ココロの漢方

北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、一風変わった経歴の薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。漢方薬局にいたこともありますが、生き方を根本的に変えて、自分本来の良さを認めて自他ともに豊かに生きていくことが、より本質的な医療であるという思いがあり、好奇心の赴くまま、色んな経験を積み、様々な分野の一流の人に学んだりしていった経験から、せっせこ溜め込んできた知恵や知識などをつらつらとブログとして書きます(^^)/  結果としていっぱい笑った、元気になった、勇気づけられたなら幸いです。

カメラに相応しい人間になる! 後編:高価な一眼レフが、よく売れたときの話

 

前編はこちら↓

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

さて、後編ですが、

 

高級機をお買い上げいただいた方の例をひとつ

 

 

 その方は、カメラを始めたくて、一通り調べてリストアップしてきていて

 

 

D810(30万円近いカメラ)を始めとして、レンズなどを検討されていたんですが

 

 

話を聞いていると、悩みのポイントがどうにも機能・スペックではない。

 

 

 

自分みたいな、初心者がこんなプロが使うようなカメラを買っていいんだろうか?

 

 

 

ということで、悩んでおられたんですね。

 

この辺が、安いカメラとの違いで

 

安いカメラは、あんまりこういうことを言いたくないですが

 

 

値引き合戦

 

 

が圧倒的に多かった。

 

 

しかし、高級機になると、スペックや値段以上に、こういうところで真剣に悩まれている方が多い印象を受けていました。

 

 

ここで、僕がしたお話は自分の経験でした。

 

 

僕自身、この前のモデルのD800を買ったんですが

 

 

いや〜、高かったから3ヶ月納豆卵かけ麦ご飯でしたよ、マジで^^;

 

 

このとき、カメラを始めて

 

 

2ヶ月

 

 

でした。

 

 

つまり、僕自身もペーペーの初心者にして、プロ用カメラを買った

 

 

そのときの心境をお話したんですね

 

 

僕も、この前のモデルのD800を買ったんですが

 

 

箱から、カメラを出すとき手が震えました

 

 

買ったはいいものの、オレ、このカメラにふさわしいんやろうか??

 

 

そう思って、手が震えたんですね、なんせ相手は当時30万のカメラですから。

 

 

でも、同時に思いました

 

 

研究しまくって、勉強しまくって、

 

 

いつかこのカメラに相応しい、人間になろう、と。

 

 

 

実際、夢中で本を読んだり、構図を研究したり、撮りながら、ときに失敗しながら研究して

 

 

カメラが、僕のレベルを引っ張り上げてくれました。

 

 

このカメラを買ってなくて入門用を適当に買ってれば、そこそこやって、そのうち飽きて、日本全国撮影の放浪旅に出るようなことはなかっただろうと。

 

 

カメラがレベルを引っ張り上げてくれて

 

 

日本全国、まだ見ぬ新しい世界へ連れて行ってくれて

 

 

そこでしかない出会いを与えてくれて

 

 

貴重な経験が出来て

 

 

国家試験の逆転合格につながる出会いもくれた(これは後日談)

 

 

 最初、箱から出すときさすがに手が震えるかもしれませんけど

 

 

本とかいっぱい読んで、いっぱい撮りながら研究して、カメラに相応しい人間になればいいですよ

 

 

そもそも、縁がなければ欲しいとも思いません

 

 

必要な本とかも、ご紹介しますよ

 

 

と、いろいろ言っていると

 

 

わかった、おにーさんから買うわ

 

 

と60万相当だったか、お買い上げいただいた記憶があります

 

 

レジまで一緒について行って、わからんことあったら土日にいるんで、売り場まで来ていただいたら間を見つけて、お教えできますよと最後に見送るときに言ったんですが

 

 

その方が、ひとことおっしゃった言葉が印象的でした

 

 

 

「背中を押してくれて、ありがとう」

 

 

スペックでも価格でもない。

 

 

既に、買うとは心の中で決めておられた

 

 

しかし、実際買うに踏み切れないでいたところ、僕の過去の経験談が活きたようでした

 

 

この経験は、僕に非常に大きな衝撃を与えてくれたと思います。

 

 

この日の夜、仕事で人を喜ばせることができた喜びに、一人で淀川沿いを歩きながら浸っておりました。

 

 

あれから数年、カメラに相応しい、いや、それ以上の人間になられていることを祈って。

 

 

 

 

ひとこと。

 

 

最近は、ジャグリング一色で、下の写真のような風景に呼ばれることもすっかりなくなりましたが

 

先月のファイヤーポイの記事の動画も、D800で動画撮影したので、5年以上経ってもなお、そういうときに使えるから高級機は便利。

 

が、、、一ヶ月ほど触ってないから確認したら、レンズの手ぶれ補正が壊れとるやないかい〜(T_T)

 

 

これから仕事を創っていく励みになりますので、おにーさん、しゃあないから応援したるわと、1ミクロンでも心に思われた方は、ポチッとお願いします(^o^)

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村

 

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

 

f:id:dreamtraveler31:20180916225502j:plain

冬の日本海の気嵐。冬といっても、11月のまだ晴れてる日が多い放射冷却の寒い朝が最後のチャンスです。12月以降の厳冬期は、ほぼ晴れないので、11月が一番いい時期になります。

 

高級機は、寒かろうが暑かろうがしっかり動作してくれるのが安心