ココロの漢方

風景写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた少し変わった薬剤師が、健康を保つために漢方を自分で使えるようになるための考え方や、ドラッグストアレベルの漢方を使っての日々の健康管理、価値観や多趣味の事などを不定期につづります^^

気嵐(けあらし)〜厳冬期の風物詩〜が9月に富山湾に出没@氷見

氷見秋の気嵐NAME

気嵐(けあらし)

厳冬期の刺すような痛い寒さの冬の日本海の風物詩ですが

なんと、この9月の末に見ることが出来ました(≧∇≦)

日本海は暖流であり、暖かいのでこのように外気温との差が極端になると霧になります。

さらに、この場所は東側に立山連峰を配し、そこから昇る朝陽とセットになります。

その美しさたるや、息をのむものがあります。

少し、高いところから見たほうが気嵐はよく見えますよ(^^)/

今朝の気温は、10℃あるかないかでした。

放射冷却で冷え込み、気嵐の予測をしていて超早起きした甲斐があったぜ。。

昨晩より冷え込み、古民家はくそ寒く

7月中旬にスポイトで、ファンヒーターの残り灯油を抜いたかと思えば

2ヶ月後に再び出すという、、、

寒すぎやで、しかしw

★明日朝も冷え込むので、北陸含めて北の日本海側の人、ワンチャンありますよ(^^)/


★写真は、以下のサイトでも掲載しています。
 
世界向け発信なので、英語です。
 
 
ナショナル ジオグラフィック Your Shot