ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

一生使える!? 咳と痰と漢方の使い分け

この時期、風邪やらインフルやらウイルス軍団が猛威を奮っておりますが

 

咳にも痰にもいろいろあって、漢方も一概にどれがいいとは言い切れないところです。

 

自分が風邪を引いたりしたときに、その咳や痰の質を見極めて

 

配合生薬を考えて咳の症状を抑えていくのも漢方の生きた勉強になります。

 

ポイントは

 

咳の種類・痰の種類を見極めて、それぞれに効く

 

「生薬」を見極めることにあります。

 

漢方薬ではなく、生薬を見極めていく癖をつけると

 

色々と応用が効くようになります。

 

今回は、咳と痰で少々長いですが、お話をしていきたいと思います。

 

 

1.咳には、いわゆる一般的な咳と気管支のけいれんから来る咳がある

 

一般的な咳によい生薬

 

☆中枢性の咳止め・・・半夏

 

気管支のけいれん系の咳によい生薬

 

☆麻黄、厚朴、地竜(じりゅう;いわゆる・・・ミミズです)

 

※麻黄は心不全の人と妊婦さんは禁忌です。

 

他にも色々ありますが、これだけ覚えておくだけでもだいぶ応用が効きます。

 

基本的に、漢方の咳止めといえば半夏です。

 

例えば、

 

痰の絡まない咳には麦門冬湯を飲んでいればだいたい止まります。

 

これで止まらなければ、気管支のけいれんです。

 

喘息は気管支のけいれんによる咳の代表例です

 

麻黄の入った麻杏甘石湯

 

厚朴の入った半夏厚朴湯

 

その両方の入った神秘湯

 

加えて、地竜。

 

こうしたものも半夏と組み合わせて、けいれん性の咳を鎮めます。

 

喘息のみならず、普段の風邪が重症化したときにも使えます。

 

半夏(ハンゲ)の入った、咳止め効果のある市販されている漢方

 

・麦門冬湯

 

・小柴胡湯系(柴苓・柴朴湯、柴胡桂枝湯、小柴胡湯加桔梗石膏、柴陥湯など)

 

・半夏厚朴湯

 

・参蘇飲

 

・小青竜湯

 

半夏の注意点は、乾かす力がかなり強いこと

 

です。

 

小青竜湯は、そのため長期間使用はできません。

 

麦門冬湯は、半夏以外の生薬で潤すことによってなんとかカバーしています。

 

小柴胡湯や半夏厚朴湯などは、どうしても乾く方向に行ってしまいます。

 

 

 

 2.痰を見極める

 

咳というものは、痰を出すための反応です

 

つまり、咳を止めても痰が残っていては意味がありません。

 

机に牛乳をこぼすと、やがて床にポタポタ落ちてきますが

 

いくら床を拭いても上からポタポタ落ちてきて補充されるだけです

 

まず、机の上の牛乳を拭くことが結果として効率の良い掃除に繋がります。

 

漢方でも、同じことで

 

痰が絡む場合は、痰を取っていきます。

 

痰を取る(去痰といいます)ことが、結果として咳止めになります

 

代表的な漢方の去痰の生薬

 

・杏仁(きょうにん)

 

・桔梗(ききょう)+甘草

 

・前胡(ゼンコ;エキスなら参蘇飲に配合:重症化して黄色い痰が出る時に)

 

・半夏に加えて、陳皮、茯苓、生姜、甘草を足した二陳湯

※ちなみに半夏には、痰(ここでは、かーっぺっと吐く痰の意味)を溶かす作用もあると言われています。

 

・冷えによるものには、附子や細辛

 

 

などがあります。

 

痰の見極めのポイントは

 

1.咳の音

 

2.色

 

3.量

 

です。

 

1の音でいうと

 

ケポっ、ゼロっ、ゴボっ

 

というのは痰が絡んでいます。

 

麦門冬湯のような、潤す系に働くものは当然のごとく悪化するので使えません。

 

 

2の色は、例えば白くて量が多くてサラッとしてるものは

 

冷え

 

によるものです。

 

炎症というよりも、水分過剰によるものです。

 

小さな子供さんで、ケポッケポッと大量の痰が絡んでるような咳をたまに見かけますが

 

まさに、あれがそうです。

 

花粉症の大量の鼻水も同じです。

 

小青竜湯に附子を加えたもの(小青竜湯加附子)

 

附子と細辛の入った麻黄附子細辛湯は、鼻水の滝系花粉症の2大特効薬ですが

 

 小さな子どもさんのこういうパターンの場合は、麻黄剤を使わずに二陳湯を使います。

 

六君子湯などがそうですね。

 

 

あとは、黄色かったりして色が付いていて粘っこいもの

 

 

これは、炎症起こしていて熱を持っているのと、細菌感染しています。

 

抗生物質を病院でもらってくる必要があるのと

 

石膏や黄連のような冷やす系の、生薬も必要になります。

 

※金属と相性悪い抗生物質は、

 

クラビットなどニューキノロン系

 

ミノマイシンなどテトラサイクリン系

  

です。医院や薬局で必ず申告してください。

 

 

麻杏甘石湯や、麻杏甘石湯に桑白皮がはいった五虎湯

 

桑白皮(そうはくひ)というのは、文字通り

 

あのカイコガの幼虫の餌の桑の、根っこの皮です。

 

炎症を抑えたり、利水効果で去痰の役割も果たしたりします。

 

痰に血が混ざっていると、僕は五虎湯にします。

 

五虎湯は、麻杏甘石湯にさらに抗炎症効果を追加したものと考えていいと思います。

 

麻黄剤は夜寝れないから、寝る前は小柴胡湯加桔梗石膏と半夏厚朴湯(量は加減)にしたり

 

小青竜湯と麻杏甘石湯の比率を絶妙に調整した合剤に、抗炎症と咳止めの効果もある小柴胡湯をベース兼胃薬として使う

 

重症化して咳すると胸が痛ければ柴陥湯を足す

 

などいろんなパターンが考えられます。

 

 

3の量ですが、

 

・冷えて起きるものは白くてサラサラしていて大量

 

・熱を持っているものは、黄色などで少量

 

であることが多いです

 

 

いずれも、漢方薬の名前ではなく、

 

生薬の特徴

 

を知った上で、その生薬の配合されている漢方を上手く使っていくことが大切になってくると思います。

 

そういう意味でも、前々から書いている

 

生薬を英単語に、組み合わせをイディオム

 

あるいは、

 

漢方薬を単語、漢方薬の合剤をイディオム

 

のように考えていくという価値観はやはり大事です。

 

☆今回も最後までお読み頂きありがとうございます^^

 

参考記事は以下のとおりです

 

・麦門冬湯について

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

・麻黄など要注意生薬について

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

・参蘇飲について

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 ・英単語イディオム式や、数字のつく漢方を覚えるなどの話

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザ対策と、知っておきたい5つのこと

インフルの季節、知っておきたいことを独断と偏見で5つ紹介します

 

1.熱があっても、なぜか寒気がするときは温めるべし(寒気する時に、解熱剤を飲まない!)

 

これは、服薬指導で解熱剤が出てれば、必ず僕が言うことです。

 

七不思議かというくらい、熱があるのになぜ寒気がするのだろうと思うことがあります。

 

漢方を勉強していれば、太陽病がどうのこうのとなりますが

 

この時期に絶対にしてはいけないのが、、、

 

 

 

 

・熱を下げること

(※寒気のする時期にしてはいけない)

 

例えば、解熱剤を飲む、氷枕で冷やすという行為です。(※寒気のする時期にしてはいけない)

 

最悪、命に関わります。

 

昔、大正時代かその頃にスペイン風邪が流行った時、寒気がする人にも、熱があるからと一概に氷枕をあてがって冷やしたのも、被害が拡大した一因であったと当時治療にあたった漢方の名医が語っていたそうです。

 

寒気がする理由は割愛しますが、この時期はとにかく温めること!

 

よく、汗をかけばカゼは治る!

 

というのは、この寒気のする時期に汗をかくと治ることが多いという意味です。

 

葛根湯も麻黄湯も、汗を出すための発汗剤です。

 

詳細は以下の記事に任せますが、麻黄と桂枝の組み合わせで発汗させます。

 

※麻黄湯や葛根湯は、箱にも書いていますが、小さな子どもさん、妊婦さん、高齢者の方は使わないようにしてください。

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

汗が出るということは、熱を出すということ

 

ウイルスは熱に弱いので、侵入しつつあるウイルスを、一気に蒸し焼きみたいにして熱でシバキ倒そうという魂胆です。

 

こんなときに解熱したら、どうなるか・・・

 

よく勘違いされますし、ドラッグストアの漢方の箱の裏にも書いてあって誤解を招きやすいのですが

 

薬自体には、自分の体力云々は関係ありません。

 

 

相手(ウイルスなど)の強さも大事です。

 

 

相手の強さと、自分の体力・免疫力によって、反応が変わります。

 

 

暑い暑いとうなされるのは、味方も相手も強く、全面戦争になるからであって

 

 

年を取ってくると味方が弱くなり、相手が強いと、症状があまり出ないまま悪化することが多いということです。

 

 

相手(ウイルスなど)が強いと、ちょっとやそっとの発汗では治りません。

 

発汗力、つまり汗を出す力の強さは

 

(弱い)桂枝湯<<葛根湯<<麻黄湯(強い)

 

となります。

 

桂枝湯(≒シナモンチャイ)で治る風邪は、その程度の弱いウイルス

 

首筋がこわばってきて、寒気が強いのは、それなりに強いウイルス

 

いきなり、関節痛から奥歯がガタガタ震えるくらい寒気が来るのは相当強いウイルス

 

ということで、めちゃくちゃ強いウイルスに桂枝湯(≒シナモンチャイ)では

 

戦車に拳銃で戦いを挑むようなものです。

 

歩兵ならいざ知れず、戦車となるとバズーカか対戦車ヘリでも持ってこないと戦えないと思います。

 

北斗の拳でいうと、

 

汚物は消毒だ〜と叫んで、次の瞬間に自分が消毒されてるザコと

 

ラオウとでは、同じ敵でも強さが全く違うのと同じです(わかりにくいかな・・・)

 

 

この時期を過ぎると陽明病と言って、布団をはぎたくなるくらい暑い暑いと騒ぐあのステージに突入します。

 

この時期に汗をかくと余計に脱水が加速するだけでひどくなるので麻黄湯や葛根湯は使わずに、白虎加人参湯とスポーツドリンクなどで脱水予防が肝要になります。

 

 

こういう状態で40℃を超えてきて、これ以上熱が上がると、脳や命に関わるから危険ってときはさすがに解熱剤なりを使って解熱します。

 

 

熱があろうが、寒気がしたら、とにかく温める

 

 

その初期症状の強さが、ウイルスの強さであり

 

 まともに戦えるそれなりの武器でこちらも応戦しなくてはなりません。

 

あれ? 今日寒くない?という軽いレベルなら、シナモンチャイでも桂枝湯エキスにシナモンパウダー足したものでも、

 

※エキスは桂枝が飛んでますので、あれば、スパイス専門店のカレー用のベトナム産シナモンの粉でも入れればだいぶ変わります。

 

↓エキスだと製造過程で飛んでしまう成分の参考記事

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

肩甲骨や肩の異様なこわばりと、寒気には葛根湯を

 

いきなり強烈な寒気と、関節痛、下痢などがまとめて来たら麻黄湯を

 

ただし、 発汗力が強いものは相当に体力を消耗します。

 

僕は、インフルエンザに葛根湯で対応するとどうなるかなと思って

 

20代で、体力もあったので

 

3回連続で発汗をやったことがあります。(真似禁止。絶対、禁止。)

 

いずれも、楽になったかと思いきや、すぐに寒気がぶり返し

 

ついに、体力を消耗し尽くして立てなくなりました(ToT)

 

ドラッグストアの麻黄湯の箱裏に、体力が比較的充実した者向けと書いてあるのは、あながち間違いではないとも言えます。

 

それゆえに箱にも書いていますが、体力のない小さな子どもさん、過度の発汗を禁じる妊婦さん、高齢者の方による葛根湯や麻黄湯を使った布団蒸しは避けたほうが無難です。

 

 

 

 

 

2.感染者の飛沫を吸ったら、誰でもかかると思うべし

 

飛沫(ひまつ)というのは、唾の小さな粒です。

 

ウイルスが、ドラゴンボールZでいうと、筋斗雲に乗った悟空サみたいに唾のミストに乗っています。

 

距離にして、1mから2m程度の、いわゆる至近距離です。

 

よく、俺(わたし)は、インフルかかったことないし、大丈夫!という人がいますが、、、

 

それは、単に飛沫を吸ってないだけです。

 

近くに感染者がいて、その人と会話したりして飛沫を吸っていれば遅かれ早かれ症状が出ます。

 

ちなみに、結核の飛沫「核」感染というのは、水分がない分もっと厄介で、これはフワフワ飛んでいくので、体育館クラスの広さでも感染すると言われています。

 

小さい頃から中耳炎や扁桃炎のオンパレで、くすぐったがり、大人になってアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎を起こしている、いわゆる一貫堂解毒証体質の人は結核にご用心ください。

 

↓解毒証体質については、こちら 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

 

3.よく分からない情報に惑わされない

 

最近、ワクチンが危険だから打たないとか色々聞きますし、その類の情報が溢れています。

 

僕は、ワクチンは破傷風や狂犬病などを、バングラデシュに行く前にいろんな種類をとにかく打ってましたが

 

インフルのワクチンだけは、打つ度になぜか調子がめちゃくちゃ悪くなるので打ちません。

 

打ちたい人は、自己責任で打ってもらえばいいんじゃないのかなと思っています。

 

ただし、過信しないこと。

 

最強のお守りを身につけたから大丈夫みたいな、過信は禁物です。

 

飛沫を吸えば、感染します。

 

重症化は免れるかもしれないけど、

 

それなりに、熱も出てきて苦しみます。

 

予防接種打ったけど、インフルにかかったよ!?

 

という方に、誰しもが会ったことがあるとは思います。

 

情報が少なすぎて、判断に迷うこともありますが

 

 

打ってたから、今元気なわけで、その症状で済んだのかもしれないと考えられるわけでもあります。

 

 

 

4,気管支炎や肺炎に注意

  

僕もなりましたが、麻黄湯で吹き飛ばして楽になったと思いきや、しばらくして気管支炎や肺炎になったりします。

 

まあ、これがかなりキツイ^^:;

 

インフルに限らず、風邪でも汗出しだけで治ってくれないことも、しばしばです。

 

むしろ、こっちのほうが長引いて怖いと思うので、経過観察は慎重に行う必要があると思っています。

 

立てなくなるような酷い咳と痰に色のつく、気管支炎や肺炎になったら漢方だけでは厳しく、抗生物質がマストアイテムになります。

 

西洋医学がどうのこうのという人も、そこは病院に素直に行ったほうが無難です。

 

 

 

5.かからない努力と、移さない努力を

 

かからない努力も大事です。

 

しっかりとしたマスクがあれば、唾(飛沫)が飛んできても止まります。

 

ウイルス単独以上に、ウイルス付の飛沫を吸わないことです。

 

家に帰ってからの手洗いは、何よりも大事。

 

みかんを手で食べる時期なので、スマホを外出先で触った手で食べれば感染のリスクが上がります。

 

 

コンビニの海苔巻おにぎりも同様。

 

かかったと思ったら、咳で飛沫を飛ばさない努力(マスクの着用)が大事です

 

湿度を50%以上に適度に保てる、プラズマクラスターやナノイーの出る加湿空気清浄機を購入するのも手でしょう。

 

治ったと思っても、しばらくはウイルスを排出していますので、油断は禁物です。

 

 

まとめると、

 

 

かかるときは、かかるので過度に心配するのではなく

 

 

予防に徹して、かかったらかかったでその時はその時や〜くらいの緩い気持ちでいたほうが冬を楽しく乗り切れるのではないかなと最近は思います。

 

 

先日紹介した、昔の韓国のお医者さんのドラマのホジュンでも

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

ビビる心の隙間があると、病はそこを突いてくる

 

 

というような表現がありましたが、本当にそうだと思います。

 

 

☆今回も、最後までお読み頂きありがとうございます^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬に備えて、銀翹散の買いだめを♪

僕は、この数年ずっと雪国住まいでしたので

 

冬は湿度が高くて、ジメジメでした。

 

太平洋側の乾いた冬は、久々なのですが

 

まあ、乾燥で喉をやらますね^^:;

 

喉に、ミジンコレベルでも違和感があれば、

 

銀翹散(ぎんぎょうさん)

 

をオススメしています。

 

痛いとか、イガイガする時点で遅いくらい、喉の痛みは違和感レベルで対処する必要があります。

 

この銀翹散、なんと保険適用がなく、医療用がありません(ToT)

 

ドラッグストアや通販にある分になりますが、JAF会員誌についてくる割引券や広告の15%OFF券などを使えばそれなりの値段で買えます。

 

翹散エキス顆粒Aクラシエ 9包

翹散エキス顆粒Aクラシエ 9包

 

 

 

寒気がなくて熱っぽくて、喉が痛ければ葛根湯に桔梗石膏で銀翹散の代わりにはなりますが

 

桔梗石膏は、コタロー医療用には単品があるのですが、ツムラ医療用だと109番(小柴胡湯加桔梗石膏)しかなくて、

 

単品だと安くて使い勝手が良いのですが、通販で見かけるくらいです。

 

【第2類医薬品】桔梗石膏エキス錠「コタロー」 48錠

【第2類医薬品】桔梗石膏エキス錠「コタロー」 48錠

 

 

軽い喉の痛みなら、たま〜にドラッグストアにある、ツムラの桔梗湯をぬるま湯で溶いて喉にあてがうように飲む手もあります。

 

桔梗は単独だと吐き気もたまにします。その吐かせる方向に働くのが、まさに去痰というわけですが

 

吐き気を止める半夏や生姜の入ったものを、状況に応じて僕は一緒に飲むようにしています。

 

例えば、葛根湯や小柴胡湯がそうですね。

 

ところで葛根湯は、風邪薬ではない!

 

と以前から言ってますが、

 

裏技として、寒気がなくて熱っぽくて喉が痛いときに桔梗石膏と組み合わせて使うという方法もあります。

 

僕なんかは、まさにそういう状況で

 

葛根湯(1番)と小柴胡湯加桔梗石膏(109番)を、桔梗湯(138番)をぬるま湯で溶いたもので飲んで、マシになったのは一度や二度ではありません。

 

あとは、板藍根とかプロポリスですね。

 

プロポリスはスプレーなら、手軽に持ち歩けて水がなくてもその場でシュッとできますし、

 

板藍根のど飴とか、板藍根系のものがあれば、試してみて効くものを知っておくことをオススメします。

 

こればっかりは、相性がありますから、一概に何が効くとか申し上げられないのが実情です。

 

 

ちなみに保険適用になってないけど、いい漢方薬としてはこの銀翹散のほかに

 

芎帰調血飲第一加減(女性の味方)

 

藿香正気散(お腹のカゼなど)

 

冠心Ⅱ号方(狭心症;≒コタロー匙クラブの還元清血飲)

 

があるんではないかと思っています。

 

 

ない分は文句を言っても仕方がないので、構成生薬を把握した上で

 

上手に乗り切っていきたいものです。

 

☆今回も、最後までお読み頂きありがとうございます。