ココロの漢方

北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、一風変わった経歴の薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。漢方薬局にいたこともありますが、生き方を根本的に変えて、自分本来の良さを認めて自他ともに豊かに生きていくことが、より本質的な医療であるという思いがあり、好奇心の赴くまま、色んな経験を積み、様々な分野の一流の人に学んだりしていった経験から、せっせこ溜め込んできた知恵や知識などをつらつらとブログとして書きます(^^)/  結果としていっぱい笑った、元気になった、勇気づけられたなら幸いです。

虹をママチャリで追いかけた男の話

「虹を追いかけたこと、ありますか?」

 

と聞かれたら

 

ぼくは、

 

あります。

 

と答えます。

 

初めて追いかけたのは、そう

 

あれは

 

27歳のときでした。

 

 

 

 

 

遅いわっ!?

 

 

 

 

あれは町工場にいたとき

 

ちょうど仕事あがりで、

 

いいタイミングでゲリラ豪雨が上がり、工場の二階の窓から大きな虹が見えたんです

 

会社の敷地が

 

東京ドーム4つ分

 

という意味のわからない広さ

 

そして、移動は基本、走れと言われるという^^;

 

なんと、敷地内の東京ドーム1つ分先くらいに(笑)

 

虹の足が刺さってるではありませんか!!

 

もう、そのままチャリに飛び乗って

 

虹の足のあった記憶がある方に行くと

 

あれ??

 

見間違いか、その先の道路のT字路のところにあるではないか・・・。

 

で、また数百メートルチャリ恋でいくと

 

 

あれ?

 

 

 

また、見間違えたか、その先の道路の横の田んぼに刺さっとる

 

 

で、その田んぼの横まで行ったら

 

 

虹の足は

 

 

その先の、山のてっぺんからにゅっと出ている(笑)

 

f:id:dreamtraveler31:20180531132105j:plain

 ↑最後、諦めたときの1枚

 

そう、そのとき初めて知ったんです

 

 

 

虹の足には、永遠に追いつけない

 

 

物理の世界やと、光の分散とか屈折とかで

 

 

要するに、その角度やと、そこにあるように見えるだけなわけですが

 

 

物理選択の理系男子はそんなことはどうでもよく

 

 

単純に追っかけてみたい好奇心で追いかけたんですね〜

 

 

今日のフィスブックライブどんな話しようかと

 

 

ふと、北海道にいた頃のことを思い出したとき

 

 

このときのことも思い出します。

 

 

大人になると

 

 

こういうのをつい理屈で見たりして、やることがアホらしくなってしまう。

 

 

それでも、この先もずっと、こういう好奇心を持ち続ける人間でありたいですね

 

 

 

P.S.

 

★今日の夜、5月31日 木曜日  21時からフェイスブックトークライブやります♪

 

初挑戦ですが、今後のしごとづくりのために、力を貸してください(^^)/

 

面構えを見るだけでもいいし、コメントぶっこんでいただいたりして参加できます♪

 

テーマは、

 

・近所の古寺の、伝説の湧き水で薬草茶のんでみた話

 

・さっきの北海道とか小笠原諸島とか全国放浪して、風景写真撮りまくってたときの話

 

ほか、コメントいただければ合わせることもできます。

 

フェイスブックライブは、僕がひたすらしゃべってる間に、コメントつけれる感じなので

 

そのコメントについて、僕が答える形で話題を変えたりすることも可能です♪

 

フェイスブックライブで様子を見つつ、もう少し進化させて

 

無料のオンライン会議システムのZOOMでは、参加者同士で会話がモニター付きでできて

 

ガチ双方向になって深い話もできるので

 

こういうのも、検討しています(^^)/

  

庭のモリアオガエルの鳴き声をBGMに(鳴いてくれれば)

 

関西弁で、軽いノリでおもしろおかしくやっていきますよ〜♪

 

ブログ読んで、なんかこいつおもろそうやな〜と思ったらぜひ来てやってください^^

 

★今回も、最後までお読みいただきありがとうございます☆彡