 第1話 「屈辱の日々」 発売日: 2017/04/24 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る ホジュン 宮廷医官への道 COMPLETE DVD-BOX 出版社/メーカー: SHOCHIKU Co…

オカリナで健康に♪ カラオケもうまくなる!?

オカリナは、健康増進に良い手軽な楽器であると思っています。 なによりも、クラシックギターやピアノなどと違って、1曲をそれなりに吹けるようになるまで、始めて30分くらいで出来る場合もあり、音が出るまでは非常に入りやすい楽器と言えます。 ギターって…

寝る前と朝起きてからの、コップ一杯の水

学生時代に、バングラデシュに行ったときに 強烈な下痢をしていたことも相まって、脱水で死にかけたことがあります。 あっという間に視界が紫色になり、指が反り返ってピーンってなる 遠のく意識 ああ、これはヤバいわってわかるレベル たまたま、ボッロボロ…

漢方相談薬局の強みとは?

漢方薬局のイメージといえば・・・ 保険が効かなくて、高そう とりあえず、めちゃくちゃ入りづらい わけのわからん、漢字だらけののぼりがいっぱい店先に立っている エアコン効いていない(特に春秋と初夏) 癖のあるオヤジがやっている 会計時、現金が足り…

体力に関係なく侮れない、感染性胃腸炎の辛さ

ここ2日間、お腹を壊してへばっていましたが これが足腰が立たないわ、喋れないわで辛さがハンパないものでした。 1日で治した(治った?)ものの、やはり次の日はヘロヘロです。 経験上、本来は5日くらいは苦しむものですが、その5日分の苦しみがまとめ…

乾いた空気から身を守る 〜瓊玉膏とスキー場の寮〜

昔、放浪してたときに福島県の某スキー場にいたんですが この寮というのは、4人一部屋で二段ベッドが2つと、強制給排気式のFF石油ファンヒーターが一台という どこの軍隊の兵舎ですかという設備になっています。 揚げ物ばっかりの不味い飯に、幽霊騒動があ…

はたらく細胞がAmazonプライムについに登場(してました)♪

そうそう、紹介が遅れましたが、免疫学を楽しく学べる まんが日本の歴史のような存在である はたらく細胞 がついに、Amazonプライムに来てました♪ 免疫学は、学生時代はよりによって外部講師の手抜きオールスライド授業で 教室を一時間半の間ずっと暗くする…

フクロウ型には朝、良質なドリップコーヒーを♪

フクロウ型体質とヒバリ型体質 こういう分類をされた漢方の有名な先生が昔、いらっしゃいました。 フクロウとヒバリの特徴をもろに、人間に当てはめたもので ヒバリは、ピーチクパーチク鳴くという言葉がありますが、あれはヒバリのために作られたような言葉…

趣味に漢方は最適!?

TEDx札幌のスピーチで一躍有名になった、北海道赤平市の植松電機の 植松努さんのブログで、趣味について書かれています。 ameblo.jp 話も面白いけど、この方の文章の面白さは一級品です。 最後の文で ただし、金を払ってサービスを受けるだけ、というのはち…

薬草茶論。

薬草茶 イベントでも人気の分野ですね。 僕が好きな薬草茶は、、、 コーヒーです^^ え〜っと、薬草ではない気がする・・・ ただし、コーヒーでもインスタントではなく、プロが焙煎したものです なんで、こんな話をするかというと 富山にいたとき、築半世紀以…

台風と漢方と、山の上のポテチの袋の話

前回に続き、わけわからんタイトル第二版。 blog.omoshiro-yakuzaishi.fun 空前の大型の台風ということで、連日メディアでも大騒ぎの台風です。 大雨と電車の運行ばかり気になりますが、忘れられてるけど、一番怖いのは僕は 吹っ飛んでくるもの だと思います…

風邪と漢方と、のたうち回るヘビの話

う〜ん、我ながら 言語明瞭意味不明なタイトルです でも意味不明でもないのです。 最近、空気が乾燥しています 過ごしやすい季節になりましたが、風邪も急増しています。 学歴社会のたとえ話で 石投げれば東大か京大卒に当たる会社 なんて、いうのが今でもあ…

葛根湯加川芎辛夷と辛夷清肺湯の使い分け

どちらも、副鼻腔炎の方向けにと書かれて、ドラッグストアに置いてあります。 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)は、チクナインとして有名ですね。 どちらも、箱には 副鼻腔炎 の文字。 う〜ん、どっち使えばいいの? ってなったときの基準があります。 それ…

かゆみは○○

かゆみは、、、 痛み に近い感覚であるということ^^ 激痛ではなく、軽〜〜〜〜い痛みに近いニュアンスです。 たまに、耳の奥に指突っ込んで掻きたくなるのは、喉の軽い腫れ 皮膚のかゆみも、痛みの一種の軽いものと考えてもいいと思います。 そこで漢方では…

彼岸花と認知症と

この季節、毎年必ず狂うことなく咲く秋を、高い空のうろこ雲とともに目から感じられるのが 彼岸花 この彼岸花、ウチの、故ひいばぁ様は 手腐れ と言っていたそうで、 文字通り毒草です。 なぜかアゲハチョウは花の上をヒラヒラと舞っていますが 毒のため、動…