ココロの漢方

写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、一風変わった薬剤師が日々の思いを綴ります。

秘境の人気カフェのマスターに教わって、アイスコーヒーにトライしてみた話と、その淹れ方

暑いっすね〜

 

いや〜

 

と言いつつ、

日曜は最高25℃くらいで大雨やったんですがw

 

雨漏りしまくり^^:;

 

梅雨明け前から晴れたら、35℃くらいあってめっちゃ暑いかと思えば

 

7月下旬で、晴れても最高28℃くらいの時もある・・・。



なんか、天気よくわからん・・・。



前回の記事では、自宅から15キロくらいのところにある秘境カフェ

 

「自家焙煎珈琲 神音」(通称:神音カフェ)



のマスターにドリップなどを教わった話を書いたんですが



今回は、、、



真夏のお供、

 

 

アイスコーヒー編です(-ω☆)キラリ



さて、

 

前回、マスターにこんな絵を教わりました^^
FullSizeRender

 

これを、解説していきたいと思います。

 

まず、コーヒーですが

 

神音カフェ販売分でいうと

 

御陵山ブレンドのような

 

深煎り

 

を使います♪
IMG_2952





1.濃い目にドリップ

 

後からわかりますが、アイスコーヒーは氷で二段階、薄くなります。

 

これを考えて、濃い目に出します。



2.氷で急冷

この写真の上の絵ですが、
FullSizeRender



これは、


ネットとかで調べたらよくある、


一般的なアイスコーヒーの淹れ方
です。


氷を敷き詰めた、サーバーで急冷して終了。



しかし、最大の欠点が



氷で薄くなってしまうこと。



入れた氷が全て溶けるので、薄くなってしまいます。



毎回、氷の量を正確に調整できれば問題ありません。



今回、紹介するのは、そうしたリスクを最低限にする方法です。


 
ロート、なければ、

 

必殺技

 

フィルター外したてのドリッパーw
IMG_2997


夜の撮影なので、暗いですが・・・。

 

 

で代用して

 

氷をこんな感じで敷き詰めます。

 

保管できる容器を用意して


今回は、何かのおまけでもらった


全然保温力のないタンブラー(笑)


を使用。 


先ほどの濃いめのコーヒーを急冷します。

 

あれだけ敷き詰めて、これだけしか氷残りません。

IMG_2998

この急冷作業により、ポリフェノールなどが酸化されていくのを抑えます。

 

 

3.冷蔵庫で、一晩寝かせる。

 

これが、案外大切だそうです。

 

味が変わるようですよ^^

 

氷で急冷して、閉じ込めてた風味が、口の中の温度で一気に解放されるとおっしゃっていました。

 

自分で感じた違いですが、


不思議と、深煎りをホットで飲んだ時の強烈さはなく

 

後味に甘みも感じられて、スッキリと、普段は必ずミルク入れる自分でもブラックでいける感じ。





二段階の氷と言った二段階目は、飲むときです。

 

お店で出す場合、おしゃべりしながらを想定すると、その間に氷が溶けて薄くなります。

 

これも計算して、お店で出す分は濃い目に作られているとのことでした。



薄くなる分も考えると深煎りを使う理由がわかりますね。



アイスコーヒーって、実はものすごく手間をかけてつくられている



ホットと違ってすぐに、出せないんですよね〜^^



なるほど、色んなカフェでアイスコーヒーが高い理由はこれですね^^



自分でやってみて、初めてそれが分かるいい経験になりました。




<アイスコーヒー編 まとめ>

 

★お好みの、深煎りの豆を使うこと。
 
1.濃い目にドリップコーヒーをつくる
 
2.1を氷で急冷する
 
3.冷蔵庫で、一晩寝かせる



★お店に行かれた際は、店内にも書かれていますが、奥様が難聴のようなので、お気遣いをお願い致します(^^)/


自家焙煎珈琲店 神音

石川県羽咋市菅池町カ54

FBページ

0767-26-1128

定休:火曜、日曜

営業時間:11:30〜17:30(焙煎の関係で早く閉店することもあるみたいです。要事前確認) 
 





ひとこと。

 

急冷時の余った氷は、カルピスにして

 

おいしくいただきました✨
IMG_2999