ココロの漢方

オカリナを愛し、写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、一風変わった薬剤師があまり知られていない漢方の知識や、漢方を使っての日々の健康管理、多趣味のことなどを幅広く、不定期に気ままにつづります(^^)/

ミシュランのラーメン屋さんが歩いていける場所にある幸せ〜貪瞋痴@氷見〜

 

さて、歩いていける場所にミシュランのビブを獲得したという

 

貪瞋痴(とんじんち)というラーメン屋さんがあります

 

f:id:dreamtraveler31:20190129200702j:plain

 

知る人ぞ知るお店で

 

連日、行列ができています

 

僕の一押しは、、、

 

白醤油ラーメン

 

f:id:dreamtraveler31:20190129200733j:plain

です。

 

この透き通ったスープ\(^o^)/

 

こればっかり食べてるわ(笑)

 

味わうコツがありまして、それは

 

 

 

最初のスープ一口に、全神経を集中させる

 

 

 

ということです。

 

 

後半になって、お腹が満たされてくると美味しさがわかりずらくなります

 

 

最初に、チャーシューも、麺も、たまねぎも、ネギも避けて

 

 

スープを一口。

 

 

この最初の一口に、全てが詰まっています。

 

 

もはや、書くことは何もありません^^

 

 

元はワインバーですから、そんな雰囲気のカウンター席。

 

 

白醤油は、僕も家で使っている白だしの有名メーカーの七福を使われているようです。

 

f:id:dreamtraveler31:20190129200943j:plain

 

そして、ラーメン通はここまで見ているというザル。

 

f:id:dreamtraveler31:20190129201031j:plain

 

通は、平ざるを好みます。

 

 

大阪の煮干し系で一押しのお店、天六のいぶき

 

 

も、麺を泳がせて平ざるで上げていましたね。

 

 

近くには、氷見ラーメンのお店もありますので(間違わないように・・・)

f:id:dreamtraveler31:20190129201105j:plain

 

こちらは、貪瞋痴とは、正反対のとんこつ系の濃厚なラーメンを楽しめます

 

 

両店はT字路の角の、公衆トイレを挟んで目と鼻の先

 

 

今日は、こってりしたのが欲しいんやな〜というときは

 

 

こちらの氷見ラーメンのお店に行くこともあります。

 

 

貪瞋痴は、T字路の角のこちら。

f:id:dreamtraveler31:20190129200702j:plain

 

営業中とかの看板もないんで、わかりにくいっす(笑)

 

 

氷見は、寿司だけではないのだ〜✨