ココロの漢方

写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、一風変わった薬剤師が日々の思いを綴ります。

夜明け前が、1番○○といえば、「暗い」だけれども、、、

途中で諦めてはいけないという戒めでよく使われる例えで

 

夜明け前が、1番○○といえば、

 

夜明け前が一番暗い!

 

ですが!!!

 

 

僕は、実感できません(笑)

 

 

実感できないのは、僕だけではないはず・・・。

 

 

しかし、

 

 

雪の降る寒い地域に住んで感じるのは

 

夜明け前が一番、、、

 

 

 

 

寒いっす(笑)

 

 

 

 

これは、実際本当のことでして

 

 

tenki.jp (日本気象協会)

 

 

のスマホのアプリで、僕は天気予報を見てますが

 

 

右下に現在・現在地の気温が出ます

 

 

その気温をタップすると

 

 

その日の最高、最低気温を何時何分に記録更新したか表示されるんですが

 

 

最高気温は、真夏でいうと2時とかで、意外と正午ではないとわかります。

 

 

最低気温は、年間通して、フェーン現象さえ起きなければ

 

 

夜明け前

 

 

が一番低いことが本当に多いです。

 

 

今の季節でいうと、朝の4時、5時がそうです。

 

 

どっちでも、ええやろ(笑)

 

 

と言われそうですが

 

 

朝の太陽出る前から、スタンバイして写真撮る身としては、

 

 

冬の夜明け前の寒さは、あれはもはや「痛み」です(^_^;)

 

 

やはり僕的に、1番しっくりくるのは

 

 

夜明け前が、1番寒い

 

 

ですね(^^)

  

 

ああもう、どっちでもええわ!という声が聞こえそうですが

 

 

冬になって体感出来る方が、戒めがしっくりくると思ったのと

 

 

昨日の、世界的写真家の方の話といい

 

 

「途中で諦めない」

 

 

系の記事を意識して今回も、同じニュアンスで(^^)

 

 

☆今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございます😊