漢方好き!異色の経歴の若き薬剤師のぶろぐ

漢方薬局におった、北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、異色の経歴をもつ薬剤師のブログです。 自身の経験にもとづく考えやアイデンティティの発信の場として、交流の場として活用していきます^^ 今年度中の独立起業のため奮闘中

バングラデシュ行ってた時の日記が出てきた! 無医村の医療とセルフメディケーションと漢方を考える

もくじ。

 

先日、実家から引っ越しで送る荷物の最終整理をしていた時

 

阪神大震災を経験した年季の入った学習机の奥から

 

グラミン銀行インターン時の日記が出てきました。

 

これ↓

f:id:dreamtraveler31:20180423013028j:plain

 

最近、読んでましたが

 

面白い!

 

なんというか、24歳の純粋な目線ってこんなんやったんかと

 

我ながら感心すると同時に、記憶にすら残ってないけど、こんなこともあったのかということも書かれてたり。

 

以下に、紹介するのはある日の日記。

 

字が非常に達筆なので、翻訳こんにゃくお味噌味を食べて書き起こしてみました。

 

2010年なんで、大学4回生ですね。

 

感情がこもるように、そのまま書き起こします

f:id:dreamtraveler31:20180423013049j:plain

10/10(Sun) バレクさん(注:ゲストハウスのお手伝いさん)の村に行ってきま~す。

 

いや~!バス! ぐわんぐわん揺れて5hr、飛行キより長い。そら、疲れるわ~。

 

やっとの思いで村へ・・・。

 

すごい、子どもたちが集まってくるわ

 

おっさん見つめてくるわ・・・

 

グラミンのフィルター(注:グラミン銀行のインターンで行く村の人は、外国人慣れしており、そんなに集まってこない)ががかかってない村を見て感動した

 

これが、バングラなんや~。

 

バレクさんの仕事を見てきました。

 

(こんな感じ↓)

f:id:dreamtraveler31:20180423014619j:plain

 

 

 

無医村。

 

バレクさんが命のつなです

 

ラニチジン(H2ブロッカー。ガスター10®の仲間。ガスターはファモチジン)

 

リドカイン(局所麻酔薬。虫刺されのウナコーワなんとかや胃腸系の医薬品など、ドラッグストアで販売の医薬品にも入ってるものがある)

 

・・・。

 

袋ん中にあった薬の数々。

 

これが、バングラの無医村の実態・・・。

 

Gコミュニケーションズ頑張ってくれ。(注:G→グラミンの略。農村でのネット環境普及促進なのか、書いた意図は不明)

 

帰りし。

 

CNG(天然ガス;自国で産出するのでトラックもバスも自家用車もみんなコレ)補充休憩がてら、おっさん2人ほっていかれそうに・・・。

 

でも、子どものおかげで助かる~

 

他にも立っしょん中にバス発車して、走って追いかけてたり

 

乗っとった(乗っていた)バスのガラス割られたり・・・

 

におい強烈やったり・・・

 

ホンマにええ経験させてもらいました

 

将来、何かの役に立つかもしれない

 

バングラの女性の強さも感じて、何か楽しさ一杯の一日でした。

 

 

 

(日記は以上。)

 

懐かしすぎる・・・

 

よく覚えています。

 

バスなんて、狭い道を対向車避けるために、沼の方に45度くらい傾いたときは

 

死ぬわと思いましたし・・・。

 

医師の資格を持っているわけではないですが、村の健康を担っている姿は、

 

とても素晴らしいものでした。

 

ここに限らず、こうした場所が多かったはずです。

 

そして、この国の子どもたちの笑顔。

 

純粋で素晴らしい笑顔でした。

 

 

後半の立っしょん云々の話は、ともかく(笑)、

 

 

 

前半の医療の話で、ハッとしたことがあります。

 

 

 

最近、自分の中で、

 

 

これは将来的に大切なこと

 

だと考えていることがあって

 

 

それが

 

 

セルフメディケーション

 

 

 

です。

 

無医村やと、医師がいないので

 

必然的に、自分たちで健康管理することになる。

 

しっかし、この「セルフメディケーション」という言葉、

 

 

名前長い

 

 

長すぎるし、抽象的すぎてよくわからん

 

 

 

学生時代から思っていました。

 

 

 

てか、その頃から言われてるにもかかわらず

 

 

あんまり認知されていない・・・。

 

 

政府の方針としては、

 

 

「軽い病気なら、病院いかずにOTC医薬品とかで治しましょう」

 

 

まあ、要するに

 

 

医療費削減政策の一環なわけですが

 

 

けっこう、国の方も真剣に考えているようで

 

 

最近は、ルフメディケーション税制と言って

 

 

※セルフメディケーション税制について、けっこうわかりやすかったんで、タケダ薬品のサイトのリンク貼っときますね↓

takeda-kenko.jp

 

要は、厚労省の定めたリストにある項目の医薬品をドラッグストアなどで買った金額が一定以上になると、確定申告の際に考慮されるということです。

 

 

 

そのリストに漢方がほぼ入ってないのが非常に残念なところですが(T_T)

 

 

 

入れてくれ~(念力送る)

 

 

 

・・・

 

 

 

それだけ、力を入れ始めたということです。

 

僕が思うのは、

 

 

漢方で、セルフメディケーションやれるぞ・・・

 

 

ということ。

 

 

僕は、やってます^^

 

 

軽いカゼ、花粉症の鼻水や鼻づまり、こむらがえりに打撲・・・

 

 

漢方にも総合感冒薬のようなものは、ちゃんとあります(葛根湯ではありません)

 

 

てか、葛根湯は風邪薬ではありません!

 

 

そんな意味でも、

 

まだまだ漢方って認知度低いけど、ポテンシャル半端なく高いです

 

 

僕は、個人的な意見ですが

 

・セルフメディケーションレベルの漢方

 

 

・難病(自己免疫疾患など)、肝硬変や癌の末期などの漢方治療

 

 

 

は同じ漢方でも、全く違う分野だと考えています。

 

 

難病系は、

 

 

漢方薬を使用した、難病などの治療

 

 

だと思います。

 

難病などを市販品で自力で治すのは非常に困難というか、ほぼ不可能ですし

 

そこを専門に治療されているところは、他の漢方薬局や医院と明らかに一線を画しています

 

ただ、

 

セルフメディケーションレベルであれば、生薬のこと、例えば妊婦さんはじめ、慎重を要する生薬などを予め知っておくなど

 

 

必要事項を押さえていれば

 

 

漢方でセルフメディケーションできると考えています。

 

 

このセルフメディケーションの注意点はなんといっても

 

 

「カゼかと思ったら重大な病気の兆候だった」

 

 

ってのが一番怖いですね。

 

テレビの番組みたいで。

 

僕の経験上、カゼと重大な病気の見分け方というか、違いは

 

 

「いつもと何かが違うという違和感」

 

 

日本人は、すぐに我慢してしまうので

 

 

むしろ、僕はそっちのほうが心配です。

 

 

我慢は美徳ではないです。

 

 

これは、いつもと違うぞという違和感を感じた時点で、検査とか受けたほうがいいです。

 

薬に頼らない、予防も大切で 

 

 

僕は

 

最低8時間睡眠をし始めてから、カゼが激減しました。

 

もう、かれこれ2年はひいてない・・・。

 

学生時代、5時間半しか寝てなかったときは

 

毎日ボーッとしてて、2週間に1回カゼ引いてたので・・・

 

あと、運動して血の巡り良くすること

 

暴飲暴食しないこと

 

たばこ、大量の飲酒をやらないこと

 

ストレスを避けて、我慢しないこと

 

 

正直これらだけでも十分、未病対策になります。

 

※未病・・・自覚できる症状無いけど、検査すると異常が見つかるような、病気に向かってる状況です。

 

 

逆に、どんな漢方飲んでも

 

睡眠5時間、運動しない、ジャンクがつがつ食う、安い酒を大量に飲む、たばこ吸う、ストレス多い

 

やと意味がありません。

 

 

最近はツイッターでも、

 

 

漢方系の人のツイートが人気だったりします。

 

 

そして、今年1月には

 

 

WHOが国際疾病分類に、伝統医療の項目を追加することになるというニュースを発見♪

www.sankeibiz.jp

 

時代の流れが、変わってきましたね^^

 

 

今後こうした、セルフメディケーションと漢方を絡めたワークショップなどを開催できればとも考えています。

 

 

 

★こうしたことに興味のある方

 

 

こういうの知りたいです!

 

 

といったことがあれば、今後開催していくワークショップや、商品づくりにも活かせますし

 

 

ぜひお聞かせ願えると幸いです

 

というより

 

 

僕の独りよがり以上に、こうして寄せていただけるお話が、ワークショップや商品を作っていくと感じています。

 

既に、何名かの方からご意見などを伺っていますが、本当にありがたい限りです^^

 

 

コメント欄やフェイスブックコメント、フェイスブックメッセージなどでいただければと思います^^

 

 

それにしても・・・

 

日記の一文に、

 

「将来、何かの役に立つかも」

 

と書いてあったのにはびっくり。

 

当時のオレよ、よく書き残してくれた(^^)/

 

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

おまけ。

 

 

バングラデシュのその時の写真集

 

当時は一眼なかったのと、治安も考えて、フジの安いコンデジで撮影しました。

 

 

若かりし頃のオレ様もしっかりいますね~

 

 

オレのグラサンでキメる少年(このグラサンは、3年後、小笠原諸島にてカヤックが流された時に一緒に流れて、探すも見つからず海の藻屑となりました・・・。)

f:id:dreamtraveler31:20180423014701j:plain

 

 

個人的に、お気に入りの1枚。

f:id:dreamtraveler31:20180423015619j:plain

 

 

バキラプリボ大ソ  ・・・言語明瞭意味不明w

f:id:dreamtraveler31:20180423014839j:plain

 

 

 

真ん中の肩をすくめた少年の、笑顔がマジで素晴らしい

f:id:dreamtraveler31:20180423015034j:plain

 

 

日本人は珍しいので、すぐに人が集まってきてこうなって・・・

f:id:dreamtraveler31:20180423015146j:plain


こうなります(笑)

f:id:dreamtraveler31:20180423015154j:plain

 

おじいちゃん、写真撮っていい?と聞いたら帽子被ってくれて、手まで振ってくれた^^

f:id:dreamtraveler31:20180423015043j:plain

 

!!?? 注:屋根の上です・・・ リアル風見鶏

f:id:dreamtraveler31:20180423015057j:plain

 

個人的に、マルコメ君がかわいい(笑) そして、オレ・・・若いし、なんかあどけないな〜

f:id:dreamtraveler31:20180423015132j:plain