ココロの漢方

風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた少し変わった薬剤師が、健康を保つために漢方を自分で使えるようになるための考え方や、ドラッグストアレベルの漢方を使っての日々の健康管理、価値観や多趣味の事などを不定期につづります^^

今年も猛暑っぽいので、白虎加人参湯と熱中症のはなし 〜暑い日に持参したい漢方〜

昨年は、灼熱地獄の夏でしたが

 

今週も30度越え予報が出ており、早い段階から暑くなりそうなので

 

熱中症対策と漢方について書いてみたいと思います。

 

この漫画、ものすごーく面白いっす↓ なんと、最近暑いせいか、無料(笑)


熱中症に気をつけよう! 【公式】TVアニメ『はたらく細胞』/第11話「熱中症」

 

 

熱中症についてはこのサイトが非常に詳しく書かれているので、省略させていただきますが

www.ajha.or.jp

 

要は、本来働くはずの体温調節機能が全く働かなくなって、体温が上がり続けて最悪死に至る、非常に危険なものです。

 

 

 

予防法は、僕が思うに

 

 

炎天下での作業を控える。以上。

 

 

いや、炎天下で作業しなければいけない人もいる!と反論されそうです

 

 

確かにそうなのですが、近年の暑さは「異常」です。

 

 

意外と、昔の感覚で動いたりすることが多いので、最近は異常であると認識して、極力控えること。

 

 

昔の人が設定した「土用期間」、特に真夏の土用期間に作業日を設定することを慎んだほうがいいと思います。

 

 

あと、屋内でも熱中症は起こります!

 

 

高齢者のように、暑さを感じにくい人、昔ながらの気質でなんでも我慢!という人は要注意です

 

 

高齢者の場合、農家以外の方であっても熱中症は、屋内でも起こりうることを意識したいですね。

 

 

熱中症は、気合や根性、大和魂でなんとかなるものではなく、一旦症状が出れば救急車一択です。

 

 

漢方は予防の気休め程度であると考えたほうがいいです。

 

 

 例えば、草刈りを夏の日にやらなければならない理由もわかりますが、土用期間だけは避けたほうがいいです。

 

 

僕は、ほぼ強制出席の草刈りがなぜか夏の土用の期間にあったとき、漢方に頼らんでいいわと甘く見ていて、熱中症で頭痛のレベルまでいったことがあります。

 

 

古人の経験則には、意味があると痛感したものです。

 

 

熱中症の場合、

 

 

体の温度が異常に上がってしまうこと

 

脱水状態になること

 

 

これらで悪循環に陥るのが問題です

 

 

となると対策としては

 

 

体を冷やす

 

脱水を予防する

 

 

ことが大事になります。

 

 

そこで、気休めといってはなんですが、使えるのが

 

 

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)です

f:id:dreamtraveler31:20190520182802j:plain

コスモス薬品という、ドラッグストアにありました。

 

白虎加人参湯の構成生薬を分析します

 

知母(ちも)

 

石膏(せっこう)

 

人参(朝鮮)

 

粳米(こうべい)

 

甘草(かんぞう)

 

です。

 

 

英単語&イディオム式分析すると、単純で

 

 

知母と石膏で冷やす

 

人参、コウベイ、甘草で体内に水分を蓄え、脱水を予防する

 

 

とこんな感じになります。

 

 

上がろうとする体温を、知母と石膏で冷やし

 

脱水を、残りの生薬で予防する

 

 

というわけで、

 

 

一旦なってしまった熱中症を治すことは漢方でもできません。

 

 

救急車一択です

 

 

救急車を待つ間に、白虎加人参湯を余力があれば飲んでもいいかもしれませんが、倒れてしまっては飲めません。

 

 

根性論でどうにかなるものではなく、炎天下での作業は、原則控えること

 

白虎加人参湯を飲むなら、作業前と作業後に飲んで、すみやかに冷房の効いた空間で休むこと

 

あかんと思ったら、迷わず救急車を呼ぶこと

 

 

が肝要になります。

 

 

 

積極的にヘタれになること。

 

 

 

命あってなんぼですから、夏の異常な暑さをナメてかかることのないように注意していきたいですね。

 

 

【第2類医薬品】白虎加人参湯 エキス細粒89 2.0g×30包

【第2類医薬品】白虎加人参湯 エキス細粒89 2.0g×30包