漢方好き!異色の経歴の若き薬剤師、広瀬謙典のぶろぐ

漢方薬局におった、北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、異色の経歴をもつ薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。 自身の経験にもとづく考えやアイデンティティを発信していく場として、また交流の場として活用していきます^^

後編。7つの習慣ボードゲームから、学んだ5つのこと

 

意外と人気のあった、マニアック凝り性話の続編を書きながら

 

そういえば、7つの習慣ボードゲームの、後編書くの完全に忘れとったわ^^;

と気づいたので


3つだけ、項目は以前に書いてたので

 

オレ自身への落とし込みも含めて、書きます。



 

23667077_1424918350939379_1936190016_n

※この写真は、他の方が撮って、参加者の方に送っていただいたものを使用してます。
めっちゃ、綺麗^^   前編のオレが撮った写真、あれは反省モノですね(笑)


 

3.お金はなくならないとして、ミッションやゴールに必要なやりたいことをやる



これは、マジで痛感しました。

 

そう、このゲームは他のプレーヤーからお金(ゲーム上ですよ)を借りることもできます。

 

つい、お金を残しときたいとか、お金ないからできない、とかなりそうになるんですが

 

本当に達成したいことであれば
 
お金はなくならない
 
ものとして、あとから調達するものとして
 
やりたいことを、やるべきやと痛感しました。

 

これは、他の方を見ていて感じたことです。

 

たとえ、その時点で手持ちがなくなったように見えても
 
終了後は、ある程度残ってました。

 

終了時点で所持金0コビーの人は、マジで0でした。

 

博打というか、借金癖も考えものですが

 

本当に達成したいことがあれば
 
お金はなくならない
 
の信念のもと
 
どっからともなく調達してやるべきやな、と。

 

てか、なんとかなりますね。

 

振り返れば、そういうこといっぱいやってきました。
 
例として
 
自分自身が、カメラを買う時にも同じことをやりましたが
 
やはり、なんとかなったし、そのカメラが与えてくれた影響は計り知れないことを考えると
 
予算で人生判断するのは、非常にもったいないと思います。

 

博打と区別する必要がありますが、




直感的に、今これやっとかないと、一生後悔する
 
 
 
と感じるものなら大丈夫やと

 

今までの経験で思うので、今回のゲームで改めて身に染みることになりました。




4.将来に備えてとっておくか、今使うか

 

ステージが上がる時に、一枚カードをもらって

 

お金を調達する

 

研修受講する

 

刃を研ぐカード引く

 

など

 

どれか一つその場で選ぶか

 

使わずに、その後必要になった時のためにとっておく

 

ということができます。

 

これは、面白いですね

 

もしものために、ひたすら備えていくか
 
今を生きるとして、この瞬間ほしいものに使うか(笑)

 

オレは、今はともかく、以前は備えまくっていくような生き方やったので

 

あえて、一切取り置きせず、その場で必要なものを得ていく形にしました。

 

反対の生き方をゲーム上でシミュレーションするには
 
命も取られないし、楽しいです^^

 

ゴールは一枚カード足らずでできなかったけど、ミッションは無事クリア。

やっぱり、なんとかなるもんや。




5.人の成功を助ける

 

これは、つくづく思いました。

 

他の人が、これで自分は達成できます!

 

と言えば、その条件に必要なものを差し出したいという思いがでてくるもんなんやと

 

実感。

 

そう、言う必要があるという・・・

 

つまり、何がほしいか
 
どうしたいかを
 
明確にしておかないと、言えない。

 

今、自身が一番悩んでるテーマですね、これ。



人って、誰かの役に立ちたいと思っている動物なんやないかと



先月、市内で他の人のために救急車を呼んだことがあったのですが

 

幹線道路でオレは車やったから、すぐに駆けつけれて119できたので

 

道路向かいの人が、では自分は110かけます

 

で横断歩道渡って来た人は、何か手伝えることはないですかと




あのときほど、人の本質を見たときはなかったですね。
 
美しいもの持ってますね。





書きながら思ったのは、やはり、こうしてゲーム後に記事などの形でアウトプットして書くと
 
良い復習になること
 
そして、まだ体験してない人に多少なりとも影響を与えられるのではないかと
 
いうこと。



色々書きましたが、結局

 

「百聞は一験にしかず」

 

験です。体験です。見るのではなく。

 

四の五の言わずに、まずやってみることですね。




5つ、まとめ。
 
1.思考の過程は、影響受けてる経営者によるものが大きい
 
2.何が何でも達成するという意識⇔ミッションのハードル上げちゃったけど、結局達成できた
 
3.お金はなくならないとして、ミッションやゴールに必要なやりたいことをやる
 
4.将来に備えてとっておくか、今を生きるか
 
5.人の成功を助ける


あと一つ、追加するとすれば



まあ、なんとかなる。




↑けっこう、本気で。