ココロの漢方

20代の時に風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら全国を放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、薬局で働く現役の漢方大好きで風変わりな薬剤師が、ドラッグストアや通販で手に入る漢方やメンタル面、ランニングや呼吸などによって自身を整えていく考え方や独自の価値観を紹介しています。

あるとないでは全然違う!? 生薬の王さま「大黄さま」のはなし

その昔、漢方の名医の先生に対してある人が質問をしました。

 

 

「先生、数ある(数百種類)生薬の中で1つ、生薬を選ぶとしたら何ですか?」と。

 

 

質問力が人生を変えるという人もいますが、本当だと思います。

 

 

先生答えて曰く、、、

 

 

 

「それは、大黄や」と。

 

大黄(だいおう)というのは、一般的には瀉下作用(お通じを良くする)があるということは大黄甘草湯という漢方薬があるため、便秘に良さそうな生薬だと知っている人も多いと思います。

 

しかし、大黄には別の非常に面白い一面もあります。

 

それが、抗炎症作用と駆瘀血剤の作用を強めること

 

だと思います。

 

まず、駆瘀血剤の作用を強めること。

 

そもそも、瘀血(おけつ)とは何かということから話が始まりますが

 

瘀血を一言で言うと

 

「瘀血の存在を知っているだけで、人生の質が格段に向上する」

 

ということです。

 

微小循環障害などといかにも西洋医学っぽい言い方で言われることもありますが

 

瘀血は、西洋医学で対処することは不可能です。

 

漢方の独壇場です。

 

そして、万病の元でもあります。

 

詳しくは以下の記事に任せますが

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

瘀血の特徴として、例えば

 

検査結果正常、でもいろんなわけのわからん症状が出る

 

原因不明で長年苦しんでいるものがある(わけのわからん頭痛など)

 

自己免疫疾患

 

産後のわけのわからん症状

 

ギックリ腰や打撲

 

最低血圧が100を超える高血圧

 

痛みが昼はマシで、夜に強くなる

 

刺すような痛み(例:帯状疱疹の痛み)

※実際、帯状疱疹の痛みには駆瘀血剤を使います。

 

などなど。キリがありません。

 

大黄の入っていない桂枝茯苓丸などの駆瘀血剤と、通導散や治打撲一方などの大黄の入った駆瘀血剤とでは

 

効果の強さがまるで違います。

 

自身、工具の使いすぎでバネ指という、西洋医学的には手術しか方法がないと言われる労災レベルの病気になったことがあり、試したことがあるのですが

 

桂枝茯苓丸では治りませんでしたが、

 

大黄を含む、桃核承気湯を飲んで治りました。

 

瘀血を駆瘀血の生薬が吸収して、胆汁とともに腸管に排泄するのを大黄が手助けしているのではないかと言われています。

 

実際、駆瘀血剤を効かせる方法として、急性期の打撲などには大黄を含む駆瘀血剤を使って、わざと下痢をさせるような飲み方をするのですが

 

トイレでの一発目は、体力的にも嗅覚的にも強烈です(失礼!)

 

でも同時に、ああ効いたなとわかります。

 

それだけ、瘀血が溜まっていたのでしょう。

 

この特殊な飲み方は腹痛とオナラと下痢、日中の多数のトイレ参りが確定なので個人レベルか、信頼関係が相当できていないと難しい治療法ですが

 

僕自身や身内の間では、よくやる方法です。

 

 

 

もう一つの、抗炎症効果ですが

 

有名な漢方薬が

 

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)です。

 

連、芩、大という、三つの「黄」を含む生薬から成るため、そういう名前がついています。

 

鼻血など鼻より上の止血であったり、二日酔いの後の胃炎であったり抗炎症効果を期待して使いますが

 

この場合の大黄は、お通じではなく抗炎症効果を考えて使います。

 

 痛みが強めの胃炎には西洋医学のガスター®などのH2ブロッカーやネキシウム®などのPPIと言われる胃酸分泌抑制薬と、痛み止めに四逆散を、抗炎症効果を期して半夏瀉心湯を多めに使うものですが

 

僕はわりと胃を傷めやすくて、こういう時には胃酸分泌抑制薬(だいたいガスター®)とともに、

 

四逆散の変法であり、柴胡と黄芩の抗炎症効果も期した大柴胡湯と黄連解毒湯を使っています。

 

抗炎症効果のない四逆散と違って、痛み止めと抗炎症を1つでまかなえるのが大柴胡湯の強み。

 

ところで、一般的な大柴胡湯には大黄が1g入っています。

 

かつて、どんなものかと大柴胡湯「去」大黄という

 

文字通り大柴胡湯から大黄を抜いたコタローさんだけが作っているエキス剤で試したことがあります。

 

結論から言うと

 

効果が目に見えて違った

 

ということです。

 

心窩部の痛みが目に見えて取れていったのは、大黄の入った大柴胡湯でした。

 

大黄があるかないかで、こうも違うのかと感心した記憶があります。

 

黄連解毒湯にも黄連と黄芩が入っていますので、大柴胡湯由来の大黄をあわせれば、三黄瀉心湯の加減にもなります。

 

一般的には大柴胡湯は胆嚢炎で使われますが、やはり大黄が分泌液の排出に一役買っているのではないかと思います。

 

便秘に関係なく、効果を強める必要があれば大黄入のものを使う必要があるということです。

大黄の注意点としては、その副作用です。

 

原則、妊婦さんや授乳中の方は避けていただいて

 

シクシクという腹痛(甘草で和らげます)、オナラが増える、一時期は卵の腐ったようなにおいになる、トイレ参りの回数がかなり増える、場合によっては下痢する

 

ということを予め知っていれば、耐えられるといえば耐えられます。

 

それでも大黄の量を、その人のお通じの具合で調整するのは必須です。エキス1日7.5g分飲めばいいというものではありません。

 

僕は実際の服薬指導で、精神的な負担が少しでも下げられたらと思ってこういう副作用を予めお伝えしています。

 

他にも子供のアトピーの体質改善で補中益気湯の煎じに、お通じの様子を見ながら微量の大黄を入れるとか

 

副鼻腔炎で膿を出す時に、葛根湯加川芎辛夷に桔梗石膏と少量の大黄を入れてやる

 

 

など、大黄を便秘以外の理由で使うことはよくあります。

 

 

Drスランプアラレちゃんのキャラで、ニコちゃん大王という名古屋弁をしゃべるキャラがいましたが、ニコちゃんに言わせれば

 

まさに、大黄は

 

生薬界の「大黄さま」だがや〜

 

ニコちゃん大王 ぬいぐるみティッシュカバー
 

 

ちたま(地球)の資源をせっせこ回収するニコちゃん大王は、こちら↓


ニコちゃん大王|①チタマの資源をうばい取るニコちゃん大王

 

※ちなみに、ニコちゃん大王は靴を履いている足の部分が耳になります。グラサンかけてる家来とヒソヒソ話をするときは、靴を脱いでやります。どうでもいいか・・・。

 

 

 ☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございます^^ 

 

 

 

 

 

 

元気の秘訣はやっぱり・・・

医王湯の補中益気湯を飲むよりも効果があると思っているのは

 

 

走って、食って、よく寝る(笑)

 

 

最近、食べないことが良いような風潮になってますが

 

それで身体がもつのは、単純に身体を動かしていないからではないかと思います。

 

身体を動かさない→食欲↓→だるくて、さらに身体を動かさなくなるというのは、鬱っぽくなって引きこもる癖がついてしまいます。

 

器質的な問題がある場合もあるでしょうから、走ることに限定はしませんが、身体をうんと動かすと、モリモリと食欲が湧いてきます。

 

特に下半身の大腿筋を使う運動、例えばスキーやランニング、自転車を漕いだ後の食欲は凄いものがあります。

 

ご飯の美味しさも増す感じがしますね。

 

特に、ご飯と肉のゴールデンコンビ。

 

昔、ハーフマラソンを走ったことがありますが、後半ガス欠してきてフラフラになり、走っているときの頭の中は

 

大盛りのご飯でいっぱい(笑)

 

日本人はやっぱり、お米を食べないと^^

 

肉でも、牛肉。

 

※乾癬という病気の方は、肉を食べると悪化するのでお控えください。

 

最近、そんなにストレスもないのに鬱っぽくて疲れが取れないと思ったら、焼肉でも食べに行って、よく寝たら見違えるほど回復したりします。

 

運動と摂るタンパク質が足りなくなると、間違いなく鬱っぽくなります。

 

もう単なるタンパク質不足だったんじゃないかなと思うくらいです。

 

「食い力」

 

という言葉もありますが、食べれるということは幸せなことです。

 

補中益気湯や病後の食欲増進に効果のある六君子湯の共通点は

 

四君子湯(加減)に、みかんの皮の陳皮が入っていることです。

 

みかんの皮=陳皮は胃薬であったり、余分な水を取ったりする働きを期待して意外と多くの漢方に配合されています。

 

四君子湯単独では、人参のせいで胃にこたえます。相当へばっている時に十全大補湯を入れたら、もっとへばると思います。

 

ところが、胃薬の陳皮を入れてやると飲めるようになるという不思議、四君子湯に陳皮をいれたものを異功散と呼びますが

 

本当に弱っていても使える人参剤には、陳皮が入っています。

 

補中益気湯は升堤作用といって胃下垂など、たるんだ内臓の筋肉を引き締める効果もあります。

 

まずは胃腸の力を回復させて食欲を上げて、気力体力の回復をはかるという観点は漢方からも感じ取れます。

 

ただ、食ってばかりもどうかと思いますので、しっかりと身体を動かす習慣を持つこと。

 

そして基本的に8時間くらい、疲れがしっかり取れるように睡眠をたっぷりと取る。

 

 

 

富山の集落にいたとき、マムシを追いかけ回す強烈なオッチャン達は、おおよそ鬱という言葉に縁がなさそうでした。

 

 

それもそのはず、朝から仕事や農業の草刈りなどでうんと身体を動かし、しっかりご飯を食べて(オッチャン達に、ロカボなどという横文字の概念はありません(笑))、仲間とたくさん喋って、しっかり寝てるからでしょう。

 

 

 

走って(身体を動かして)、食って、よく寝る(笑)

 

 

 

これが、元気の秘訣かな〜とつくづく思います^^

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございます^^

 

 

今週のお題「元気の秘訣」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型肺炎について思うこと

僕の記憶の中で一番新しい、この手の新型ウイルス出現で世間が目に見えて騒がしくなったのは、10年くらい前の学生時代の豚インフルエンザでした。

 

衛生担当の教授が、世間は騒ぎすぎだと言っていたこと

 

友達が一人、また一人と欠席して教室が歯抜けになっていき、「豚インフル陽性です。自分と関わった人は注意してください」というメールが来たのを覚えています。

 

結局僕が感染することはなかったのですが、乗り換えで使うターミナル駅の、見覚えのある売店の店員がかかったとテレビで報道されるなど、物々しい雰囲気であったことを覚えています。

 

 

エビデンスがどうのこうのと言われそうなので、歴史の記録がてらというか、あくまで思うところを書いてみたいと思います。

 

 

※自己責任でお願いします^^

 

 

 

1.かかるときは、かかる

 

この勢いでは、N95だろうが、なんだろうがマスクをしても、どんなに注意してもかかるときはかかると思います。

 

連日、ニュース番組やワイドショー漬けだと恐怖に縛られて、家に引きこもるしかありません。

 

実際、お店などのお客さんが少ない気がします。

 

それでは、精神的にかえって不健康で別の病気になるかもしれません。

 

毎日怯えて暮らすよりも、考えうる、できる限りの対策をして、なった時はなった時やと割り切ったほうが、精神的にも健康的な生活を送れると感じています。

 

自分がかかってないから、のんきに言えるだけなのかもしれませんが。

 

ケ・セラ・セラ。

 

名曲「ケ・セラ・セラ」はこちらから↓

 

う〜ん、サムネの女の子の前のキノコはベニテングタケという毒キノコですね。食べたらあかんよ〜 


kyudou kagoshima ケ・セラ・セラ訳詞付) ドリス・デイ - YouTube2

 

 

2.寒気がしたら温めるのが原則

 

 

新型肺炎の情報が少なすぎて、一切裏付けがないのでいい加減なことは言いたくないのですが、

 

 

というか、せめて初期症状くらいしっかり伝えてほしいのですが

 

 

風邪でもインフルでも熱はあるんだけど、なぜか寒気がする

 

 

こういう感覚を覚えたことがある方は多いと思いますし、むしろそんなこと経験したことがないと言う人はいないくらい、こういう不思議な経験をしている方は多いと思います。

 

この時期は、身体が意図的に熱を上げて、熱に弱いウイルスを蒸し焼きにして叩き出そうとしています。

 

 

こういうときに、基本的にやってはいけないとされるのが解熱剤による解熱です。

 

 

というか、この時期に解熱剤を飲んでもおそらく熱は下がりません。

 

 

ウイルス蒸し焼きの最中に、火消しをするのはウイルス側の手助けをしているようなものです。

 

 

寒気してるときに解熱剤を飲んでも効かない話を聞くと、「いやオマエ、それはあかんぞ!」と身体が全力で抵抗しているように感じます。

 

 

心不全の人、妊婦さん、小さな子どもさんに高齢者の方、膀胱炎の場合は禁忌ですが

 

 

この時期に、発汗剤である葛根湯や麻黄湯を使って発汗(=熱を上げる)させると治ることが多いのです。

 

発汗「一発」療法については、こちらから↓

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

風邪は、汗かいたら治る!という世間の伝説はこの時期のことです。

 

症状の強さは、ウイルスの強さに比例します。

 

強烈な寒気や関節痛は、それだけ強いウイルス

 

あれ?なんか寒気、、、する?というのは、ザコのウイルス

 

戦車には対戦車の武器を、歩兵には対人の武器を使い分ける必要があります。

 

漢方では麻黄湯が、対戦車兵器というか最強の発汗剤ということになります。

 

インフルエンザのウイルスがそれだけ強いということです。

 

発汗には体力を使います。

 

だから、麻黄湯の箱の裏にあるように体力が要るうえに、使える人が限られるのです。

 

2時間程度、じわっと発汗させてやれば治ることが多いです。

 

葛根湯がなくても、暖房を効かせて、ニット帽かぶってマフラー巻いて、厚着して、熱〜いうどんをすすってやっても汗をかきます。

 

ただし、発汗「一発」療法です。

 

体力を消耗します。

 

発汗するのは、一発

 

一回だけです。

 

 

失敗したら、寝るしかありません。

 

 

僕は、ものは試しと、インフルエンザに葛根湯で発汗を3回やって全てぶり返した挙げ句に、足腰が立たなくなりました・・・。

 

 

解熱剤を使うのは、暑い暑いと布団をはぎたくなる、あの時期です。

 

 

さっきまで寒気してたけど、もう寒気がしない

 

 

ただただ暑い暑いとうなされる時期で、脳を守るためなど、どうしても解熱が必要な時に解熱をします。

 

 

ちなみに、この時期は全面戦争みたいなものでお互いに強い時にこういう症状が出ます。

 

若い証拠、というものです。

 

敵が強くて味方が弱いと蹂躙されます。

 

陰病と言って、症状がほとんど出ずに、だるいだるい眠い眠いとなります。気づかぬうちに重症化することもあります。症状が出ない分、見落とされがちだと思います。

 

高齢者の場合、これに気をつける必要があります。

 

その昔、大正時代にスペイン風邪が流行った時に、

 

なんであんなに死者が増えたのかと漢方の名医の先生が若い頃に、当時治療に関わった漢方の大家の先生に聞いたところ

 

「氷嚢で冷やしたから」

 

と返ってきたそうです。

 

明治維新で漢方は一旦ほぼ絶滅しており、当時は今以上に西洋医学一色で漢方なんて誰も知らないでしょうから

 

寒気がしていたら、温める

 

などということは、ほとんどの人が知らなかったと思います。

 

一部の漢方家以外はおそらく、一概に解熱をかけていたと思います。

 

 

今、テレビで死者の数値を見るたびに

 

 

「寒気してるのに、熱があるからって点滴入れて無理やり解熱したんとちゃうか?」

 

「高齢者の陰病(症状が出ずに、だるいだるい眠い眠いという、敵が強くて味方が弱い場合)を、無症状と見間違えたんとちゃうやろか?」

 

 

と思ってしまう自分がいます。

 

 

こればっかりは裏付けがないので、なんとも言えませんが。

 

 

 

寒気してるときは、原則として温める

 

 

 

これは、大切なことです。

 

 

 

3.漢方も考えたって〜!

 

 

漢方をやってる身として、言いたいのは

 

 

漢方の存在も考えて〜ということです。

 

 

本場中国の中医師の方がどう動いているかは存じ上げませんが・・・

 

 

ワクチンだ、抗ウイルス剤だと

 

 

「敵を倒す」ことに気をとられすぎている気がします。

 

 

漢方の一番の強みは、味方を補える

 

 

ということです。

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

 

患者自身の気力体力を補えるという強み・観点があります。

 

 

エビデンスがないという意見もありそうですが

 

 

未知の病原体にエビデンスなんてあるわけがないと思います。

 

 

今あるもので、なんとかならんか・・・

 

 

点滴入れて、本人の体力任せでしか治療ができない現状を鑑みると

 

 

抗ウイルス・予防のワクチン以外の観点で、漢方にも目を向けることはできないものかと、もどかしい気分になります。

 

 

亡くなられた方に冥福をお祈りいたします。事態が収束するのを願ってやみません。

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございます^^