ココロの漢方

写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、一風変わった薬剤師が日々の思いを綴ります。

日本に生まれただけで幸せ! 〜グラミン銀行インターン体験記②〜

日本に生まれただけで幸せ

 

これを実感したのが、学生のときに行った

 

バングラデシュのグラミン銀行のインターンでした。

 

前回の記事で紹介した、郊外の支店での泊まり込み研修

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

サムネの写真の右から2人めが、コスタリカから来たアーノルドという青年でした

 

 

泊まり込み研修の最終日のこと、

 

 

バングラデシュは人口過密で、毎日、計画停電があります。

 

 

予告なしに、ブッツリ落ちます(笑)

 

 

それまでに、シャワーや食事などを済ませておきます。

 

 

その日、いつものように停電して

 

 

アーノルド 僕 エリアマネージャー 前回出てきた、英語ーベンガル語通訳のマティン

 

の4人で机を囲み、僕のLED懐中電灯を天井に当てて反射させた、

 

高級間接照明の中

 

歓談していて

 

あるとき、なぜグラミン銀行に来たかという話に、というか当然の流れでなりました

 

そのとき、アーノルドが言った言葉が今でも強烈に残っています

 

 

僕は、コスタリカの出身だ

 

祖国は、とても貧しい

 

治安が悪く、家を守るために自分はウージーサブマシンガンで武装している

※サブマシンガン=拳銃の弾を連射できる、コンパクトな機関銃

 

ここに来て、可能な限りグラミン銀行のシステムを学び

 

貧しい祖国を豊かにしたい

 

 

 

もう、興味本位で来ましたなんて言えないですよ、、、

 

 

日本には、そう

 

 

戦後の焼け野原

 

明治の、坂の上の雲の頃

 

には、そういう考え方があったでしょうが

 

 

今の日本には、絶滅した考え方

 

 

こういう、これから発展していこうという強烈なエネルギーに触れられたことも大きな宝ですが

 

 

日本に生まれたって、本当に幸せなことやなあと、つくづく思ったものです。

 

 

日本に帰ってきて感動したのが、空港のリムジンバスの美しさ

 

 

バスの運ちゃん同士で喧嘩しない。喧嘩して、隣のバスのミラーを木の棒でぶっ壊さない

 

バスにドアがある

 

ちゃんと、ブレーキを踏んで停まる(バングラでは、ときどき、前のバスにぶつけて停まってましたよ、、、)

 

道端にゴミが落ちていない

 

強烈な鼻が曲がる異臭がしない

 

 

3割増しで、本当に光って見えました

 

 

日本に生まれただけで、僕らは本当に幸せなんですね^^

 

 

見落としがちですが、ふと思ったので今日はこのことを。

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

 

f:id:dreamtraveler31:20180423015132j:plain

 

途上国の子供の笑顔、めちゃくちゃ素敵です☆