ココロの漢方

写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、一風変わった薬剤師が日々の思いを綴ります。

音楽のタクローは良いけど、受験のタクローはダメ!?〜薬剤師国家試験どん底逆転合格ものがたり③〜

さて、さりげなく好評(本当の話です)の国家試験どん底逆転合格シリーズ3回目 

 

 

今回は、

 

 

音楽のタクローは良いけど、受験のタクローはダメ

 

 

の話をしたいと思います。

 

 

受験のタクローとは、宅浪

 

 

すなわち、自宅浪人のことを指します。

 

 

これが、なぜダメなのか

 

 

 

それは、、、、

 

 

 

「環境」

 

 

 

です。

 

 

大学受験も、国家試験も家に試験を受ける本気の人がいません。

 

 

みんなテレビ見てたり、正月なんか皆楽しそうですね(笑)

 

 

受験生にとっての正月は、天王山になります。

 

 

しかし、おうちの、あの何というか

 

 

こたつに入ってぬくぬくしながら、みかん食べてテレビ見て、のほほんとしてる

 

 

そんな環境で勉強できるかと言われたら

 

 

200%無理です(笑)

 

 

僕は、大学も浪人を2回していますが(ヲイヲイ・・・)

 

 

予備校浪人と自宅浪人

 

 

モチベーションに天と地ほどの差があります

 

 

お金かかるんなら宅浪にするわ、となりそう

 

 

ですし、僕もそうしました

 

 

今回の逆転合格の背景として、国家試験予備校に通っていました。

 

 

よく、大学6年行って、さらに予備校かよ〜とバカにする人がいますが

 

 

行かないとダメです。

 

 

予備校通えというのは、社会人になって何かしらの国家試験に挑戦しようとしてる人に必ず僕がするアドバイスです

 

 

さすがに、通えという言い方はしてませんが(笑)

 

 

これは、大学受験で宅浪したことに起因します

 

 

してなければ、国家試験でさえ宅浪していたことでしょう^^;

 

 

 

予備校は、授業を買うというより

 

 

 

「雰囲気を買いに行く」

 

 

 

と思っています。

 

 

 

他の人が真剣に勉強している、あの雰囲気

 

 

仲が良くなる友達ができて、彼らが真剣にしてるから自分もやろうと言う気になれますし、話題もそればかりです。

 

 

時期が近づき、仲の良い一緒にふざけてた友達が真剣になってくると

 

 

あれ、うわ〜お前もか〜、マジか、俺もやろ・・・と心の中で決心しますので(笑)

 

 

それに、カリキュラムやテキストは本当に効率よくまとめられています

 

 

僕が大学受験で宅浪したとき、大学に受かったのが奇跡やと思ったくらいです

 

 

それくらい、2回以上の落ちと宅浪はモチベーションを急落させます

 

 

「環境」を変える

 

 

僕も、免許証の裏面がいっぱいになるくらい引っ越してますが

 

 

所変われば、何もかも変わります(笑)

 

 

 

何かしら挑戦したいことがあれば、その環境に身を置く

 

 

 

超絶、おすすめっす(^^)/

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

 

P.S.

 

受験のコツみたいになってきてますが

 

個人的な経験上、受験なんてしなくていいです(笑)

 

Googleが出てきて、人間生き字引きになる必要がなくなった今

 

単純な暗記力や論理的思考はAIに敵いません

 

あと、めちゃんこ効率悪いです(T_T)

 

必要なところだけ、勉強したら良いし、モチベーション自分で上げれて加速度的にはかどります。

 

指数対数、三角関数、微分積分を普段の生活に使うかと言われたら、使いません。

 

いや、論理的思考は使う!という人もいますが

 

古文の未然・連用・終止・連体・仮定・命令なんて使わんでしょ(笑)

 

已然形とかもw

 

そもそも、あんだけ必死こいてやって忘れてるし(T_T)

 

本当に賢い人は早い段階でこれに気づいて、無意識・意識的問わずにドロップアウトしてますね

 

元ヤンキー、中卒、高卒で活躍されてる方が多いのはそのためやと思っています。

 

浪人した時点で、本当にやりたいことでなければ道変えていいと思います。

 

ただ、本気で取り組んだ経験と過程は宝物だとは思います。

 

しかし、それに拘泥しないことも大切であると思います。

 

この記事を書いてるのは

 

本質的な事が、すごく大切だからと思っています。

 

僕の国試逆転合格は、最初は僕自身ですら絶対に無理やと思っていました。

 

次回は、この点を書いてみたいと思います。

 

 

 第一回「ただ1つのコツ」

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 第二回「本番まで時間がないからこそ、○○を意識」

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

 

 

 

 

 

気嵐@富山湾「早天の光」

久々に冷え込んだ朝

 

出ました、気嵐\(^o^)/

 

f:id:dreamtraveler31:20181202093628j:plain

 

海越しの立山連峰から昇る朝陽と

 

白く沸き立つように、龍のように連なる気嵐

 

何気なく印象的だったのは、

 

横一直線に、規則的に連なる波でした。

 

これが、まるで気嵐が手前に迫ってくるような感覚を覚えさせる

 

立山連峰から太陽が昇る瞬間は

 

見た人にしかわからない、ものすごく神々しいものがあります。

 

神々しさと、力強さと。

 

今回は、本当に久々にカメラを手に取り、撮影に。

 

手ぶれ補正がぶっ壊れてるので、脇を締めて気合でブレ止め(笑)

 

海からの湿気もあり、刺すような痛みのような寒さ

 

真夏は37℃以上あったのに

 

気づけば、紅葉も真っ赤になり散りゆく

 

明日からずっと雨が嘘のよう

 

その雨は、ぶり起こしと呼ばれる、下から上へ放電する特殊な冬季雷とともに

 

みぞれに変わり、雪に変わっていく

 

厳冬期の鉛色の空が続く厳しい冬の前に

 

貴重な太陽を拝みます。

 

次に太陽が現れるのは、いつのことやら。

 

たまには、こういうのもいいな〜✨

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

夜明け前が、1番○○といえば、「暗い」だけれども、、、

途中で諦めてはいけないという戒めでよく使われる例えで

 

夜明け前が、1番○○といえば、

 

夜明け前が一番暗い!

 

ですが!!!

 

 

僕は、実感できません(笑)

 

 

実感できないのは、僕だけではないはず・・・。

 

 

しかし、

 

 

雪の降る寒い地域に住んで感じるのは

 

夜明け前が一番、、、

 

 

 

 

寒いっす(笑)

 

 

 

 

これは、実際本当のことでして

 

 

tenki.jp (日本気象協会)

 

 

のスマホのアプリで、僕は天気予報を見てますが

 

 

右下に現在・現在地の気温が出ます

 

 

その気温をタップすると

 

 

その日の最高、最低気温を何時何分に記録更新したか表示されるんですが

 

 

最高気温は、真夏でいうと2時とかで、意外と正午ではないとわかります。

 

 

最低気温は、年間通して、フェーン現象さえ起きなければ

 

 

夜明け前

 

 

が一番低いことが本当に多いです。

 

 

今の季節でいうと、朝の4時、5時がそうです。

 

 

どっちでも、ええやろ(笑)

 

 

と言われそうですが

 

 

朝の太陽出る前から、スタンバイして写真撮る身としては、

 

 

冬の夜明け前の寒さは、あれはもはや「痛み」です(^_^;)

 

 

やはり僕的に、1番しっくりくるのは

 

 

夜明け前が、1番寒い

 

 

ですね(^^)

  

 

ああもう、どっちでもええわ!という声が聞こえそうですが

 

 

冬になって体感出来る方が、戒めがしっくりくると思ったのと

 

 

昨日の、世界的写真家の方の話といい

 

 

「途中で諦めない」

 

 

系の記事を意識して今回も、同じニュアンスで(^^)

 

 

☆今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございます😊