ココロの漢方

風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた少し変わった薬剤師が、健康を保つために漢方を自分で使えるようになるための考え方や、ドラッグストアレベルの漢方を使っての日々の健康管理、価値観や多趣味の事などを不定期につづります^^

あの漢方にも入っている!? 裏方でさりげなく頑張っている二陳湯のはなし

先日も記事にしましたが、応用を効かせるために必要なことの1つとして

 

数字のつく漢方を覚える

 

ということが重要です。

 

今回は、ドラッグストア販売漢方におそらく、一番多く含まれているであろう数字のつく漢方を紹介していきたいと思います。

 

それは、、、

 

二陳湯です^^

 

にちんとう、と読みます。

 

う〜ん、聞いたこと無いわと思われた方も思われない方も・・・

 

しかし、聞いたことがあろうとなかろうと、ドラッグストア販売漢方にも多く含まれています。

二陳湯の構成生薬は

 

陳皮(ちんぴ)

 

半夏(はんげ)

 

茯苓(ぶくりょう)

 

生姜(しょうきょう)

 

大棗(たいそう、だいそう)

 

です。

 

二陳湯だからといって、決して、2つしか入ってないことはありません。

 

三黄瀉心湯や四物湯のように、本当に名前の数の通りの生薬で構成されているものもありますが、

 

二陳湯(5つ)や六君子湯(8つ)みたいに、いったい何でそんな数字がついているのかというものもあります。

 

理由は調べれば出てくるのかもしれませんが、今回は割愛します。

 

さて、この二陳湯の構成生薬をパッと見たとき、

 

生姜と半夏のコンビは、吐き気止め&半夏の副作用防止

 

※半夏は生薬を舐めると、舌が痺れると言われます。漢方薬局勤務時代、絶対に舐めるなと言われました(笑) 生姜と組み合わせて、その作用を抑えます。

 

小青竜湯でわかるように、乾かす力の強い半夏↓

f:id:dreamtraveler31:20190502113650j:plain

毎度、おなじみ。カラスビシャク。地下の芋みたいなところを半夏として使います。


 

利水効果のある茯苓

 

が目に入ります。

 

二陳湯は、例えば胃内停水といって

 

昔の僕がそうでしたが

 

胃の中の水分がうまくさばけてなくて、体をゆするとポチャポチャいうタイプの人によく効きます。

 

水分バランスの異常を治す、過剰なものを本来あるべき姿に戻していく

 

そんな感覚です。

 

子供さんで、ゲホゲホというよくある気管支の腫れ上がった喘息「ではなく」

 

 

ゼロゼロゼロ・・・と大量の痰のようなものが絡むようなタイプの喘息にも使われます 

 

 あと、僕は花粉症の鼻水ドバドバにも応用します。

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

麻黄附子細辛湯や小青竜湯加附子では、効きすぎて口が乾いてしまい、人と接する予定があると辛いです

 

なので、鼻水だけを止めるために、藿香正気散と当帰芍薬散をのんで、鼻水の滝を止めていました。

 

 

二陳湯ですが、医療用の添付文書を読むと、効能効果はなんと、、、

 

悪心・嘔吐

 

とあります。

 

まあ、確かにそうですが、、、

 

こういう水分バランスの異常、特に水分過剰な状態を元に戻していくイメージも持っておきたいですね。

 

ドラッグストア漢方に含まれるって、どの漢方に?と言われたら

 

六君子湯(りっくんしとう)

 

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさん か ちんぴはんげ) ※生姜なし

 

釣藤散(ちょうとうさん)

 

竹茹温胆湯(ちくじょ うんたんとう)

 

参蘇飲(じんそいん)→ドラッグストアにある場合も稀にあります。

 

藿香正気散(かっこうしょうきさん)→ドラッグストアにある場合も稀にあります。

 

 

といったところでしょうか。

 

 

 

名前から存在を片鱗も感じさせない、完全に隠れ二陳湯です(!?)

 

 

これらの漢方を使う時に、二陳湯を意識すると面白いし、応用が効くと思います。