日本一ナマケモノの薬剤師(自称)、広瀬謙典のぶろぐ

北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、日本一ナマケモノ(自称)薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。漢方薬局にいたこともあります。好奇心の赴くまま、色んな経験を積み、過去の経験から、せっせこ溜め込んできた知恵や知識などをつらつらとブログとして書きます(^^)/  結果として、元気になった、勇気づけられたなら幸いです。 今年度内の独立起業を目指して、ジャグリングのできる薬剤師にもなるべく富山のすみっこで少しだけがんばっています

高価な一眼レフが、よく売れたときの話〜販売員時代の話の前編〜

某大阪梅田の駅の前〜♪みんなのヨ〇〇シカメラで一眼レフの販売員をしていたときの話。

 

初心者向けではない、高価な一眼レフを売るのが好きで得意でした。

 

こおろぎが鳴き、エアコンも不要になって秋の様相のこの頃

 

数年前の、ちょうどこの頃。

 

淀川沿いでは、天然の鈴虫が鳴いていた。

 

 

この話をしたいと思います。

 

最近意識してるのは、、、

 

今まで、薬剤師以外の、薬剤師としては数少ないであろうタイプの、いろんな経験を積んできたものの

 

知識・経験をアウトプットする機会が少なかったというより、してこなかった。

 

これは、もったいないと思って色々アウトプットするためにブログという形を借りています

 

この記事も、あ、こいつアウトプットしてるんやな〜という感覚で読んでいただければと思います。

 

 

梅田の店は人の多さが尋常ではなく

 

ヨドバシ京都の土日が、梅田の平日

 

と言われてたほど。

 

その土日だけの販売スタッフとして入ったことがあるのですが

 

あそこは、相当なまでにマニアックなお客さんが来るので

 

こちらにも相当な知識や経験が要求されます

 

僕は、ニコンの一眼レフの専属(自身の使用機種がニコンD800のため)。

 

 

 

 

僕が心がけていたことはただ1つで

 

 

 

 

自分が買いたいもの、自分が売りたいものだけを売る

 

 

 

 

こと。

 

 

ノルマとか関係なく。

 

 

よく聞く、自分はこの商品を人には売ってるけど、業界の裏知ってるから自分では買わないし、家族にも勧めないよ〜

 

 

なんて、クソみたいなことは絶対にやりたくなかったし。

 

 

そんなこと仕事で許されるのって言われそうですが

 

 

許されるというか、許させる

 

 

許されんような仕事マジであかんやつやろって感じですね。

 

 

自分が買えんもん売ってたら、そのうち何も感じなくなって人間がだめになる。

 

 

そこに人一倍のプライドを持って仕事をしていた。

 

 

よくあったのが、写真始めたいので、一眼探してるんです

 

 

という方。

 

 

まず、聞いたのが

 

 

「どんな」写真を撮りたいですか??

 

 

ということ。

 

 

え? なんとなく、、、風景とか??

 

 

など、撮る対象すら決まってない人には、カメラではなく

 

 

当時は売り場の近くにあった

 

 

本コーナー

 

 

に連れて行った

  

本棚には、取り出すときに爪立てなあかんのちゃうかというくらい、ぎっしり詰まっており、はじめての場合、何を読んでいいかわからないだろうと思う。

 

幸い、自分自身、独学で大概の本は読んでいたり、一流のプロから教わってその良さがわかってる本を知っていたので

 

風景写真の撮り方や、カメラの使い方を記した本を教えつつ

 

 

よく言ったのが

 

 

「何を撮りたいか」

 

 

が大事で、カメラやレンズは二の次、その撮影テーマ次第で変わってきます、ということ。

 

 

例えば、風景撮りたいなら、こういうカメラ

 

星を撮りたいなら、カメラの他にこういう機材も必要です

 

など。

 

 

 

 

初心者だから、初心者用カメラを買う

 

 

 

 

は大きな間違いで、すぐに技術が上がってカメラを持て余してカメラが足を引っ張り、新たに買い直すと倍以上の出費になるので、予算で絶対に選んではいけないと経験で知っていた。

 

 

そんな面倒なことはせず、適当な言葉でごまかしてノルマだけ考えて、初心者向けのカメラを適当に値引きしてれば売れたかもしれない。

 

それだけは内なる心が許さなかったのでやらずに、このように本コーナーに連れていってカメラを売らないこともまま、あった

 

 

もちろん、テーマが決まってる人には、そのテーマに沿うような提案をした。

 

 

自分自身の体験例を挙げて

 

そこまで、撮りたいテーマが決まってるなら、初心者向けは絶対やめたほうがいい。

 

僕が適当に値引き交渉すれば、安く買えるかもしれんが、将来、必ず後悔する

 

例えば、このD810なんかは、これの前の機種を僕使ってますけど、こういうボタンの配置などが絶妙で、ファインダー見たまま、欲しい素早い操作をするのに応えてくれます

 

もし、あ、いい瞬間!と思って、微妙な操作をしようにも

 

初心者向けは、液晶画面からボタンでポチポチするハメになる

 

風景やいい光景なんて、一瞬

 

そんな液晶画面ポチポチしてる間に、逃げられた一瞬の風景や光景は

 

 

カメラの10万かそこらの差額で回収できるものではありません。

 

 

あと、フィルター売れとか言われていたが

 

 

僕も持ってますけど、こんなもん付けませんよ、まあ売れと言われてますけどね(笑)とあえてさらけ出して

 

やはり、ガラス1枚間にかます以上、画質は確実に落ちます。

 

 

ローパスフィルターレスなのに、こんなガラスつけたら意味ないですし(笑)

 

 

どうしてもというなら、僕も一応持ってますけど、このシリーズがオススメですよと。

 

 

あと、正直こんなもんにお金出すなら僕は、こっちにお金かけます

 

 

と記録媒体を紹介。

 

 

自分の使ってる、サンディスクなどの高級製品を紹介。

 

 

これは、本気でこだわる必要があり、というのも

 

 

よくある、特典でついてくる安物のSDカード。

 

 

あんなもん、貰わんほうがええとまで言ってましたね(笑)

 

 

実際聞いたのが、大切な子供の催事のとき。

 

 

夢中で撮って、家に帰って確認したら、おまけでもらったSDカードが不良品で、一枚も写ってなかった

 

 

これが、一番最悪な例

 

 

大切な思い出は、お金で買い戻せません

 

 

記録媒体は、最低2枚以上を定期的にローテーションして、都度、カメラ本体でフォーマット(初期化)して使うと本当に長持ちします

 

 

僕の使っているサンディスクのプロシリーズ。高かったけど、保証期間も長いし、もう5年以上(当時はまだ1年くらいかな)も使っている

 

 

初期投資は高いですが、思い出はお金で買い戻せないうえに、長く使えるので最低2枚は買うのが理想ですが、そこはお任せしますと。

 

 

大概の方は意外にも、お兄さんに任せるよと買っていただけました。

 

 

正直、サンディスクのプロシリーズを一番お買い上げいただいていた自信はあります。

 

 

どんどん出て在庫が切れたこともあって、そういうときは悔しかったのでAmazonを紹介(笑)

 

 

他にも、カメラや記録媒体売って終わりでなく

 

 

乾燥剤はこれがいいとか

 

 

ブロワは、このゴムとシリコンがあって、ゴムは安いですが、吹くたびに強烈なゴム臭が襲ってきますから、多少高くてもシリコン製おすすめですとか。

 

 

取説は、3ページ読んで挫折するから、あれはストラップの付け方と充電の方法とか読んだ後は、辞書のつもりで慣れてきた頃に、応用効かすために使ってくださいとか。

 

 

そのかわりに最初は、こういう機種別の攻略本がオススメで、このシチュエーションにはこの設定しましょうとか、このISOの意味はとか、液晶画面の設定手順が順繰りに書かれてるので逆引きできますから、一冊は必ず買ったほうがいいですとか。

 

あと、西梅田のヒルトンプラザにニコンプラザがありますから、フィルターの清掃はここにお任せしてくださいとか。

 

 

 

とにかく、

 

 

自分が使ってよい(かった)もの

 

 

自分が買いたいもの

 

 

知っておいて損はない情報

 

 

だけを売ることに専念していましたね。

 

 

なんかわからんことあったら、来ていただいたらお教えしますよとも。

 

 

長くなるのでこの辺で、前編を切ります。

 

 

 

ここまで、書いといてなんですが、高価な製品に関して言えば

 

 

スペックをいくら説明しても、購入に踏み切るきっかけにはなっていなかった記憶があります。

 

 

スペックではない、他のあることがきっかけになっていたのですが、後編はその辺を話したいと思います。

 

 

これから仕事を創っていく励みになりますので、おにーさん、しゃあないから応援したるわと、1ミクロンでも心に思われた方は、ポチッとお願いします(^o^)

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村

 

ひとこと。

 

 

ヨドバシの青服は社員さんで、商品知識は感服するレベルの本物です。どんどん頼ってください。

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

f:id:dreamtraveler31:20180914001233j:plain

 

日本海の厳冬期の海の霧、気嵐。 漁師のオッチャンの空間がまるで異世界。