ココロの漢方

オカリナを愛し、写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、一風変わった薬剤師があまり知られていない漢方の知識や、漢方を使っての日々の健康管理、多趣味のことなどを機嫌のいいときにだけつづります(^^)/

スキーウェア編〜漢方好きな薬剤師の携帯漢方セット③

さて、3回シリーズの最終回

 

①はカバンに入るような携帯用のものを

②はクルマ用

 

 

そして、③はこれからのシーズンで活躍、スキーウェア用です(^^)/

 

 

1.通導散→車同様、事故ったとき救急車呼んでから

 

2.五苓散(もしくは胃苓湯)→お腹こわした時用。意外と多くないですか?当日、お腹壊すこと・・・。

 

3.葛根湯→寒気、こわばりなどカゼのひきはじめの、発汗一発療法用

 

4.芍薬甘草湯→滑り終えて帰宅時、ブーツを脱ごうとしたら足がつって、どうしようもないとき。これも、シーズン始めは意外と多そう。

 

5.麻黄附子細辛湯→アレルギー性鼻炎の鼻水の滝用。2月中旬からの杉花粉シーズンから活躍。コーヒーなどカフェイン類は避ける

 

6.黄連解毒湯→多めに持参、効くか効かないかはともかく止血用。

 

こんな感じで、まあスキー場でこれになると困るな〜と思ったもの、実際困ったものを参考に

 

重すぎず、かさ張らず

 

で胸ポケットにしまえるサイズで考えて、これになりました。

 

通導散は、桂枝茯苓丸よりも強力な駆瘀血剤ですので、注意が必要です。

 

駆瘀血剤も、治打撲一方のように川芎が入っているものはダメです、頭を強く打った場合に使えません。

 

通導散の代わりに、ドラッグストアの桂枝茯苓丸とクラシエの「調胃承気湯ベース」のワカ末漢方便秘薬を併せて、桃核承気湯のようにして代用が効きそうですが、説明書に書いてある、妊娠初期の人のように使えない人は絶対NGですので注意してください。

 

 

 ☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡