ココロの漢方

北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、一風変わった経歴の薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。漢方薬局にいたこともありますが、生き方を根本的に変えて、自分本来の良さを認めて自他ともに豊かに生きていくことが、より本質的な医療であるという思いがあり、好奇心の赴くまま、色んな経験を積み、様々な分野の一流の人に学んだりしていった経験から、せっせこ溜め込んできた知恵や知識などをつらつらとブログとして書きます(^^)/  結果としていっぱい笑った、元気になった、勇気づけられたなら幸いです。

ホテルの若き料理長から教わった深イイ話 〜放浪時代のはなし〜

昔、放浪していたときホールスタッフを住み込みでしていた

 

某ホテルの料理長は、僕より少し年上の、当時で30前半くらいの人でした

 

若くして、自分よりずっと年上の一癖も二癖もある調理場の気性の荒い男集団のトップになったその方とは

 

従業員食堂で、鉢合わせしたときにいろいろお話を聞き出すことに成功して、

 

今でも心に残っているのでこの機にシェアしたいと思います。

 

 

以下、料理長のお話(口調もなるべく、当時に近づけて再現)

 

 

オレたちの仕事はよう、10年続けられるもんが少ねぇんだ

 

本当に厳しい世界でな。

 

今は、マシになったけど昔は殴る蹴るは当たり前だった

 

でもよう、最初に基礎をしっかりやっておくとな

 

まあ、この数年が本当に辛いんだけどな

 

続けてると、後になってこの基礎が生きてくるんだよ

 

どういうことかと言うとな、基礎をしっかりやった結果

 

応用が効くんだよ

 

ただ、せっかく基礎やってもよ、途中で辞めちまったら意味ねーから

 

 

 

だからよう、とにかく継続だね

 

 

続けることだよ

 

 

と静かに小さな声で、時折何かを回想するように小さく頷きつつ、笑顔で話してくれました

 

 

 

普通、住み込みのホールスタッフと厨房の料理長が会話するなんてあり得ない感じですが

 

僕は、普段からでかい声で挨拶したり、包丁扱ってる後ろを通るときは、

 

後ろ通ります!

 

と声かけてから通ったり、なんでも立ち姿がいいとかで

 

なぜか、このヤクザばりの荒々しい調理場の方々に好かれていて

 

 

料理長も僕のことを知っていたらしく、

 

 

おー、にーちゃん前から見てるけど、元気いいね!

 

 

なんだもう別のところ行っちまうのかよ、もっと、居ろよ〜なあ!

 

 

と、いい感じの雰囲気になったので、わずかな時間しかなかったんですが

 

 

このようなお話ができました

 

 

ヒッチハイクにしても、料理長の言葉にしても

 

 

シェアしないと、出会った縁が生きないのではないか。

 

気づくと、当時の料理長の年に近づいてしまったか、重なってしまったのかという今

 

 

料理長の何気ない言葉を、この場を借りて多くの人に伝わればという思いで

 

 

僕も今やってることをしっかり続けていこうという意味合いでも

 

 

ブログという形を借りて、シェアさせていただきました。

 

 

今回も最後まで、お読みいただきありがとうございました☆彡