ココロの漢方

オカリナを愛し、写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、一風変わった薬剤師があまり知られていない漢方の知識や、漢方を使っての日々の健康管理、多趣味のことなどを幅広く、不定期に気ままにつづります(^^)/

毒蛇の皮は生薬「反鼻(はんぴ)」。薬剤師、マムシの皮をもらう。超絶たくましい田舎のオッチャンたち外伝

※文章中に若干のグロがあります。写真はないですが、蛇の苦手な人、グロ耐性のない人、食事中の人は読むのを控えてください(^^)/

 

先日、以前住んでいた集落の人から電話があった

 

聞くと、マムシを捕まえらしい

 

早生の米の稲刈りの時期。

 

マムシがいそいそと出るこの季節

 

既に、2匹分昨年もらっていたので、要らないですと答えたが

 

掃除機をかけながら、思い直して

 

やっぱり欲しいです!

 

と連絡して、クルマに飛び乗り20分以上かけて集落へ

 

久々に見る、元気なオッチャンたち

 

着くと、マムシ捕り名人が捌きの真っ最中だった

 

まず、頭を落とし絶命させてから、首のところに指をつっこみ

 

ペリペリ・・・と剥いていくと

 

真っ白な骨付きの身と

 

内臓他のセット

 

 

の3種類に分かれる

 

このうち、皮はそのへんの笹の茎に刺して、竹巻のちくわみたいにして

 

うなぎの白焼きのような身は、頑丈な植物の茎に結びつけて吊るせるように

 

内臓は、、、自然に帰す

 

名人の手慣れた手付きを見るのは1年ぶり。

 

昨年、マムシに噛まれたらしいが、それでもなお、マムシを捕まえられる胆力がある

 

マムシの身は、昨年、自身も食べたが

 

炭火で炙って数分、骨と薄い皮しか残らない

 

身を食っているというより

 

骨をしゃぶっている感覚

 

焼いているときの匂いは、甘く香ばしい高級川魚のような風味がしたが

 

髄の味は、無味。

 

味噌をつけていただく。

 

食べる量は限られていて

 

一日、指2本くらいの長さ程度

 

食べ過ぎると、男はズボン履けなくなるぞ〜はははは(笑)とオッチャンたち

 

相変わらず、変わらないたくましいノリや(笑)

 

昨年食べたが、24時間起きていてもなんてことがないくらい強壮力があるマムシ

 

肌のツヤツヤな元気な70代の名人を見ていると、凄いと思う。

 

皮は、反鼻(ハンピ)といって、立派な生薬

 

乾かして、膿んだところに貼れば本当に効くらしいので、ファイヤーポイで万一やけどしたらコイツを貼ろうと思う。

 

そして、反鼻とサワガニと鹿の角を黒焼きにした粉が

 

伯州散(はくしゅうさん)

 

という火傷の特効薬で、市販品は30gで1万数千円する高価な代物

 

効きは半端ないらしく、中から伯州散をのんで、外から紫雲膏塗るのが火傷によく効く漢方治療とのこと。

 

それにしても、マムシの皮とサワガニと鹿の角という確率何万分の1かっていう組み合わせを、しかも黒焼きにすると火傷に効くと思いついた古人の天才ぶりにはいつも、頭が下がる

 

さて、この反鼻。

 

読み方をいまさら

 

はんピ。

 

PI

 

ハンビではない

 

 

米軍の軍用車や、それは、、、(ハンビーかっ)

 

 

・・・。

 

 

この反鼻、

 

なぜ、この漢字なのか

 

家に持って帰ってよくわかった

 

臭い。

 

 

もう、生臭いの上をいく臭い

 

強烈

 

太陽に当てて乾かして、布団のおにーさん臭のにおいさえ綺麗に取れるプラズマクラスター7000搭載の除湿機を、衣類消臭モードMAXで1日当て続けるも、

 

ほとんど効かない(T_T)

 

仕方がないので、太陽に再度当てて乾かし

 

ジップロックに封印。

 

このレベルなので

 

思わず、鼻を反らしたくなる臭い

 

だから、反鼻なんやろうと実感した

 

間違いない・・・はず

 

昨年、マムシについて色々教わった

 

集落で開催したイベントの最中に、参加してくださっていた名人から飛び出て、想像以上に県外の都会のお客さんにウケたマムシの名人の話

 

そこからの縁で始まった、マムシのストーリー。

 

石や瓦の側で休んでいたりするから、必ずこれらを触る前にまず蹴飛ばせ

 

手袋をしていれば、目で赤外線である熱を感じられないから、噛まれにくい

 

など、田んぼと里山しかない場所にある家に住むのに使える生活の知恵を教わった

 

実際、住んでた家にはマムシの3倍強い毒を持つヤマカガシも庭にいたのでサバイバルの知恵は必要だ

 

ちなみに、ヤマカガシはこちらから目をそらさず、バックしながら逃げる

 

他にも

 

マムシは卵胎生なので、卵を産まないが、捕まえた中に、たまにミミズみたいに小蛇がたくさん入ってることがあるとか

 

赤まむしがいいとか(研ナオコさんの、バカ殿のネタを思い出す)

 

牙には毒がなくて、噛んだらストローみたいに、奥から牙を通して毒を送り込むとか

 

皮を貼れば、膿んだ傷によく効くとか

 

あとは、強壮の話とか。

 

焼いたら、マムシは肉ではなく、骨を食べるもんだとか。

 

軽トラのワイパーに、身をかけて干してたらトンビがかっさらって行ったとか。

 

 

これは集落の文化であり、日本の捕鯨のようなもので、皮も大切に使う。

 

 

マムシの捕まえ方や捌き方まで知ってるのは、知る限りこの70代の名人たちの2人のみ

 

 

牙が残っていたので、念の為、首ごと落としてもらい

 

てか、さばいてる途中にさかんに、手首に絡みつかれていた

 

聞くと、首は既にないらしい・・・。

 

あれ・・・。

 

身と皮をもらい帰宅。

 

反鼻臭の半端ない、車内。

 

住んでいた家の近くをウロウロしてみた。

 

周囲は、びっくるするくらい里山と田んぼしかない。

 

でも、確かに一年過ごした場所。

 

何か、ここで何か大事なことを経験しておく必要があったのかもしれない

 

何かあっても確実に生き残るのは、こういうオッチャンたちなんだろうと思う

 

 

つい最近まで、水鏡が出来ていたような気がする田んぼは、黄金色に頭を垂れてコンバインが稲刈りに走り

 

家の庭ではコオロギと鈴虫が盛んに鳴く

 

あれほど共鳴していたヒグラシはいなくなり

 

蝉は、ミンミンゼミが最後の奮闘をしていて

 

ツクツクボウシがまだ頑張っている

 

木々の葉っぱは緑に茶色が混じり、5月6月の鮮やかさはなくなっている

 

今日で最後の最高気温30℃代

 

この日だけはよく味わう

 

 

急速に、鉛色の別世界の冬に向かう、雪国の秋

 

 

 

来年はどこで、何をしているのだろう。

 

 

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口内炎。アフタッチなど貼り付け系を選ぶポイントを考えてみました♪

 口内炎について。

 

漢方好きですが、西洋医学とのいいところ取りを推してますので、今回は趣向を変えて。

 

ステロイドの働きから、口内炎貼り付け系薬の選び方のポイントまで書いてみました♪

  

 

もぐもぐ・・・

 

 

ボリっ(頬の肉を噛む音)

 

 

不吉な音。

 

 

口内に広がる、ブラッディな味

 

Sunday bloody sunday...

 

Ah...

 

I can't believe the mouth today... 

 

 

案の定、ひどい口内炎に。

 

 

口内炎の原因ランキング、おそらくぶっちぎり第一位、、、

 

 

 

 

飯食ってる最中の誤爆(笑)

 

 

 

 

前回の記事でも書きましたが、こういう噛み砕き系は

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

 

アフタッチなど貼り付け系が有効です。

f:id:dreamtraveler31:20180903074543j:plain

 

 

漢方好きとはいえ、口内炎は、傷口に口の中の菌が入ろうとして、漫画「はたらく細胞」みたいに免疫細胞とバトルになっている、いわば

 

 

菌が口の傷から体内に入ろうとしている感染症のような状態なので

 

 

手っ取り早く抗生剤で菌をぶっこ○せば、治りも早そうですが

 

 

口の中は、様々な菌がいますし、そんなことで抗生剤を使うわけにもいきません。

 

 

それに抗菌は基本的に、漢方の不得意分野になります。

 

 

せいぜい、黄連配合の漢方で痛みを取って炎症を抑えるくらいしか、効きません。

 

 

口内炎が腫れ上がって痛いのは、バトルが激しい証拠です

 

 

いいことですが、長い間、痛くて飯食うのが辛いのはキツイ。

 

 

そして、、、

 

 

そもそも、アフタッチなどは一体何者なのか?

 

 

それは、一言で言えば

 

 

ステロイド剤

 

 

です。

 

 

ナチュラル派の敵。

 

 

その名は

 

 

トリアムシノロンアセトニド

 

 

という絶対一回は、読むとかむ名前。

 

 

要は、人工のステロイドです

 

 

ステロイドホルモンは体内にもともとあるものですが

 

 

ステロイドの働きとして

 

 

炎症を抑える

 

免疫抑制

 

などがありますが、これらは

 

「糖質」コルチコイド作用です

 

しかし、天然品はおまけとして

 

ナトリウムの回収の促進=効果が強いと、むくみが出ることがある

 

というものがあります。

 

高校の生物でやる、

 

「鉱質(ミネラル)」コルチコイド作用

 

というもので、体内にあるもの、つまり天然品は両方持っていますが

 

 

一般的に、ステロイド剤に求められているものは

 

 

 

炎症を抑える

 

 

 

効果。

 

 

むくみはできる限り抑えたい。ゆえに、人工品はその構造をいじることにより

 

 

炎症を抑える、糖質コルチコイド作用だけを高めるように工夫されています

 

 

正確には、合わせて4つある六角形と五角形の構造のうちの、六角形の1つにフッ素をぶっこむことにより、

 

この炎症を抑える=糖質コルチコイド作用を高める工夫がされているのですが

 

 

・・・。

 

 

 

(・・?

 

 

めんどくさい難しい話はさておき

 

 

要は、アフタッチ系のものが痛みをとっているのは、

 

 

ステロイドで口内炎の免疫VS菌の、壮絶なバトル現場の激しい状態を緩和する

 

 

ことによるものです。

 

 

面白いのは、飲むのではなく、貼り付けて局所的に効かせていくところです

 

 

これなら、ステロイドの全身副作用も出にくい。

 

 

そして、貼り付けて効かせるために、アフタッチなどには、様々な工夫が凝らされています。

 

 

いろんなメーカーから出ていますが、一番ポピュラーな

 

 

 

アフタッチを解説

 

 

 

やっと本題に入れた・・・

 

 

でも、なんで効くのか多少なりとも知っておく必要はあると僕は思います。

 

 

アフタッチがステロイドとは知らなかったってことも防げますし。

 

 

まず、貼り方の注意点

 

1.患部を、痛いけどティッシュなどで拭いて、水分取る

 

これ、意外と忘れるので怠らずに。忘れると、剥がれて1錠台無しに。

 

 

2.オレンジ色は指、白を患部に

 

アフタの口内炎は、白です。なので、同じような色どうしくっつけるイメージ

 

 

 

アフタッチがどんな感じで変化するかですが

 

 

これは、まず貼り付けが成功すると数分はその形を保ちますが

 

 

そのうち、ドロドロになってゼリー状になり、患部を守るような形になります。

 

 

これも、主成分以上に効果があると個人的には思います。

 

 

酸味が特にキツイので、この保護膜はありがたい。

 

 

そして、主成分のステロイドによって、保護されてる間の長い時間、炎症を抑えていく感じです。

 

 

途中でご飯を食べたりしなければ、5時間くらいは持つかなと。

 

 

なので、貼るタイミングは

 

 

ご飯食べて、歯磨きして、マウスウォッシュでリンスした後です。

 

 

口内炎の治りを早めるコツとして、口内を清潔に保つということが大切です。

 

 

歯ブラシがかすると死ぬほど痛いですが、以後を考えて清潔に保ちたいところです。

 

 

 アフタッチのしんどいというか、これはネックと思う点は

 

 

ゼリー状の保護膜が、やたら歯とかにへばりつく

 

 

ことです。

 

 

なんか、口の中が引きつってる感覚

 

 

結構、だるい(笑)

 

 

なので、気になる場合はいちいちほっぺたつまんで、引っ剥がす必要があります。

 

 

 正直、これですね、アフタッチ系の製品を選ぶ基準は、、、

 

 

 

 

ゼリー状のやつが、くっつかないもの

 

 

 

 

これは、新たに探してみた感じ

 

 

 

大正クイックケア

 

 

 

が候補になったので、早速購入。

f:id:dreamtraveler31:20180904043238j:plain

 

 

僕は、必ず自分で試す。

 

 

やっぱりこういうところ改善要望が多かったんでしょうね

 

 

0.1mmと見た目からして薄い、とにかく薄い。

 

 

アフタッチは元祖だと記憶してますが、くっつきまくるのが我慢できない人は

 

 

この大正クイックケアも選択肢に入れたいですね。

 

 

ただし、こちらはフィルムなので口の中に永遠に残ることになるので

 

 

フィルムだけになったら、剥がれるので取り出す必要があります。

 

 

フィルム状とはいえ、口内に違和感はありますが、粘着質がないぶんマシといったところですね。

 

 

日中は、クイックケア

 

寝る前に、アフタッチ

 

 

など使い分けてもおもしろそう。

 

 

保管には、注意が必要ですね、、、

 

 

最初に使った日=開封日を記入。

f:id:dreamtraveler31:20180904043409j:plain

 

 

ちなみにこちらは、セルフメディケーション税制の対象商品です。

 

 

レシートは取っておきましょう。

 

 

 

 

僕が勉強した漢方は、

 

 

西洋医学と漢方のいいとこ取り

 

 

を主張していて、僕も同感です。

 

 

てか、同感でなければ、勉強していない。。。

 

 

お互いの長所短所を見極めて、極論派にならないように注意したい。

 

 

口内炎関連記事↓

 

 

blog.omoshiro-yakuzaishi.fun

 

  

 

☆今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前編:ポイ初心者が、ポイ始めてからファイヤーポイに挑戦するまでに感じたこと

7月中旬から始めたジャグリングの一種、ポイ。

 

 
小笠原にいたときに、ファイヤーポイを回していた、自衛隊は元第1空挺団の人がやっていたのに憧れて、気づけば4年
 
すっかり忘れる(T_T)
 
7月上旬に知人と、ガキンチョみたいに1分持続手持ち花火を振り回した瞬間(危険絶対真似禁止)、脳みそのスイッチが入って、小笠原のファイヤーを思い出す
 
帰宅したその日の夜のうちにすぐにポイを注文するも、ぶつけたら痛いわLEDは壊れそうやわで、柔らかいフラッフィーを注文して届いた中旬から本格的に練習開始
 
 
 
ポイ初心者ですが、やり始めて感じたことをつらつらと
 
 
偉そうに、全てを悟った人みたいに(?)書いてみました✨
 
 
 
風景写真をやっていたときの経験で1つ確信があって
 
 
 

必ず、ちゃんとした道具を、初学の頃から使うこと

 
 
 
いい道具は、道具が助けてくれる
 
 

弘法筆を選ばずは、嘘。

 
 
こんなアホみたいな、意味のわからんことわざは忘れるべし。
 
 
選ばなくても、素人が見ればうまい字は書けても
 
弘法大師さま自身がその字に納得しないだろうし
 
安物の筆が弘法さまの能力を完全に引き出すことは無理だろうと思う
 
 
なにより、素人に褒められて、満足する程度では弘法さまも務まらない
 
 

なので、既成品のきちんとした物を購入するようにした

f:id:dreamtraveler31:20180901011155j:plain

左がPodPoi、右がフラッフィーポイ、あとは写ってないがテールがヒラヒラしたウルトラポイ、ファイヤーポイがある
 
このうち、PodPoiは有名なアメリカの会社、残りの3つはニュージーランドの老舗"Home of Poi"社の製品である
 
 
多少高くても、長期の投資と思えば必ずお釣りがくるのが良い道具。
 
 
自身がだいぶ凝り性なので、ハンドル(指にかける部分)なども色々試した
 
 

日本に売ってないものもあったので、ニュージーランドから取り寄せることにした

 
 
日本語表記もあるけど、さすがに注文後の在庫ないから代品送るか返金するかなどは英語でやりとり。
 
 
住所表記は逆にするだけ。
 
 
例)
 
Kensuke Hirose
 
12-34,○○-chou,
Toyama-shi,
Toyama-ken
 
123-4567
 
JAPAN
 
 
以上。
 
外国はめっちゃ合理的。
 
郵便番号とJAPANで、日本の町名までわかる
 
あとは配達に必要なのは、番地と名前だけ
 
それを一番上に書く。
 
県と市は当日の配達に不要。
 
 
すげー合理的。
 
 
富山でEMSなら、月曜発送、金曜着
 
普通郵便なら月曜発送、翌週水曜着と、いずれも2週間かからなかった。
 
普通郵便でも、水曜発送のときは、翌週火曜に来たことも。
 
EMSは追跡可能やけど高い、普通郵便は追跡不能やけど、安い
 
航空便だけに、重さ命なので、重ければ普通郵便でも高い
 
金具とかカバーとかハンドルとか小物なら、200円程度の航空便運賃で届く。
 
盗難保険も無料でついてくる(万一の際は英語でやりとりやけど)
 
 
ふと、思った。
 
 

英語できると、こういうときに役に立つ

 
 
こういう具体的な目的があると、英語の勉強は格段に捗るだろうし、これを利用して英語力を上げられる
 
 
リスニングもスピーキングも要らないので、ハードルは格段に低い。
 
 
遊びを通じて、英語力UPなんて夢のようではないか。
 
 
僕は、
 
 
英語は非常時予備電源
 
 
の感覚で使っている
 
 
基本、日本語で押し通すけど、あかんかったら英語でええわ
 
 
という軽〜い感じ。
 
 
1マイル走れば25セントが広告主から寄付されるチャリティマイルズ(Charity Miles)のアプリは英語やけど、日本語版ないから英語でもええわと、普通にスマホに入れて使う感じ。
 
 

英語は、このセルフイメージも大切やと思う。

 
 
話をポイに戻し、ハンドルやトライアングルのクイックリンクなど、NZから取り寄せた金具までこだわって道具を自分の使いやすいようにカスタマイズしていった
 
 
これで、道具で言い訳せずに済むし、長年なぜできないのかわからなかった理由が、実は安物の道具だったなんてことにもならない。
 
 
部品取りしようとした、幅20ミリのシングルハンドルが、思いの外使いやすく、以後これを全てのポイに使用
 
 

あとは、とにかく練習。

 
 
ニュージーランドの、ポイが手足のように身体の一部ではないかというような
 
Nick woolsey氏のDVD(理学療法士によるストレッチの解説などは初学者でも、大いに役に立つ)
 
ナランハというジャグリングショップで発売されている、ポイ・スピニング・ブックという、動きが詳細に書かれた本を買ったりしたが
 
 

この方のYouTubeが本当に参考になった

 


3ビートウィーブ 3 Beat Weave Poi Tutorial ポイレッスン

 

Yutaさんという日本人の方。

 

なんでも、世界的に活躍されている方らしい。

 

とにかく、こういうレベルの動画を、惜しむことなく無料で大量に公開してくださっているので、本当に凄い。

 

そうであっても、ポイ講習会を有料でされるといったら、迷わず行くと感じたことは大きかった。

 

大いに感動して

 

この影響で、出し惜しんでいた漢方の知識経験をブログで公開し始めたのはこのためである。

 

家にあるものを総動員した。

 

一家総動員法施行。

 

ポイのスイベルの駆動部は、エアガンメンテナンス用のシリコンメンテナンススプレーで滑りを良くする

 

冬のスキーのワックスがけのワックス用の台の下に置いて使う、小さな脚立を引っ張り出して、滑り止めを載せ

 

家の中にあった、大きな鏡をドライバーで外してそこにのっける

 

今もこうしてブログを書くのに使っているMacBook Airをもう一台の脚立に載せ、BluetoothのAnkerの2000円位のヘッドホンで音声を聞きながらYouTubeを流す。再生ボタンで一時停止と再生、音量調整が可能。

 

ヘッドホンは、わざと耳にフィットしない小さめのイヤーピースを使い、安全のために周囲の音が聞こえる状態にしている

 

摩擦の軽減に、空知100キロウォークの前に買ったマラソン用のワセリンを指に塗り

 

草刈などで使う、ゴーグルを保護メガネとして使用

 

スキー用の曇り止めも使用。

 

当たると危険なので、人の全くいない夜に練習。鏡にはLEDのPodPoiを写して、動きを確認

 

少し古い古民家を借りてるので、5つある部屋のうちの一室は天井が高く

 

奇跡的にフラワーで、片方の腕をMAX上げて回しても天井に当たらないと判明

 

デフォルトで備え付けの、豊潤と書かれた意味のわからない巨大な書の額縁や、電灯、ふすまを外して室内練習場に改造。

 

この家を、こんなこと知る由なくても選んだ自分に感謝

 

練習しては、YouTubeのYutaさんの動きを見て反省し、繰り返し練習

 

練習前はラジオ体操2セット、カズダンス、練習後はニック氏のDVDで解説されていたストレッチで休める

 

手首の関節や肩が怪しいときは、迷わず休みを連日とる

 

 

外で練習していたとき

 

 

定期巡回のパトロール中の警察のパトカーが止まって、満面の笑みで警察官のおにーさんが降りてきて

 

 

こんばんは! 光ってるん見えたんですけど、おにーさん、それ、なんですか??と来たので

 

 

練習中の技見せたりして、おーっとか言って喜んで帰っていったこともあった。

 

 

そのとき、夜にして30℃近くあり

 

 

上半身裸であったことはさておき。

 

 

さて、ここまでやって気づいたのが

 

 

思いの外、凝り性であり

 

 

思いの外、予防線を張る癖があること

 

 

それが、今回、ファイヤーに至るまでに大いに役に立ってくれている

 

 

自身、陰キャの引きこもり野郎であるので

 

 

予防線を張るような用心深さや、神経質レベルの凝り性はその証みたいなもんであって

 

 

才能ということにした。

 

 

2年も市内に住んで、他の人のように市内のことや人をほとんど知らないことにがっかりしていたが

 

 

そういえば、小学生のときはずっとそんな感じで、引きこもり野郎やったんで

 

 

まあ、別にええかと思えるようになった

 

 

 

 

遊びに真剣になれるって嬉しいなと思った

 

 

 

 

根底に流れるものは全て同じではないか。

 

 

大人になっても夢中になれるものがあるって

 

 

ものすごく大事やなと。

 

 

あと、おまけでポイは肩甲骨から上の肩を積極的に動かす数少ない運動であり

 

僕のようにパソコンをよく使う人にとって、ポイは最高だと思う。

 

最初の頃は、肩がゴキゴキで硬く、瘀血(おけつ;血の巡りが悪いこと)を下す漢方をのみながら練習していたこともあった

 

漢方やってる特権で、関節痛めそうになったら、瘀血下す漢方を選んでのんで治すという、漢方ドーピングできるのが大きい。

 

 

全シーズンでランニングとポイをやれば上半身と下半身をバランスよく鍛えられるし

 

 

冬場はスキーと、即席の室内練習場でポイもできる

 

 

年柄年中、健康的。

 

 

さて、後編はファイヤーの準備段階や消火道具一式や、元職業軍人のじいさま(生きて帰ってきた)が語っていたという白兵突撃の話とファイヤーポイをやって感じた関連性などを語っていきたいと思います。

 

 

ひとこと。

 

 

先日のファンヒーターの一件であの後いろいろあって、熱くなりすぎた・・・

 

少し反省。

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡