漢方好き!異色の経歴の若き薬剤師、広瀬謙典のぶろぐ

漢方薬局におった、北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、異色の経歴をもつ薬剤師「広瀬謙典(けんすけ)」のブログです。 自身の経験にもとづく考えやアイデンティティを発信していく場として、また交流の場として活用していきます^^

思わぬ展開となった、チベット医小川康先生の葛根湯ワークショップを主催して、思ったこと

5/20の土曜日に、

葛根湯や大建中湯を使ったワークショップ

を氷見の隣の高岡市出身日本人初のチベット医であり薬剤師でもある、


小川康先生(写真の一番右のバンダナの人。)


をお呼びして、氷見市のぼくが住んでいる早借地区で行いました。
IMG_2666

前回は、まだブログを始める前だったので書いてませんが、住んでいたシェアハウスで(今とは別のところ)、


同じく小川先生をお呼びして紫雲膏づくりワークショップを行った、続編的な感じです。



今回は、直近になってしまったものの、壮年会の会長さんにお声がけしていただいたこともあり、地元の方も来られました。

 

田植えなどでお忙しい中なので、ものすごく嬉しかったです^^


いつものように、小川先生の軽妙なトークから始まり


葛根湯(麻黄ぬき。代用品:緑茶。)
IMG_2663







大建中湯(膠飴は撮影用。。)
IMG_2669

 

実際に作ってみたり


なんたって


大建中湯に入っているものは全て


食品ですから^^ 

 

 

ぼくも、資料づくりをしましたので、



葛根湯の発汗一発療法&注意点


 

参蘇飲や小青竜湯、荊芥連翹湯、補中益気湯などについて

 

漢方薬局にいたときや、副鼻腔炎やカゼひきまくっていた時などのことも活かし

 

経験に則して解説させていただくコーナーもありました。
IMG_2672

何が面白かったかって



最初、!!??みたいな



なんというか

 

 

ぼくなら、絶対に心折れそうな雰囲気だったのが



1時間ほどで、180°ひっくり返ったことですね^^



斜に構えた雰囲気を変えるという・・・




小川先生すげー。。。



これをやれちゃった人



間近に見たのは

 

小川先生

 

 

本田晃一さん

 

だけですね^^



いや、これは間近で見ると、ほんまに凄いですよ、マジで・・・。



ワークショップの途中、地元の方の中に



マムシ取りの名人



がいらっしゃることが判明し



マムシの取り方

 

加工法!?

 

効能

 

などをお話いただき



これが新鮮で、すごく面白くて一同、何度も爆笑



加工法に至っては



皮をむき、軽トラのワイパーに干す



というワイルドぶり^^



焼酎漬けは短期間だが、夜目がきくようになるということ
 

 

皮も、貼れば膿出しに使えるよ、とのことで


目からウロコの情報が盛りだくさんでした。


ぼくは、なんと、、、

 

 

マムシの

 

×2
IMG_2665

ありがたく頂戴しました(-ω☆)キラリ



ちなみに、

 

 

軽トラのワイパーに干してると



トンビにかっさらわれる



こともあるそうです(笑)

以下は、翌日聞いたお話ですが

必ず足で蹴るなどしてから、板切れなどをひっくり返すなどの注意点や
 
ヘビは、獲物の熱=赤外線を見ているので
 
手袋をしていると、体温による赤外線が見えにくくなるようで、手が認識されにくくなるようです。で、噛まれにくいそうです。


うっかりして、手袋ないときに限ってマムシが出たりするとか(笑)

 

 

稲刈りの頃にマムシがよく、出没するようなので、来いと言われました(笑)



他にも、長野県の佐久の鯉の話など



当初想像もつかなかった話が飛び出し、あっという間に3時間が過ぎていきました。



葛根湯と大建中湯を使ったワークショップ



であることを、途中何度か忘れてました(笑)





その後、ぼくが勝手に師匠なんて呼んでるので、


先生とお話させていただいて


ぼくも、最近エアポケットにはまったような、


自分の本当に進むべき道が何やらわからなくなっていることもあり


そのことも踏まえて、お話させていただいたんですが



最近、エアポケット・・というより、、、




ずっとそうだろ(笑)




と、さすがお見通し(笑)



小川先生ですら、薬房を始めた頃は



なかなか、地元の人に理解されなかったことや



企画は在庫にならんということ



ぼくは(先生)はとにかく、動く。失敗してもいいやん



何回も聞いているけど忘れてる、心に響くことを聞かせていただきました。



今回もでしたがやっぱり、



人と関わって、運気が動く



と感じます。



やる前まではわからなかったこと
 
出会うことはなかった人

 

を考えると

 

 

やっぱり、動くと色んな気が動くな〜、と。



マムシの話は、始まる前は誰一人想像さえつかなかったわけで。 



そりゃ〜、批判なども同時にやってきますが。



これが嫌で動けないこともあるのが、もったいない気がして。



やはり、動いて得られるものが多いことに間違いはないです。


が、失敗せずに確実性を追い求めてしまう自分がいたりして・・・。 



そういえば、先生の印象的なお話が


九州で講演した時、持ち出しというか赤字だった上に

 

参加者5名

 

だったけど


少なかったからこそ、濃密な時間になり



そのうちの1人が感動して、

 

講演する機会をつくってくれた



という話。

 

もちろん、収入に結びつく話で、



わらしべ長者



のような、いい話です。

 

 

小川康(すんません、敬称略)だから、薬草などをツールとした人との交流やトーク!



この前、長野市で鉄道模型をやっている協力隊の人に会ったんですが



その人だから、鉄道模型!



という感じで、一朝一夕に真似できるものではありませんでした。



ってゆうことで、



オレやから!



ってのを、つい探しに走っていて、ぐるぐるのスパイラルにはまっていた自分にとって



すごく、いい勉強になりました^^



答えが出たかは、びみょーやけど(笑) 

 



次の日は、地区で運動会があり



そのときも、前の日に参加してくださった方々にお声がけいただき



嬉しかったです!!

 




やっぱり、1人で何もかもやろうとするのはよくないと言われたのと、自分でもつくづく実感・・・。



今後、どう動いていくか決めています♪



ありがとうございます☆彡




ひとこと。

 

気づけば、2週間書いてないやん!!

 

そして、そして

 

ワークショップ前後で、小川先生の著書の案内すっかり忘れてた・・・。

 

ごめんちゃい(T_T)