ココロの漢方

北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、一風変わった経歴の薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。漢方薬局にいたこともありますが、生き方を根本的に変えて、自分本来の良さを認めて自他ともに豊かに生きていくことが、より本質的な医療であるという思いがあり、好奇心の赴くまま、色んな経験を積み、様々な分野の一流の人に学んだりしていった経験から、せっせこ溜め込んできた知恵や知識などをつらつらとブログとして書きます(^^)/  結果としていっぱい笑った、元気になった、勇気づけられたなら幸いです。

オカンが、映画のプレデターをみて言った謎のひとこと

映画の「プレデター」をご存知でしょうか??

 

著作権の都合上、写真は貼れませんが、あえて文章だけで説明するとすれば

 

・マゲを切られたロン毛の落ち武者のような

f:id:dreamtraveler31:20180526001043p:plain

 

・全身網タイツのカッパみたいなやつやけど

f:id:dreamtraveler31:20180526001230p:plain

・全身ハイテク装備で包まれている

 

・めちゃくちゃ強い武闘派の宇宙人

 

 

・・・・。

 

 

 

 

 

変態やん・・・。

 

 

 

 

いや、網タイツの宇宙人て、今思えば

 

 

 

ただの、変態やん・・・・。

 

 

 

 

それは、ともかくとして

 

 

なぜ、この話をするかというと

 

 

昨日は、実家に置きっぱなしのものを全部引き取るために引っ越しかけてて

 

 

愛用していた本棚をバラしたものと、大量の本もまとめて、送ってもらってたんですが

 

 

肝心の板の横を締めるネジがないんで、オカンに電話をしたんですね〜

 

 

それで、ネジはあったんですが、その時ふと

 

 

以前まだ学生のときに、

 

オカンが、プレデターの出てくる映画を見て言ったひとこと

 

を思い出してしまいました。

 

そう、プレデターは僕の文章でかなりわかったと思うんで、まあ大丈夫やとは思うんですが

 

念のため

 

なぜか、まとめられてたので、一応紹介しときます。

 

たぶん、僕の文章のほうがわかりやすいですけど、念のため、、、

matome.naver.jp

よくある、テレビの夜9時からやる映画です。

 

親父は剣道かなんかでいなかったはずで

 

僕と、弟とオカンの3人でコタツに入りながら、

 

なぜかコタツに入ると欲しくなる、みかんの皮を丁寧に4等分にむきながら、

 

ぼーっと、その映画を見てたわけですが

 

武闘派のプレデターが、エイリアンに出くわすんですが

 

エイリアンは、ご存知かどうかはこの際関係なく、アレはアレで結構強い。

 

喉から、歯のついた、ウツボのあごみたいなやつが高速で出てきますからね〜

 

それで、ハイテク宇宙人同士、死闘の末に

 

プレデターがかろうじて勝つんです。

 

もう、感動的な場面。

 

これで、晴れて一人前のプレデターの戦士やと認められるところで

 

時間にして約1時間強

 

そして、その

 

死闘の末に戦いに勝ったプレデターを

 

 

一人前のプレデターの戦士として認められる感動的?な瞬間を見て

 

 

 

オカンが言ったひとこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんで、ドレッドヘアなん?」

 

 

 

 

 

 

 

もう一度、プレデターのおさらい。

matome.naver.jp

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

いや、つっこむ所、間違えてるやろ(笑)

 

 

 

戦いとか、一切関係なく

 

 

 

ヘアスタイルて、、、

 

 

 

そんなもん言われるまで気づかへんかったわw

 

 

 と、兄弟二人でひたすら突っ込んでいた記憶があるんですが

 

 

オカンが続けるには、

 

 

「だって、それしか覚えてへんねんもん」

 

 

 

1時間以上も何を見とってん(笑)

 

 

 

これは、今になって思うのは、めちゃめちゃ大事なことやと思うんですね^^

 

 

同じものを見ても、見る所が違う

 

 

これは、すごく大事なことやな〜と。

 

 

セミの鳴き声を聞いて、外国人は

 

 

ただのノイズ

 

 

と感じるだけという話を聞いたことも思い出します。

 

全員が全員とはわかりませんが・・・。

 

 

そう、

 

セミの鳴き声=夏の風物詩

 

というのは、東洋人とポリネシア系だけとかそんな感じだったはずです。

 

 

他の人が感じてることと違っても、自分はこう感じる

 

 

そういうことって、少数派であればあるほど自信がなくなりそうになりますが

 

 

徹底的に貫きたいですね^^

 

 

以前、美術館に行ったオカンに、

 

 

「どういう所見とったん?」

 

 

って聞いたら

 

 

「真横から、絵の具の厚みを見ていた」

 

 

らしいです。

 

 

これで、作者の感情が伝わってくるという理由で。

 

 

これは、以前一回記事にもしましたが、僕が美術館行く際にはこれ以後やるようにしています。

 

 

多数派の人はこう思うということに流されず、自分だけの感性を大事にしていきたいですね^^

 

そうそう、本棚は、こんな感じでインテリ感を演出しまくってやっていますよ(笑)

 

地球儀も配置したった(^^)/

f:id:dreamtraveler31:20180526005335j:plain

 

 

オヤジに歴史モノをけっこう持っていかれてたのに驚き(笑)

 

最上段右の、司馬遼太郎さんとかの歴史モノは、多いから同じ棚に二列あったんすよ、、、

 

持って行き過ぎやw

 

宮本武蔵もなくなっとる〜^^;

 

最上段左の、マンガの「モンモンモン」とか、読みたくなってきた(^^)/

 

 

P.S.

 

都合により、5月31日 木曜日  21時からに変更させていただきます^^

 

5月30日 水曜日 21時からフェイスブックライブやります♪

 

初挑戦ですが、今後のしごとづくりのために、力を貸してください(^^)/

 

面構えを見るだけでもいいし、コメントぶっこんでいただいても参加できます♪

 

フェイスブックライブは、僕がひたすらしゃべってる間に、コメントつけれる感じなので

 

そのコメントについて、僕が答える形で話題を変えたりすることも可能です♪

 

フェイスブックライブで様子を見つつ、もう少し進化させて

 

無料のオンライン会議システムのZOOMでは、参加者同士で会話がモニター付きでできて

 

ガチ双方向になって深い話もできるので

 

こういうのも、検討しています(^^)/

 

テーマは、今のところ未定ですが、決まり次第、ブログなどで紹介する予定です。

 

庭のモリアオガエルの鳴き声をBGMに(鳴いてくれれば)

 

関西弁で、軽いノリでおもしろおかしくやっていきますよ〜♪

 

★今回も、最後までお読みいただきありがとうございます☆彡