ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

台風と漢方と、山の上のポテチの袋の話

前回に続き、わけわからんタイトル第二版。

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

空前の大型の台風ということで、連日メディアでも大騒ぎの台風です。

 

大雨と電車の運行ばかり気になりますが、忘れられてるけど、一番怖いのは僕は

 

吹っ飛んでくるもの

 

だと思います。

 

ガツンと当たって、意識を失って倒れてても人がいないので通報が遅れる可能性があります。

 

不要な外出はなるべく避けるなど、用心の方お願い致します。

 

 

 

台風に限らず、低気圧が来ると決まって

 

頭が痛い

 

という方が身近にもおられると思います。

 

頭痛で低気圧の接近が予知できるというレベル。

 

これは、漢方で対策が可能です。

 

その前に、少しお話を。

 

 

山など、標高の高いところで、パンパンに膨らんだポテチの袋を見たことがある方も多いと思います。 

 

僕は、1300メートルほどの高地に短期間だけ住み込みで働いたことがあるのですが、

 

付近のコンビニのポテチなど、棚に並ぶ袋菓子の膨らみ方があまりに見事すぎて

 

パンパンやないか〜(オール巨人師匠風)

 

と思わず言葉が漏れました。

 

ずら〜っとパンパンの袋菓子が並ぶのを初めて見たら壮観です。

 

値段は定価でも、あの膨らみ方ならお得感がハンパないのです(笑)

 

ちなみに、この平地でぺったんこのポテチの袋が、高地でパンパンに膨らむのは

 

単純に気圧が下がるからです。

 

 

ところで、以前、瘀血の記事を書いたときに

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

瘀血(おけつ)というのは、万病の元と言われるほど病気の元凶と言われており

 

微小循環障害などとも言われ、血の巡りが悪いのが積み重なってわけのわからん病気に繋がるということです。

 

病院で検査結果正常、それでもなぜか、わけのわからん症状が出まくる

 

これは典型的な瘀血です。

 

あとは、ぎっくり腰や打撲なんかも瘀血です。

 

この瘀血だけは、検査結果正常である以上、西洋医学では「様子見ましょうね〜」しかできません。

 

漢方は、この瘀血に対処できます。

 

市販品では桂枝茯苓丸が有名ですが、これらを駆瘀血剤といって

 

海軍の駆逐艦みたいな意味で、文字通り「瘀血を駆(逐)する」ことができます。

 

 この駆瘀血剤は、腹を触ってどうのこうの、脈がどうのこうのと色んな漢方の診断基準があるのですが、

 

僕が聞いていて一番納得したのは

 

「駆瘀血剤が効いたものが、瘀血だ!」

 

という考え方です。

 

逆説的に言い切りすぎてて、一瞬、呆気にとられますが

 

至極、真っ当な考え方だと思います。

 

 

これと同じことで、話を低気圧の頭痛に戻します。

 

山の上のポテチの袋が膨らむように

 

脳内でも血管が膨張して神経を圧迫して頭痛になっているのではないか・・・

 

など、実は原因が未だによくわかっていないのが実情です。

 

低気圧の頭痛の場合、よく効くのが

 

「五苓散(ごれいさん)」

 

です。

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

家庭の常備薬にすべき漢方ランキング個人的に第一位のこの、五苓散

 

いつもの英単語&イディオム式で軽く説明すると

 

白朮、茯苓

 

この2つで消化管の水分を引き込んで脱水状態を改善したり(利水)、身体の中の余分な水分をオシッコとして出したり(利尿)

 

猪苓、タクシャ

 

この2つで、主に余分な水分をオシッコとして出したりしていきます(利尿)

 

残り1つは、桂枝ということでシナモンみたいなものですが、血の巡りを良くして上の4つの生薬の効果を高めます。

 

要するに、水分バランスの調整をしてくれる

 

ということです。

 

さっきの「駆瘀血剤が効いたものが瘀血だ!」という考え方にもとると

 

低気圧の頭痛に五苓散が効くということは、頭の中の水分バランスが乱れているということです。

 

山の上のポテチのように、やはり血管などが膨らんで周囲を圧迫しているのかもしれません。

 

仮にそうだとして

 

血管からは赤血球は出てこれないので、鼻水のように水分だけが滲み出してきます。

 

これは体に備わっている恒常性(バランスの乱れを調整する)のシステムで対処できるのですが、体質的に水が抜きにくい人もいます。

 

 

これを五苓散で対処してやろうと、そういうことです。

 

 

 

しか〜〜し!!

 

脳の水分の源は血液であるため

 

こちらの方にも目を向ける必要があります。

 

低気圧の頭痛を持っている人は、おそらくですが

 

検査結果正常だけども、他にもわけのわからん症状がある

 

こういう方も多いと思います。

 

五苓散だけでは、低気圧頭痛の体質改善になりません。

 

僕は、低気圧頭痛対策の五苓散は頓服(とんぷく;症状が出たときだけのむもの)

 

に近いと考えています。

 

血の巡りを良くしていく、瘀血対策も併せて考えていく必要があると思います。

 

あとは、量ですね。

 

合っている漢方でも、量が少ないと効きが悪いのです。

 

医療用やアルピタンなど満量で効きが悪ければ、自己責任で量を増やしたり、桂枝の粉やシナモンを加えたりする必要が出てくると思います。

 

五苓散は、そこまで副作用に注意する必要のある生薬が含まれていない珍しい漢方ですが、それでも様子を見ながら行う必要があります。

 

あと、同じ原理で高山病の頭痛にもおそらく応用できると思いますが、これはなおさら量の加減(加減というか、量を増やすのみですが)が必要になると思いますし、命に関わるので無理な登山続行は禁物です。これも試されるときは、自己責任でお願いします。

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございます^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪と漢方と、のたうち回るヘビの話

う〜ん、我ながら

 

言語明瞭意味不明なタイトルです

 

でも意味不明でもないのです。

 

最近、空気が乾燥しています

 

過ごしやすい季節になりましたが、風邪も急増しています。

 

学歴社会のたとえ話で

 

石投げれば東大か京大卒に当たる会社

 

なんて、いうのが今でもありますが

 

この季節、石投げればカゼ引きに当たる

 

くらい、職場などでもカゼの人は多いと思います。

 

 

漢方で、カゼの対処は可能ですが、経験上気をつける必要があることがあります

 

 

それは

 

 

まるでのたうちまわるヘビのように、症状が短時間であちこち移動する

 

 

ということです。

 

例えば、あ〜喉が痛いな〜と思って銀翹散や桔梗湯などで対処します

 

すると、喉の痛みは取れるんですが、しばらくすると、今度は首筋こわばりと寒気がしてきます

 

葛根湯の発汗一発療法でなんとか汗を出して、スッキリしたと思って寝たら

 

※これで治ることも多いのですが、普段から無理をして体力が落ちていると・・・

 

翌朝、起きるとゴフォっと胸の奥から咳が出ます

 

うわ〜・・・と思います。

 

そのうち、ひっどい咳と色のついた痰が出てくる後始末。

 

おっと、今度は気管支の奥に行ったようです。

 

五虎湯や麻杏甘石湯を主に、あとは柴陥湯(めっちゃ値段が高いけどあれば)や小柴胡湯加桔梗石膏(これも値段高いw)や抗生剤などを組み合わせたりして対処します。

 

最近、小柴胡湯系の値段高すぎやで、しかし〜・・・

 

ともかく、咳で落ちた気力体力を補中益気湯で補いつつ、3日ほど頑張ってうまく対処すれば治ります。

 

へ〜で終わってはいけません。

 

この手の風邪は、最初の喉の痛みを放っておけば、本来は2週間以上はこじらせる風邪です。

 

これを漢方で対処すると、本来は2週間近くかけて体験するこれらの症状が

 

2日くらいで、一気にまとめて来ます

 

結構、体力的にしんどいです。

 

毎回思うのは、短期で治るけど漢方入れずにいっそ、こじらせた方が楽なんちゃうかなと思ったりします。

 

もう、まるで蛇がのたうちまわるように、炎症があちこちに逃げまくっている感じ

 

パッパッと武器を変えて対処しなければならず、スピードが要求されます

 

手元に対応する漢方がなければ、どうにもなりません。

 

買いに行ってる間に、症状が変わります。

 

あれば、あったで結構しんどいし(笑)

 

こればっかりは、経験しないとわかりませんが

 

普段無理してるから身体が、自身を寝込ませて体力の回復を計らせようと

 

意図的に風邪を引いたのかなと、思うこともあります。

 

こういう場合、漢方はあえて最低限度にとどめて、無理やり短期間で治さずに寝込んだ方が良いのかな〜と。

 

風邪の症状を漢方でなんとかするより、こっちのほうが難しい問題やなと最近は思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葛根湯加川芎辛夷と辛夷清肺湯の使い分け

どちらも、副鼻腔炎の方向けにと書かれて、ドラッグストアに置いてあります。

 

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)は、チクナインとして有名ですね。

 

どちらも、箱には

 

副鼻腔炎

 

の文字。

 

う〜ん、どっち使えばいいの?

 

 

ってなったときの基準があります。

 

 

それは

 

 

 

痛み

 

 

 

です。

 

先日、かゆみは痛みに近い感覚という記事を書きました。

 

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

今回は、ガチの痛みです。

 

特に

 

 

目の上下(特に下)

 

 

ドラゴンボールZの天津飯の3つめの目の位置(おでこの辺り)

 

目の下のところ

 

 

ここが副鼻腔ですが、

 

 

ず〜んと重い頭痛であったり、目の下のところが、下を向くとズーーンと鈍く痛む

 

 

目の下の痛みが響いて、まるで、頬骨からほっぺた全体が鈍く痛いような感覚・・・

 

 

これは、重症です。鼻の中も雑巾臭がしてるはず・・・

 

 

辛夷清肺湯の一択になります。

 

 

適切な量(最低でも医療用レベルの濃さ)を飲めば個人差はありますが、しばらくすると喉を液体が通って落ちていくのを実感(後鼻漏)できて、スーッと鼻が通って痛みが取れるのを実感できます。

 

 

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)は葛根湯という温める系の漢方に、膿んだ場所が治るのを助ける川芎と鼻のつまりを取る辛夷を加えたものです。

 

川芎は、主に血流を良くする方向で使われますが、十全大補湯の托法しかり、こういう効果もあります。

 

辛夷清肺湯は、知母と石膏という強力冷やす系コンビに加えて、炎症を抑えたり膿を出す生薬が配合されています。

 

↓熱中症予防にも応用できる白虎加人参湯には知母と石膏が入っています。

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

辛夷は、コブシと打ってPC等で文字変換できますが

 

漢方の生薬としての読み方は、「シンイ」です。

 

なぜか、鼻の粘膜の腫れを取って鼻の通りを良くします。

 

葛根湯加川芎辛夷は温める系

 

辛夷清肺湯は冷やす系

 

全く相反する性格を持ちます。

 

炎症が強いものは熱をもっていますので、上記のような酷いものは温めると悪化します。

 

なので、どちらかといえば冷やす系の辛夷清肺湯を、炎症が強いものには使います。

 

 

僕は、一貫堂の解毒証体質で歴10年クラスの副鼻腔炎のプロみたいなものですから(!?)

 

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

いろんなことを試していますが

 

体質改善のための荊芥連翹湯を入れる前に、下を向いて痛みがなければ僕は

 

葛根湯加川芎辛夷に桔梗石膏を入れて飲みます。

 

しばらくすると、鼻水が出てきますので鼻をかみます

 

すると、すーっと鼻が通ってスッキリした感覚になります。

 

こうして副鼻腔に溜まってるものを出し切ってから、荊芥連翹湯を入れて体質改善していきます。

 

必殺技として、その辺の(田舎に行くと腐るほど生えてます)、

 

ドクダミの「生」の葉っぱをちぎってきて、葉っぱをもんでから鼻が通ってる方に突っ込みます。

 

強烈な、パクチーみたいな香りに襲われてゲホっとむせ返りますが、30分ほど我慢していると同じように鼻水が出てきて、鼻をかむと

 

やっぱり、スッキリします。

 

野生ですから、犬ころがオシッコしていなさそうな、キレイなドクダミにしてください(笑)

 

これは荒療治ですので、自己責任でお願いします^^

 

葛根湯加川芎辛夷はカゼの後など、あ、鼻詰まっちゃったわ〜という、どちらかというと軽い急性のもの向けです

 

桔梗石膏と組み合わせて使われることをオススメします。

 

辛夷清肺湯クラスは比較的症状が重いもの向けであると考えていいと思います。

 

このクラスになってくると、エキスではなくて煎じ薬を入れてもらうとより良くなると思うので、漢方薬局などへ足を運ばれることを勧めます。

 

時間やお金がない場合、

 

秘技「ドクダミ鼻突っ込み」(自己責任)も試すと、新しい世界が見えるかもしれません(!?)

 

☆今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

 

【第2類医薬品】桔梗石膏エキス錠「コタロー」 48錠

【第2類医薬品】桔梗石膏エキス錠「コタロー」 48錠

 
【第2類医薬品】桔梗石膏エキス顆粒J 12包

【第2類医薬品】桔梗石膏エキス顆粒J 12包

 

 

 

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方葛根湯加川キュウ辛夷エキス顆粒 45包

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方葛根湯加川キュウ辛夷エキス顆粒 45包

 
【第2類医薬品】チクナインb 56錠

【第2類医薬品】チクナインb 56錠