日本一ナマケモノの薬剤師(自称)、広瀬謙典のぶろぐ

北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、日本一ナマケモノ(自称)薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。漢方薬局にいたこともあります。好奇心の赴くまま、色んな経験を積み、過去の経験から、せっせこ溜め込んできた知恵や知識などをつらつらとブログとして書きます(^^)/  結果として、元気になった、勇気づけられたなら幸いです。 今年度内の独立起業を目指して、ジャグリングのできる薬剤師にもなるべく富山のすみっこで少しだけがんばっています

脱イイ人。言うべきことを、言うべきときにちゃんと言うこと〜ファンヒーター修理編〜

タイトルが、なんかいつもと違いますが

 

イイ人をやめることは、大事やな〜と思います

 

大概の場合、いい人というのは

 

都合のイイ人

 

です。

 

僕も学生時代(中高)は、イイ人でした

 

先生にとって都合のイイ人。

 

だから、怒られることもなかったし、優等生でした。

 

でも、何か大切なものを失っていく感じでしたが。

 

今年、ついに2シーズン愛用のダイニチのファンヒーターの点火が怪しくなり、煙を吐くようになりました。

 

冬が相当に厳しかったからかな。

 

正常時は、カチカチカチ・・・ボワッと火が点くんですが

 

今回は、カチカチが10秒近く続いて、ボボボボ・・・ボフッ!?と白い煙を吐く

 

持ち越し灯油は使っていないし、激安スタンドの怪しい灯油も使ってないし、水も入れてないし、毎年夏の前に残灯油抜きもしているので、厳冬期のシーズン前に直そうと販売店に持ち込み修理

 

タンクを外して、本体だけ出す

 

1週間くらいで直りますよ〜と言われ

 

10日経っても音沙汰ないので、電話したら

 

修理終わっていて、業者が今日持ってきてくれるから、動作確認用にタンクだけ持ってきてくださいと。

 

タンクだけ持っていくと、

 

あ、灯油がないと動作確認できないですよ〜

 

 

と言う^^;

 

 

いや、タンクだけもってこい言ったやん!?

 

 

と呆れつつ、これでは困るのでなんとか灯油を持ってきてもらい

 

 

動作確認すると、、、

 

 

正常時は、カチカチカチ・・・ボワッと火が点く

 

修理後(?)・・・カチカチカチ・・・10秒位・・・ボワボワ・・ボス(消火)→すぐさま再度カチカチカチ・・・ボワボワ〜ボフボフっ!と煙が出る

 

 

 

店員さんと僕、絶句。

 

 

 

 

全然、直ってへんやんけ(・・?

 

 

 

 

 

 

その後、店員さん衝撃の一言。

 

 

 

 

 

 

あ、ちゃんと点きましたね〜

 

 

 

 

 

どこがやねん(笑)

 

 

 

 

点火後に火が消えるなんて、初めて見たぞ。

 

 

 

 

 

ヲイヲイ、現実から目をそらすなョ(笑)

 

 

 

 

イイ人ってここで差が出るんですよね。

 

 

 

イイ人は、こんなもんかな〜と持って帰ってしまう。

 

 

なんかおかしい感じがするけど

 

 

これ以上なんか言ったら、店員さんになんか悪く思われそうやし・・・

 

 

と勝手な、最近流行りの忖度をしてしまう

 

 

まあ、かつての僕なわけですが

 

 

こういう人って、家帰ったら不完全燃焼しているんですね

 

 

もう、何年もくすぶって根に持ってる感じ

 

 

結局何の解決にもなっていない

 

 

いい人をやめるというのは

 

 

嫌われるようなことを意図的にするのではなく

 

 

 

 

言うべきことを、言うべきときにちゃんと言う

 

 

 

 

 

今回、言うべきことはただ1つ

 

 

 

 

全然直ってない。前よりひどい。あり得ない。こんなもので北陸の厳しい冬は越せない。シーズン中に確実に故障するから

 

 

 

修理やり直してください

 

 

 

以上。

 

 

さて、どうなることやら。

 

 

 

ひとこと。

 

 

地方やから、こうも対応があかんだけなのか。

 

 

ダイニチのブンゼン式があかんだけなのか。

 

 

今年は、ポンプ噴霧式のコロナ買うべきなのか。

 

 

たまには、僕も怒ります٩(๑`^´๑)۶

 

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡