ココロの漢方

薬剤師のブログにして医療の内容はあんまりないです。それよりも、どういう価値観や心持ちで生きていくかのほうが大事だからと考えています

Umineco Coffee ウミネココーヒー@氷見 〜カフェ探訪〜

実は、コーヒー好きで自分で道具を揃えて、微粉まで取って淹れているが

 

市内に、近年オープンしたばかりというカフェがあると聞き、さっそくGO

 

外観は、新しい一軒家のような雰囲気。

 

島尾の海水浴場から、植物園、漁港の方へ抜ける海沿いの直線の道路のすぐ横にあるが

 

看板がなく、通り過ぎて2往復したので、ナビを入れて近くに来たらスピードを落とされたい

 

数台止められる駐車場があり

 

引き戸を開けて中に入ると、新しくできたという雰囲気が満載で

 

オレンジ色に縦に光る細いフィラメントが幾重も見える電球がカウンターに吊り下げられ、オシャレな空間が広がる

f:id:dreamtraveler31:20180825192256j:plain

 

カウンターが数席

 

一階の、タイミングが良ければ海越しの立山連峰が見える大きなガラス張りの横の席

 

いけるのかわからないが、吹き抜け2階の席

 

とある

 

コーヒーを淹れる様子を見たいので

 

カウンター席に。

 

オペレーションは、マスターとおぼしき女性が一人でされているようだった

 

木製のバインダーに挟まれたメニュー表から注文

 

僕は、基本的に深煎りしか飲まないので

 

深煎りという

 

オーガニックコーヒーをホットで注文

 

真夏でエアコンが家庭にあれば、できる限りホット系ののみもので、普段麦茶などで冷やされている内臓を、折に触れて温めたほうがよい。

 

ドリップの様子を、ちら見で伺う

 

プロのドリップは、勉強になる

 

円錐型の陶器製のドリッパーだが、先の部分がない

 

無漂白のペーパーを使い、お湯で湿らせてから、挽きたての豆を使って丁寧にドリップされている

 

しばらく待って、出されたコーヒーのカップにまず、目がいく

 

店名のうみねこをモチーフにした、オリジナルカップのようだが

 

こいつは、、、

 

f:id:dreamtraveler31:20180825191235j:plain

 

そう、この辺は海沿いなので

 

ウミネコのかわりに、大量のカモメがいるが

 

こんな感じで、道路の街灯で休んでいるヤツをいっぱい見かける

 

そして

 

ごくたまに

 

おしりからフン型爆弾による、空爆を仕掛けてきて、クルマに命中することもある

(過去1回、被弾)

 

カラスやトンビも休んでおり

 

カラスに至っては、なんと

 

クルミ

 

の殻をクルマに轢かせて割らせるために、クルミ爆弾を投下してくる

 

失敗して、クルミの殻がポンポン跳ねているのをたまに、見かける

 

もちろん、このお店にくる途中の道路にも、このような外灯があるので、鎮座して休んでいる鳥を見かけることは多々ある

 

海沿いに住んでいれば、絵にはなるけど、クルマからすればただのうざいやつであるが

 

モチーフにしてしまうと、結構可愛く見えるから不思議である

 

コーヒーは、自分の好きなスッキリとした味で、バランスが取れていて非常に美味しかった

 

ミルクを追加しても美味しい

f:id:dreamtraveler31:20180825192921j:plain

カカオ70のチョコが1つ添えられてくる

 

マフィンが、カウンターの真ん中に、たくさん置いてあったので食べたくなって追加で注文

 

今は桃とブルーベリーが選べるらしく

 

桃を注文。

 

しばらくして、アイスクリームやオレンジを添えられ、ほのかに温められて再登場。

 

f:id:dreamtraveler31:20180825191853j:plain

 

オレンジに刺さる旗にも

 

ちゃっかり、ヤツが鎮座している

 

しかも、今回は、カップにすっぽり収まってこっちを見ているではないか。

 

 マフィンは、甘さが控えめで見た目通り、キノコヘッドのような、カップからはみ出した最上部分は、クッキー生地のようにサクサク。

 

フォークで割った中は、ふんわりと柔らかい生地で、バターの香りがほんのりとする

 

とろけるような桃が、角切りでゴロゴロ入っていて嬉しい

 

アイスクリームも、よくあるバニラバニラしておらず自然な味わいで美味しかった

 

ふと、壁に目をやると

f:id:dreamtraveler31:20180825192845j:plain

 

カップのソーサーと同じく、水色が基調になっているのか

 

壁のブルーと、ひまわりの葉の緑、花の黄色が補色の関係か絶妙にマッチしていて

 

さながら、印象派の画家のゴッホの名画を思わせる色合い

 

写真に少し写っているお冷は、レモンのような風味が少しだけした

 

カップルで来ても良し

 

インスタ映えを狙って来ても良し

 

海沿いの窓側席、いけるなら吹き抜けの二階席も特等席だろう

 

営業時間は、9:00〜15:30と結構短いのと、土日祝がほぼ休みなので行ける日は限られるだろうが、レア感が増すので機会があればぜひ♪

 

f:id:dreamtraveler31:20180825193606j:plain