日本一ナマケモノの薬剤師(自称)、広瀬謙典のぶろぐ

北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、日本一ナマケモノ(自称)薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。漢方薬局にいたこともあります。好奇心の赴くまま、色んな経験を積み、過去の経験から、せっせこ溜め込んできた知恵や知識などをつらつらとブログとして書きます(^^)/  結果として、元気になった、勇気づけられたなら幸いです。 今年度内の独立起業を目指して、ジャグリングのできる薬剤師にもなるべく富山のすみっこで少しだけがんばっています

花粉症の鼻水ドバドバに効いた漢方例〜藿香(カッコウしょうき)正気散+当帰芍薬散〜

さて、クルマのフロントガラスに積もった花粉が黄砂に見えるくらい舞うと
IMG_3458


都会で症状が出ない自分でも、さすがに花粉症の症状が出ました
IMG_2451 (1)


こんなのが、あちらこちらに(T_T)

冷え性なので温めることが肝要になります

そこで

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 



で書いたように、麻黄附子細辛湯をのんで みましたが

 


口が渇く

イライラする

大好きなコーヒーをのめない

夜、寝る前に飲めない

 


など、


ストレスが半端ないため


新たな漢方を試すことに


家にあったもので、思いついたのが



藿香正気散(かっこうしょうきさん)





当帰芍薬散


の組み合わせ。

 



結論

 

 



「効いた!」

 

 



それも、想像以上に・・・。



藿香正気散は、もとより


夏風邪や、ノロウイルス、お腹にくるカゼにつかうものですが


構成生薬のうち

チンピ

ハンゲ

ビャクジュツ

ブクリョウ

ショウキョウ

カンゾウ

 


の6つは、二陳湯(にちんとう)

 


といって、水毒(すいどく)という

 


なんというか

 


体内の水分バランス調整がうまくいってない人

の水分バランス調整をしてくれます。

 


胃の中で水がチャポチャポ音がするようなヤツ(胃内停水という)ですね。

 


水分過剰といったところでしょうか。


二陳湯は、単独ではなく

有名な、ドラッグストアで手に入るもので言えば

六君子湯

の構成生薬8つのうちの6つは、この二陳湯です。

 

 

六君子湯は朝鮮人参が入ってるので、結構お値段高め。




二陳湯ベースの藿香正気散に加え


花粉症の体質改善にも使われる


当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 


当帰芍薬散も、体内の水分バランスの調整や流れを良くしてくれます。


この組み合わせなら、


花粉症の、あの

滝のような鼻水ドバドバに効くのではないか???

と試してみました。



もちろん、風呂のお湯くらいの温度のお湯で飲みましたが


思わぬ効き目にびっくり。


藿香正気散には、陳皮や生姜など胃に優しい胃薬にもなるような生薬も入っており

胃に優しいのです。

もとより、胃腸カゼに使うものですし。



麻黄を含まないので、夜にも飲めますし


朝、コーヒーものめます。


ただ、効くといっても

 


やはり、朝は鼻水はそれなりに出ますのでティッシュ必携です。

 


症状が酷いときは、2時間くらいしかもちませんが、麻黄が入ってないので

 

 


もう一度のんでも胃が荒れたりすることはありません。


ただ、鼻をかむ回数が激減します。


あと注意点として、麻黄附子細辛湯の記事でも書きましたが

 


冷えて悪くなる、普段から冷え性気味の人にはいいですが


温めると悪くなるタイプの、鼻づまりがメインの方にはやはり向きません。



★それでも、なおくしゃみが止まらず、鼻水も止まらない場合に、自分の場合、麻黄附子細辛湯を「半量ずつ」のむことにしています。

麻黄剤には、慎重にありたいですね^^


お試しあれ♪



※自己責任でお願いします^^


 

☆夏。追記。

 

真夏で、クーラーの季節ですが、クーラー効かせまくった部屋で冷えて体調が悪くなる

 

俗に言う

 

クーラー病

 

にも、藿香正気散は効きます。

 

年中大活躍♪

 

そして、我が家には

 

クーラーがありません(T_T)

 

北陸に来て最大の謎、真夏死ぬほど暑いのに、ほとんどの古民家にクーラーないってなんやねん(T_T)

 

 

後日、追記。

 

エアコン付けました(-ω☆)キラリ

 

 

2018年 7月31日。

 

 

その日、人類は思い出した・・・

 

 

エアコンは、人類最高の発明であったことを・・・。

 

 

 

 

災害レベルの猛暑のため、品薄のウインドエアコンを奇跡的にゲッツして取り付けました(-ω☆)キラリ

 

 

 

<まとめ>


・藿香(カッコウ)正気散+当帰芍薬散で鼻水ドバドバ解消

・基本的に、普段から冷え性気味、冷えて悪くなる人向け

・効くといっても、ティッシュ必携

・胃に優しい

・ひどいときは、2時間くらいしか持たないが、麻黄が入ってないので胃が荒れたりしないので、もう一回のめる


※当帰芍薬散の当帰は実は、副作用があります。

下痢や軟便、あとはシクシクとした腹の痛みです。

こういう場合は、1日1回に減らすか、それでも出るなら当帰芍薬散をのまないようにします。