漢方好き!異色の経歴の若き薬剤師のぶろぐ

漢方薬局におった、北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、異色の経歴をもつ薬剤師のブログです。 自身の経験にもとづく考えやアイデンティティの発信の場として、交流の場として活用していきます^^ 今年度中の独立起業のため奮闘中♪

美術館や音楽など芸術鑑賞の自分なりのポイントと一流について思うこと

前回は、

芸術に全く興味がなかった頃から、どっぷりになるまでの経緯を記しましたが

今回は

美術館など芸術鑑賞

一流について思うこと

を書いていこうと思います。


まず、美術館ですが

基本的に、身につけている時計や電磁製品外して、ロッカーにほりこみます。

あと、時間気にしないでいい日に来ます。

後ろ押してると、全く集中できないので。

それから、音声案内もなしです。


後世の人間が勝手につけた解釈は、はっきり言って邪魔になります。


てゆーか、、、


邪魔です(笑)


テストのように正解はないので


自分の感性を、感じたことを大切にします。


知名度は、嫌でも確実にその絵を見る心を曇らせます。


なんや、このよーわからん絵は!?




え? サルバドール・ダリ!?



・・・。シュールレアリスムの、この感じがダリって感じでいいよね〜


みたいに、マジで・・・。


知名度がなくても、心に残る絵がその人にとっての名画やと思います。


あと、作品のエネルギーに触れる方法として



絵を真横から観る



という方法があります。


絵の具の厚みを観るということです。


その厚みや塗り方の加減で伝わるものがあります。


そして、究極が


額縁。


そう、これも立派な芸術


今まで見た中で、1番印象的やったんが


倉敷の大原美術館


共通券で4つ見れるうちの


児島虎次郎記念館


の作品の額縁でした。


その絵のために、丹念に製作されたものもあり、かなりというか


大原美術館の4つ見れる中で、1番面白かった。



作品がいまいちピンと来ないときの楽しみでもあります。


知名度に左右されない方法として



展示室に入ってすぐに、見渡す



という方法を使います。


すーっと目がいくものにまず、向かう。


こうすると、よほど有名なモノ以外は、知名度に左右されにくくなります。


有名な人のものである場合もありますが、聞いた事ない人なら、新しい発見になります。


要は、

いかに知名度や他人の解釈を抜いて、自分の感性を信じれるか

です。



これは、クラシックの音楽もそうやと思ってます。


20代前半の頃は、エミネムとか50セントとかバンバン低音鳴らして聴いてましたが


近年は、クラシックメインです(もち、ロックもエミネムもたまには聞きますが)



よく、どの曲が好きかと言われて困ります。


これも、上の絵と同じで


指揮者やソリストの解釈が、自分の感性にどれだけ近いか


やと思います。


チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲でも


1番好きなのは、


ユーリ・テミルカーノフ指揮、庄司紗矢香さんソロ、サンクトペテルブルグフィルの演奏です。





第一楽章で何度涙を流したか。


これこそが、1番大切なことで


カラヤンが指揮してるからとか


ハイフェッツが弾いてるからとか



そういうのを抜いて自分の感性に近いものが、1番のその人にとっての名作なんやと思います。


一流についても同じことが言えると思います。


高級な有名所をついつい、これが一流やとか思い込むとそう見えてきますが

一流といわれる割に、スタッフがイラついてる感じがするとか冷たい感じがするとか

なんかそういうのを、ふっと感じても、

一流やし、気のせいかなと思ってしまったり、

これは形、見せかけの一流やと思っています。

某、一流と言われる高級な所で働いたことあるんで、そういうの目の当たりにしたことあります。


もちろん、使命感に溢れた人にもいっぱいお会いして刺激を受けてますので、そこは擁護しときます。。


全部が全部そうではないですが、そういうところもあります。

逆に

無名の

スーパーのレジで、丁寧なやさしい接客されて顔覚えてて、いくつかあったらその人のところに並ぶとか

※実際に体験した話です。


あ、でもスーパーやし、高級じゃないし・・・

とか思ってしまいますが、


そういうのも、立派な一流やと思います。


高級な、世間的に一流と言われてるところ=一流ではなく


何をもって、一流と定義するか


が大切で


これは、自分の感性というか、良い感じに心が動いたものすべて


やと思っています。




これらは、自分が芸術作品の鑑賞を通して、また一流と「言われている」場所で実際に働いて感じたことです。


知名度、世間の評判を外して


ふっと自身の感じたことを、大切にすることが1番大切ですね^^


希望の揮毫

無名といえども、伝わるものがあるので、これもオレの中で一流の書。