漢方好き!異色の経歴の若き薬剤師のぶろぐ

漢方薬局におった、北海道から小笠原諸島まで全国放浪歴あり、異色の経歴をもつ薬剤師のブログです。 自身の経験にもとづく考えやアイデンティティの発信の場として、交流の場として活用していきます^^ 今年度中の独立起業のため奮闘中♪

暖かくなってきたのでクラシックギター練習録〜モーツァルトの魔笛の主題による変奏曲〜

雪山ばかりで、久しく練習をサボっていたクラシックギターを再開^^

FullSizeRender


よく、10個以上ある趣味をどうやってやるんですか?





と聞かれますが、




そのとき、一番エネルギーの乗ることをやる





です(-ω☆)キラリ





思えば



アルハンブラの思い出



弾けるようになりたくて



大学生のときに、遅咲きながら始めた







ピンバイスと真鍮クギによる


20フレット強制後付け



特製改造済みギターです(笑)



スキーと同じく




単純にみえる曲の中の奥深さ




があり、クラシックギター入門曲といえば








は有名ですが、




低音の強さや

低音をメロディにかぶせるか、ずらすか


などを考えたら




くっそ難しい・・・。



いまだに、一回たりとて同じものはもちろん、



納得いくように弾けない(T_T)



アルハンブラも同じく・・・。




単純に簡単に見える中に、奥の深さと難しさがある





スキーのプルークボーゲン


ペペロンチーノ
 
だし巻き卵







ですね^^




さて、この楽譜の曲は、




モーツァルト魔笛の主題による変奏曲




です。


モーツァルトではなく、ソルという人の作曲です。




アルハンブラに並んで、弾けるようになりたいと




飽き性のぼくが、




いまだに続けられる




理由のひとつの曲




ひとつの曲の中に




会話




のようなもの)があり、



聴いていて、楽しい曲です。



たった6本の弦 



から色んな曲が弾けるのは、



ギターの大きな魅力と不思議さ
ですね^^ 




写真の楽譜には、

IMG_2458


ぼくの解釈



を赤鉛筆で書き込んでいます。



てか早く、タブ譜卒業したい・・・。



ぼくの演奏をお見せできる状態ではないので、




プロの演奏をひとつ。




リンク貼っときます。↓




ジョン・ウィリアムスでもセゴビアでもなく


この人の演奏が、一箇所鳴っていないところを差し引いても、なんとなくいいなと。


咳が多くて聞きづらいのが難点ですね^^;


コンサートでは、咳と傘を倒す音は、何が何でも抑えないといけないんですが・・・。 



話を戻して。




これをできるようになりたい!



というのは、



スキーも、ギターも


みんな同じなんですね^^



あと、今日はエイプリルフールですが



内容、ウソではありません(笑)