ココロの漢方

写真の為に北海道から小笠原まで住み込みながら放浪し、町工場の溶接工からホテルマンなどをやってきた、一風変わった薬剤師が日々の思いを綴ります。

北陸豪雪で活躍! 雪かきでの角スコ術を紹介します^^

先日の記事でもあげてましたが

 

ガチの大雪では、ダンプはあんまり役に立たないので

 

角スコが大活躍しますが

 

これは、昨年の北陸豪雪を機に

 

庭の雪にダイブするだけに飽き足らず

 

自衛隊式など、僕がいろいろ研究して

 

効率的な方法を考えました

 

 

歴史的な大雪で転んでも、タダでは起きません^^

 

 

まず、鉄則として

 

「スコップの取手を持ってる手の方へ移動する」

 

ことです。

 

右手に取手を持ってれば、右に、

 

左手に取手を持ってれば、左に動きます

 

☆基本、薄着を勧めます

 

ダウンとか着て、汗かいて脱いだら、急速に冷えて風邪ひきます

 

羽織る程度の薄着で行って、身体がほかほかしてきたら「汗かく前に」さらに脱いで、

 

ヒートテック1枚とかロンT1枚程度でも、十分やれます

 

僕は、以前は上半身裸でやってましたが

 

少し休むと、またたく間に氷点下の空気が身を刺して、心臓止まるかと思ったのでオススメしません、、、

 

①まず、上と左右の三方に切り込みを入れます

 

 _

| |  ←こういう形です

 

そして、腰を入れて、「膝をしっかり曲げて太ももを使うようにして」

 

前に出したヒザの上に、スコップの柄を持ってる手が来るようにすると、より腰と力が入ります。

 

全身から、スコップを雪に入れて切り取っていき、ダンプに載せます

 

圧雪されてると、四角いキュービックなやつが切り取れます

 

②取手を持ってる方向に、一歩移動します

 

今回は、右に一歩。

 

③ 次は、上と右か左の二方だけ切り込みを入れます

 

_ 

   |   ←右手に取手を持ってれば、こういう感じ

 

で、同じようにキュービック雪塊をダンプに載せます

 

④ ①〜③を繰り返します

 

⑤一定距離進んだら、今度は取手を反対の手に持ち替えて

 

反対方向に同じことをやります

 

ダンプの雪は、溝なり、どこぞ(道路以外)に捨てます

 

もう、これだけ。

 

 

スノーダンプの押し方は、

 

「脇を締めて」肘を縦の直角にして

 

小学校の時の、小さく前ならえみたいな格好で

 

太ももを使って、全身から押します

 

ときに、足で押す!

 

 

長靴に、スパイクでも履かせてたら最強です。

 

 

角スコ術は、雪に限らず、どこでも使えます。

 

 

この方法の良いところは

 

 

めちゃくちゃ効率が良い

 

腰をいわせにくい

 

取手を持ち変えるので、負担が一方だけにかかることがない

 

足腰が鍛えられる(マジで)

 

 

ですね。

 

 

冬場のいい運動になります

 

 

一度覚えておくと、マジで一生モノなので便利です♪

 

 

☆今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ママさんダンプで感動、、、

もう、気づけば雪の時期

 

夕方には、強い西風が吹いたかと思えば、あられが降りました。

 

ところで、スノーダンプという

 

 ↑こういうやつ

 

雪国では、必須のアイテムがあるんですが

 

実は、僕は雪国3年目にして

 

持っていませんでした(T_T)

 

最初に住んだ家には、最強無双のエンジン除雪機があったので

 

ウイーンと、快適に雪をふっとばしてましたし

 

昨年は、角スコ

 

 ↓これ。角型スコップ、通称「かくすこ」

金象印 ホームショベル角 P柄

金象印 ホームショベル角 P柄

 

 

こんないいものではなく、住んでいた古民家にもともとあった、

 

工事用の木の柄の、サビサビのやつです

 

平成30年北陸豪雪で、ご多分に漏れず家を潰されかけましたので

 

一応、スノーダンプも家に備え付けでついてましたが

 

1メートル以上の、壁のような雪原の上をダンプなんて使えません(笑)

 

こういうときは、スコップくんがものを言います。

 

ありったけの角スコを、壊れかけの納屋から3本引っ張り出してきて、

 

自衛隊式スコップ術を動画で調べて、マスターして使いまわしてましたが

 

使いすぎて

 

一本、柄が折れましたから(笑)

 

スノーダンプは借家の備品ですから

 

マイ、スノーダンプは実は、持ってません。

 

先日、大家さんに、もし余ってたらお借りしてもいいでしょうかと頼んで

 

翌日

 

昼に家を出ようとすると、家の前には、スノーダンプが\(^o^)/

 

翌日っすよ、翌日。

 

もう、早速お礼の電話しました。

 

何回も、記事にしてますが

 

この方には、本当にお世話になってばっかりで(^^ゞ

 

なんか、こういうことって

 

じわっと来ちゃいます。

 

決して当たり前のことでは、ないので。

 

ありがとうございます✨

 

感謝♪

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

P.S.次回は、歴史に残る北陸豪雪で活躍した、角スコ術でも書いてみようと思います。

「君なら、できるよ」〜国試逆転合格ものがたり④〜

「君なら、できるよ」

 

11月の下旬、試験まであと3ヶ月しかない状況で

 

大阪の福島の人気のラーメン屋「三く」で、ラーメン食べながら

 

もう、時間無いし、国試を諦めて捨てますと言ったそのとき、

 

たまたま、僕の風景写真がきっかけで出会ったその人は

 

 

「受かると思うよ」

 

 

と言った。

 

 

ああ、この人、ラーメン旨すぎて話聞いてなかったな

 

 

もう一度、いかに厳しいか合格難しいかを語った

 

 

 

そして、少し手を止めて、その人は静かに

 

 

 

 

「受かると思ってやれば、受かると思うよ。」

 

 

 

と言った。

 

 

男とは単純なもので、そう言われるとそんな気がしてくる

 

 

あれ? オレ、いけるかも!?

 

 

と勘違いして、結果、そのまま乗り切ってしまった

 

 

合格の結果を報告がてら、後日、一緒にご飯食べに行ったとき

 

 

この話をすると

 

 

「あ〜、そんなこと言ったっけ(笑)」

 

 

覚えてないんかい(笑)

 

 

「君なら、できるよ」

 

 

こういうことを言ってくれる人

 

 

めちゃめちゃ大事にしたいですね^^

 

 

そして、言ってくれる人がいなければ

 

 

 

自分自身に、他の誰かに、自分が言えばいいと思います。

 

 

 

週末から寒くなりますので、皆様くれぐれも体調不良にはお気をつけください

 

 

☆今回も、最後までお読みいただきありがとうございました☆彡