ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

彼岸花と認知症と

この季節、毎年必ず狂うことなく咲く秋を、高い空のうろこ雲とともに目から感じられるのが

 

彼岸花

f:id:dreamtraveler31:20190930223738j:plain

この彼岸花、ウチの、故ひいばぁ様は

 

手腐れ

 

と言っていたそうで、

 

文字通り毒草です。

 

なぜかアゲハチョウは花の上をヒラヒラと舞っていますが

 

毒のため、動物も土の中のミミズも、ミミズがいないから農家の天敵モグラも寄ってこない、この彼岸花

 

それゆえに、あぜ道や昔の土葬の近くに植えられたとか植えられなかったとか・・・

 

名前はともかく、

 

実は、毒を薬に応用していることをご存知でしょうか?

 

認知症の薬、成分名をガランタミン

 

商品名をレミニール®と言います。

 

※毒草ですので、治療目的と称して食べたりしないでください。念のため。

 

毒草を薬に応用した元祖で、医療用の漢方に馴染みがあるのは

 

トリカブトの附子

 

あとは二朮湯に入っている、マムシグサの天南星だと思います

 

植木のイチイの仲間の成分はタキサン系抗がん剤になっています。

 

毒草ではないですが、セイタカアワダチソウの蕾は入浴剤になります。

 

生命力の強い植物には薬効があります。

 

この手の研究は、これからどんどん増えていくことでしょう。

 

毎年狂うことなく咲く、この赤い花の群生を見るたびに思うのは

 

来年は、いったいどこでこの赤い花を見るのだろう

 

ということです。

 

写真の彼岸花は、2年前に住んでいた富山の家で撮ったものです。

 

もう、そこには二度と住むことはありません。

 

数々の思い出が蘇ってきます。

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

 

 

 

 

秋はギックリ腰の季節です

昨日、尊敬する漢方薬局の先生の講座に参加してきまして

 

最近の相談で多いのは

 

ギックリ腰

 

とのことでした。

 

1年の中でも、この8月から9月ほど季節の変化を大きく感じられる月はないでしょう。

 

秋の昼の炎天下は暑いのに、朝晩は半袖では震えるほど冷えます。

 

こういうときは、一枚羽織るものをカバンに入れて、朝晩と昼の服装を変えること

 

何よりも、下半身を冷やさないこと。

 

冷やされた血液を身体に巡らすのがどんだけ身体に悪いか・・・

 

いつぞやも記事にしましたが

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

ふくらはぎは、車でいうと冷却水を風で冷やすラジエーターグリルです

 

長ズボンを履くなりして、身体を冷やさない小さな努力がギックリ腰予防につながるということです。

 

ギックリ腰には、調栄活絡湯が効きます。これも過去の記事にありますが

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

薬以上に、急性のものは一回下痢させるという効かせ方が大切なので、評判のいい漢方薬局や漢方医院などへ行かれることをオススメします。

 

コンセプトのかっこいい薬局なので、いずれまた日を改めて紹介できればと思います^^

 

自分で考えて、自分で試す

「自分で考えて、自分で試す」

 

大切なことだよと。

 

最初に勤めた会社で、経営者の方がよくおっしゃっていた言葉です。

 

あのときは、20代の世間知らずで純粋な大馬鹿野郎でしたが(今もか、、、)

 

今となっては

 

あのとき言われた色んな言葉が身に沁みてよくわかります。

 

僕が漢方を学ぶ上で基本としてきたことです。

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

毎年、退職した月と同じ9月になると

 

どんなに暑くても寒くても狂うことなく咲く彼岸花の群生を見ると

 

ふと、感慨深くなります。

f:id:dreamtraveler31:20190924022338j:plain

5月。残雪の十勝岳連峰を中富良野方面より、タンポポの花とともに撮ったもの

会社の人に、この時期しか見れない、いい景色だし写真始めたんなら行ってみれば?

 

と言われて、片道80キロ以上をママチャリで漕いで撮りに行ったものでした。

 

始めて2週間ほどで、構図の配分や過焦点距離とパンフォーカスになってないのはともかく、肘にめりこむ石も忘れて感動して夢中で撮ったものです。

 

もう一度見たい景色でもあります。