ココロの漢方

写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、一風変わった薬剤師が日々の思いを綴ります。

気嵐@富山湾「早天の光」

久々に冷え込んだ朝

 

出ました、気嵐\(^o^)/

 

f:id:dreamtraveler31:20181202093628j:plain

 

海越しの立山連峰から昇る朝陽と

 

白く沸き立つように、龍のように連なる気嵐

 

何気なく印象的だったのは、

 

横一直線に、規則的に連なる波でした。

 

これが、まるで気嵐が手前に迫ってくるような感覚を覚えさせる

 

立山連峰から太陽が昇る瞬間は

 

見た人にしかわからない、ものすごく神々しいものがあります。

 

神々しさと、力強さと。

 

今回は、本当に久々にカメラを手に取り、撮影に。

 

手ぶれ補正がぶっ壊れてるので、脇を締めて気合でブレ止め(笑)

 

海からの湿気もあり、刺すような痛みのような寒さ

 

真夏は37℃以上あったのに

 

気づけば、紅葉も真っ赤になり散りゆく

 

明日からずっと雨が嘘のよう

 

その雨は、ぶり起こしと呼ばれる、下から上へ放電する特殊な冬季雷とともに

 

みぞれに変わり、雪に変わっていく

 

厳冬期の鉛色の空が続く厳しい冬の前に

 

貴重な太陽を拝みます。

 

次に太陽が現れるのは、いつのことやら。

 

たまには、こういうのもいいな〜✨

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡