日本一ナマケモノの薬剤師(自称)、広瀬謙典のぶろぐ

北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、日本一ナマケモノ(自称)薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。漢方薬局にいたこともあります。好奇心の赴くまま、色んな経験を積み、過去の経験から、せっせこ溜め込んできた知恵や知識などをつらつらとブログとして書きます(^^)/  結果として、元気になった、勇気づけられたなら幸いです。 今年度内の独立起業を目指して、ジャグリングのできる薬剤師にもなるべく富山のすみっこで少しだけがんばっています

8月電気代公開。エアコン24時間ほぼつけっぱなし、災害レベル猛暑下での結果は、、、

災害レベルの猛暑&地獄のフェーン現象の北陸の8月、ほぼエアコン毎日つけっぱなし

 

しかも、電気代高いと評判のウインドエアコン

 

メーカーは、今年のモデル CORONA CW-1618

 

基本的に、家が事務所みたいなものなので

 

24時間つけっぱなしもザラ

 

連続稼働が長くて、コンプレッサーぶっ壊れるかなと思ったくらいで。

 

気温37℃

 

フェーン現象で夜中の1時に30℃

 

も普通にあった

 

しかも、焼けるような瓦の熱がダイレクトに来る平屋

 

果たして、その電気代は、、、

 

 

f:id:dreamtraveler31:20180911193406p:plain

 

 

ん!?

 

 

f:id:dreamtraveler31:20180911193548p:plain

 

 

 

 

5938円也。

 

 

 

 

6000円いってへんやん!!

 

 

 

正直、、、

 

 

万単位は覚悟してました。

 

 

これは、意外。

 

 

計測期間が、8/8〜9/8という、9月を挟んだこと

 

 

8月8日までの、土用期間での使用が少ないこと

 

 

も大きな要因でしょう。

 

 

もちろん、北陸電力ではなく、ループ電気という会社にしてます。

 

 

注:北陸は、電力自由化でもループ電気一択、、、だったはずです(T_T)

 

 

間違ってたら、ゴメス。

 

 

そして、あんまりこんなこと言いたくありませんが

 

 

過去1年使ってきて、ループ電気は、基本料金分くらいしか安くなってない(T_T)

 

 

それでも、6000円いかなかった

 

 

スマートメーターだけに、使った電力量などが、ネットでわかるようになってるんですが

 

 

一番高い日で

 

 

238円

 

 

が2回ほど。他は200円いくかいかないか。

 

 

もちろん、低温注意報が出た中旬の3日程度や、9月の大雨の多かった時期はつけてませんが

 

 

それ以外は、24時間ほぼフル稼働

 

 

2日くらいつけっぱなしも、ありました。

 

 

真昼に冷房だけやと、コンプレッサーオフ時の送風で、冷却フィンの水分が部屋内に放出されて、あっと言う間に湿度が上がるので

 

 

コンプレッサー式の除湿機も併用してました。

 

 

ドライ(除湿)運転で、送風までピタッと止めるのはこのためです。

 

 

ドライ運転で、体温みたいな気温の真昼に何分も送風止められたら、あっという間に暑くなるので真昼にはドライ運転は、高断熱の家以外、使えません。

 

 

除湿機は、200W程度。

 

 

238円て、、、

 

 

スタバのコーヒーのショートで、280円ですよ、、、

 

 

スタバのコーヒーなんて、ふらーっと飲むのに

 

 

エアコンつけっぱなしたら、電気代高そうだからとケチる

 

 

それが、いかに意味のないことか、今回よくわかりました。

 

 

電気代だけでなく、1時間ごとの使用量も折れ線グラフで見れるのですが

 

暑い部屋を冷やすのに、いったいどんだけ電気使ってるかよくわかります

 

一旦切って、暑くなった部屋を再度冷やすほうが電気代かかります

 

夜は、ドライ運転でも意外と電気代はかかっていなかったです

 

 

関連記事↓

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

そして、エアコン新設の際は、配電盤に注意する必要があります

 

 

うちは20A。

 

 

ギリギリです。

 

 

消費電力は、600W程度ですが、起動時に23A程度使うとあります。

 

 

最低でも、30Aは必要でしょう。

 

 

20Aの家って、電線が2本の、単相2線方式というもの。

 

 

これは、30Aまで対応していますので、電力自由化の前に

 

 

契約A数を変える工事を、電力会社にお願いする必要があります

 

 

たしか、無料のはずですが、念の為確認したほうがいいです。

 

 

そして、自由化の会社にA数変更してもらう工事はお願いできません。

 

 

必ず、切り替え前に地域の電力会社にお願いする必要があります。

 

 

うちも、30Aにしとくべきでしたが、エアコン付けるとは夢にも思ってなかったのでこれは失敗。

 

 

それでも

 

 

エアコンつけながら

 

 

ティファールでお湯を沸かしたり

 

 

電子レンジ(500W)使ったり

 

 

炊飯器でご飯炊いたり

 

 

これらは、普通にできました。

 

 

一度もブレーカーは落ちていません。

 

 

合計A(アンペア)数が、20を一定時間超えると落ちるので

 

 

600W(ワット)なら、÷100(ボルト)で、6A

 

1200Wのティファールは、1200÷100=12A

 

 

これで、18Aなので使えたわけですが

 

 

コンプレッサーが入るたびに、室内の照明がガクンと一瞬暗くなったので

 

 

やはり、A数は大きめに変更しておくべきです。

 

 

今年の災害レベル猛暑で、雪国の多くの家庭がやりがちな

 

 

家にエアコンつけていない

 

 

はもう時代にそぐわないことがよくわかりました。

 

 

素直に寒冷地仕様エアコンか、冬場は外せる冷房専用のウインドエアコンつけましょう♪

 

 

 

結論

 

 

エアコンは、一日つけっぱなしにしても、電気代はたかだか知れている

 

 

そして、真夏に電気代ケチると病気になって医療費がかさむうえに、言うてそんなに節約できてないが、ケチらなくてもそんなに電気代たいしたことない。

 

 

光熱費の過度な節約は、たいして節約にならないくせに、病気のもと

 

 

 

 

ひとこと。

 

 

再生エネルギー賦課金

 

700円て、、、

 

 

ラーメン一杯食えるやんけ、、、

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡