日本一ナマケモノの薬剤師(自称)、広瀬謙典のぶろぐ

北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、日本一ナマケモノ(自称)薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。漢方薬局にいたこともあります。好奇心の赴くまま、色んな経験を積み、過去の経験から、せっせこ溜め込んできた知恵や知識などをつらつらとブログとして書きます(^^)/  結果として、元気になった、勇気づけられたなら幸いです。 今年度内の独立起業を目指して、ジャグリングのできる薬剤師にもなるべく富山のすみっこで少しだけがんばっています

好きな事が多いのが才能!! 多趣味・好きなこと多いのは器用貧乏と言われ続けた人たちへ贈るぅ言葉〜♪

好きなことが多い

 

多趣味

 

の人は、今の日本においては異端児であり

 

基本的に1つのことを極め抜いて、プロと呼ばれる人たちだけがうまくいくような雰囲気になっている気がする

 

そんな中で先程挙げた、僕のような多趣味人間は

 

 

1つのことで突き抜けられない器用貧乏

 

 

と言われ、日の目を見ることは少ない気がする

 

 

そんな中、昨日、本当に久々に本田晃一さんのトーク番組を

 

 

スクーで視聴できた

 

schoo.jp

 

久しく、この類のことを抜いていたのだが、最近ふと気になって見てみた

 

フェイスブックのアカウントがないから、新たに登録し直す必要があったが

 

コメントの応酬がすごくて、相変わらずの人気ぶりで

 

時代の流れの変化を感じさせられる

 

その中で、反応の多い視聴者のコメントを抜粋して、司会者の方が本田晃一さんに聞いてくれるのだが

 

その中で、

 

 

好きなことが多くて、どれも突き抜けられない。

 

どうしよう・・・

 

 

みたいな質問があり、それに対しての本田晃一さんの答えが

 

 

 

 

好きなことが多い、、、ことが才能!

 

 

 

とひとこと。

 

 

 

 

そして、たくさん好きなことやれる環境って、すごい幸せだよね

 

 

 

 

と。

 

 

このひとこと、質問者にとっても、僕にとっても、その他の多くの人にとっても

 

 

どんだけ救いになる言葉なのかと思った

 

 

本当に、今の日本の世の中は、多趣味・好きなことが多い人に風当たりが厳しい

 

 

器用貧乏なんて、本当にひどい言葉やと思う

 

 

そういう風当たりのキツイ中、

 

 

好きなことが多いことが、才能

 

 

たったひとことでも、強烈な言葉。

 

 

心屋仁之助さんや、本田晃一さん、椎原崇さんなどの界隈は

 

 

僕は、新人類だと思っていて

 

 

この全く新しい価値観を、受け入れられる人とそうでない人がはっきりわかれるけど

 

 

50年も経てば、それなりに一般的になっていると思う

 

 

時代を相当先取りしている気がする

 

 

この国は、うちのじーちゃんばーちゃんが小さい頃若い頃は

 

 

帝国だったわけで、国民主権もクソもなかった。

 

 

今の自由な日本のことを、昔の人が想像できただろうか。

 

 

本当に、常識なんて簡単に時代によって変わってしまう。

 

 

地方にいると、まだまだ苦労が美徳であるという考え方の人が多い

 

 

僕も、今年の2月3月まではそうで、

 

 

やはり、そういう風に生きてる人が偉いと思うから、1からやり直そうとして

 

 

もろに失敗٩(๑´3`๑)۶

 

 

6月半ばから、全てを断って内面を見つめ直してたけど

 

 

とか言いながら、ジャグリングとか進撃の巨人見たりとかけっこう、楽しんでいたが(^o^)

 

 

ほんまに、放っておくと僕らは厳しい方、辛い方をなぜか選んでしまう

 

 

そして、苦労して苦労して、なんで僕らはこんなに苦労してるのかと悩む

 

 

見事な自作自演。

 

 

今まで、迷えばハードモードを選んできたやり方を捨ててみる道って、どんな道が広がっているのだろうか。

 

これから仕事を創っていく励みになりますので、おにーさん、しゃあないから応援したるわと、1ミクロンでも心に思われた方は、ポチッとお願いします(^o^)

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡